ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Anker「SoundCore2」レビュー。劇的に強化された低音が魅力の超人気Bluetoothスピーカー

Anker SoundCore2

Amazonでは定期的に商品ランキングを公開しているが、2016年度および2017年度上半期のAmazonスピーカー部門でベストセラー1位を獲得した誰もが認めるBluetoothスピーカーの名機「SoundCore」。低価格ながらも驚くような高音質であることから支持され、今でも爆発的に売れ続けているモデルだ。

SoundCore2は大人気BluetoothスピーカーSoundCoreの良い部分を継承し、音質の良さから人気がドカンと急上昇した上位モデルでSoundCore2はデジタルオーディオ用スピーカーランキングで2位、ポータブルオーディオ部門で3位の超人気Bluetoothスピーカーだ。

SoundCore2は防水仕様となりスピーカー出力を従来の2倍に引き上げることで低音に磨きがかかり、より深く豊かなサウンドを奏でてくれる。

今回、SoundCore2を試せる機会を頂いたので良い部分やイマイチなポイントも交えながらレビューを書きたいと思う。

Anker SoundCore2の総評。

まず始めに総評、良いところ、イマイチなところをまとめたいと思う。

[総合評価]

比較的低価格ながらも6W+6Wの高出力スピーカーを備えており、サイズからは想像出来ないほど高音質だ。低音割れも感じず迫力ある低音により表現力に磨きがかかった印象。

総合出力が2倍になったにも関わらず、従来モデル同様に24時間の連続駆動を継承しているのもお見事。

また、SoundCore2は前モデルでは対応していなかった防水仕様になったことで、雨天だろうが水辺だろうがバスルームだろうが、何処でも利用できるようになった。

僕は数多くのBluetoothスピーカーをレビューしてきたが、5,000円以下の製品だと1、2を争うクオリティーの高い製品だった。

SoundCore2は前モデルから僅か1,000円アップするだけで手に入る良心的価格設定となっており、差額以上の満足度が確実に得られるので僕はSoundCore2をオススメしたい。

▼リンクのランキングは家電&カメラジャンルの大カテゴリーランキング。デジタルオーディオ用スピーカーランキングだと2位、ポータブルオーディオランキングだと3位(執筆時)の超人気モデルだ。↓

[良かった]

  • コンパクトなのに12Wの高出力
  • 低音の厚みが増しサウンドの表現力が格段に上がった
  • 防水仕様なので利用シーンが幅広い
  • 24時間もの長時間再生が可能
  • 有線接続中もBluetoothに自動で切り替えられる
  • 18ヶ月の長期製品保証付き

[イマイチ]

  • 有線接続用のケーブルは同梱してほしかった
  • MicroSDスロットも欲しかった

Anker SoundCore2の同梱物と外観をチェック。

Anker SoundCore2はホワイトとブルーのAnkerカラーの外箱に入っていた

早速、Anker SoundCore2の同梱物や外観をチェックしてみよう。

同梱物には有線ケーブルが入ってないので、有線接続を利用する場合は別途ケーブルを用意しよう。

Anker SoundCore2の同梱物は有線接続ケーブルが入っていないので注意

  1. Anker SoundCore2本体
  2. 充電用MicroUSBケーブル
  3. 取り扱い説明書

同梱物は本体・説明書・充電用ケーブルのみが付属しており、有線接続用のケーブルは付属していなかった。

僕はBluetoothスピーカーをスマホやタブレットだけでなくPCに有線接続して利用しているので、有線接続用のケーブルは同梱していただきたかったところ。

僕と同じように有線接続での利用を想定しているなら以下のケーブルも手に入れておこう。

安心の日本語記載の説明書が付属。

取り扱い説明書は日本語記載されているので取り扱い方法がわからないという心配もなし

取り扱い説明書は複数の言語がまとまったものだが、しっかり日本語も含まれている。各種操作説明やペアリング方法など、分かりやすくまとめられているので利用方法が分からないという心配もない。

コンパクトな本体は何処でも持ち運べる。

12WクラスではかなりコンパクトなSoundCore2

6W+6Wのスピーカーを備える製品としては非常にコンパクト。こんなに小さいのに24時間もの連続駆動を実現するバッテリーも詰め込まれている。

本体の周囲は肌触りの良いサラリとしたラバーを採用。

本体の周囲はさらりとしたラバー素材

スピーカーグリル以外はサラリとしたラバーを採用した外観となっている。ただし、肌触りが良い反面、油汚れは付着しやすい。

▼前面グリルにもAnkerのロゴがプリントされているが背面のラバー部分にもロゴが刻み込まれている。カッコイイ!↓

背面にもAnkerロゴが刻み込まれている

迫力の低音で発生する振動を抑えるゴム足。

底面には振動を抑えるゴム足が備わっている。

本体の下部には非常に柔らかいゴム足が備わっているので、低音の振動が軽減され卓上でも快適に利用できた。

低音でガンガン鳴らしている時に本体を手に取ると、低音により大きく振動していることが分かるはずだ。もしゴム足がついていなかったら僕の机も大きく震えていたかもしれない。

