ワイモバイル バナー ヘッダー

ソフトバンクの大容量データSIMは4月から容量規制されるみたい

ソフトバンク回線を利用する再販型の大容量データ通信SIMで容量規制が行われるようです。今後は50GBクラスの中容量を検討することになりそう。大容量データ通信が必要な方はクラウドSIMルータ系のサービスを。

大容量のデータSIMで容量制限されるとブランドから案内

ソフトバンクの再販型SIMを利用してサービスを行っているブランドから「データ容量規制」の案内が一部ユーザに届いているみたい。読者様からもガルマックスへ同様の情報を頂いてます。

SNSなどで調べてみると、どうやら100GB以上の大容量SIMを利用しているユーザに案内が届いている様子。

▼こんな感じの案内が届いているみたいです。↓

これらユーザさんからの発信情報を見る限り、多くのWiFi系SIMブランドが対象となっているようです。

ガルマックスでもお付き合いのあるChat WiFiさんに確認したのですが、現行で取り扱っている4つのプランのうち「90GB SIMだけプラン」「90GB ルータプラン」は今後50GBに容量規制されるとの事。

ただ「25GB SIMだけプラン」「200GB ルータプラン」はサービス継続との事でした。25GBプランは中容量だから規制対象外、200GBプランはクラウドSIM(複数枚のSIMをシステムで切り替えて総合的に運用する)を使ったルータのサービスから規制対象外なものと思われます。

ソフトバンクから再販型SIM各社への通達がどのようなものであったか詳細はわかりませんが、とりあえずSIM単体のレンタルは50GBクラスまでと思っておいた方が良さそうです。記事執筆後、Chat WiFiさんの90GBプランは公式ページで50GBに変わっていました。

昔は完全無制限!がウリだったのが今は大容量でも数字が明記されているように、今後は100GB以上は消えていくかもしれません。

100GB以上利用したいならクラウドSIM系ルータ、SIM単体なら50GBがオススメ

100GB以上のプランを契約していて規制の案内が届き、乗り換え先に困っている方は以下がオススメ。

  • やっぱり100GB以上が良いならクラウドSIM系ルータ
  • SIM単体が良ければ50GBクラス

クラウドSIMを使ったルータであればChat WiFiさんはクーポンがあります。大容量を変わらず使いたい方は検討してみて下さい。

▼割引クーポン適用で月額4,928円→4,378円!おすすめ!

またガルマックスのスポンサーであるWiFiOさんに確認したところ、同社が提供するクラウドSIMルータも今回の規制対象のSIMではないと確認がとれました。レビューも出しているので見てみて下さい。

WiFiOのレビュー。超大容量200GBクラウドSIMルータの使い心地、速度、利用料金まとめ

ソフトバンク回線のSIM単体はどうやら業界的に容量が縮小していきそう。仕方ないですね。50GBクラスの容量ならFUJI WiFiがおすすめ。デポコミプランなら税込で2,640円。

ページトップへ