操作性の良い大型ボタンを採用。Bluetoothボタンも独立で備わっているので操作も簡単。

本体上面には大きく操作性の良いボタンが並ぶ

本体上部には非常に大きなボタンが4つ並んでおり、左から電源ボタン、ボリュームを下げるボタン、再生・一時停止ボタン、Bluetoothボタンが並んでいる。

Bluetoothボタンが独立で備わる事により、ペアリング時に複雑なボタン操作を覚える必要もなく直感的に操作が可能となっている。

防水キャップに”ツマミ”が有るので開閉が楽ちん。

防水キャップにはツマミが付いているので開きやすい

SoundCore2は防水仕様となったことで、有線接続端子や充電端子に防水キャップが備わった。僕がこれまで扱った事の有る防水仕様のBluetoothスピーカーは爪を引っ掛けてキャップを開くタイプだったが、SoundCore2はキャップにツマミが付いているのでキャップを簡単に開くことが出来る。

部屋では有線接続、バスルームではBluetooth接続を利用することが多い僕にとってはこの”ツマミ”が非常に扱いやすく感じた部分だ。

▼キャップを開けると充電用のMicroUSB端子と有線接続端子にアクセス出来る。残念ながらMicroSDスロットは搭載されていないので、音源は外部からのBluetooth接続または有線接続からの入力再生となる↓

キャップを開くとMicroUSB端子と有線接続端子

Anker SoundCore2を実際に使ってみた。

Anker SoundCore2を有線接続やBluetooth接続で使ってみた。

Bluetooth接続時のペアリングが超簡単。

ペアリングも超かんたんなSoundCore2
複数の端末で接続したが、接続不良も全く無く使用可能なデバイスにSoundCore2が表示され、即使用可能だった

スマホなど、Bluetooth接続可能な機器にてBluetoothをオンにする。その後、Anker SoundCore2の電源ボタンを押して起動したら本体のBluetoothボタンを押すとペアリング開始。

あとはスマホに表示されたSoundCore2を選択して接続するとペアリング設定完了。とても簡単だ。一度設定してしまえば、SoundCore2の電源をオン・オフしても以前接続した機器に自動接続する。

もし、他の端末とペアリングしたければ、Bluetoothボタンを2秒間長押しすると再度ペアリングモードとなるので操作も簡単だ。

有線接続時もBluetooth接続可能で自動切り替え。

有線接続でもBluetooth接続に切り替わる
写真はSoundCore2とスマホを有線接続している様子。パソコンやテレビなどイヤホン端子の備わっている機器で有線接続で利用可能だ

例えばパソコンと有線接続している場合でもBluetoothでスマホと常時繋ぐことが出来る。

再生順位はBluetooth→有線接続となり、PCでMUSICを再生している最中にBluetooth接続したスマホでYou Tubeの視聴を開始すると自動的にスマホの音源がSoundCore2から流れる。

スマホでSoundCore2を利用していない時は再度有線接続が有効化されPC経由の音源がSoundCore2がら流れる。

Bluetooth接続、有線接続のモードを切り替える必要が無いので、有線接続とBluetooth接続をシームレスで利用できることが便利だった。

バスルームでもガッツリ使える。電話も出来るので突然の電話も安心。

ガンガンシャワーを当てても全く問題なかった

防水に対応するSoundCore2はバスルームでの利用も問題ない。これでもかとシャワーを当て続けたが全く問題なく軽快にサウンドを奏でていた。

また、SoundCore2は前モデルから引き続きマイクが内蔵されており、スマートフォンと接続中は電話の応答や通話も可能。電話に気がついてバスルームから飛び出ることなく会話が出来るので、長風呂が好きな方に相性が良い。

さらに、SoundCore2はSiriやOK Googleなどの音声認識機能を起動することも出来るので、スマートフォンが手元に無くても音声指示で電話をかける事も可能だ。

これ結構大事。SoundCore2の起動音が小さい

Bluetoothスピーカーの中には起動した時の起動音が爆音の製品もある。僕も複数のBluetoothスピーカーにて起動音が爆音だったので夜間に起動することが嫌になって使わなくなったモノもあった。

SoundCore2の起動音は小さく夜間の起動でも全く気にならない。これは日常的に利用する上で非常に重要だ。

サウンドは低音が良く鳴るのでEDM系も楽しめる。

低価格なBluetoothスピーカーは僕が実機をレビューしてきた限り3W+3W、パワフルなモデルでも5W+5Wの製品が多かったが、Anker PowerCore2は6W+6Wでかなりパワフルな仕様だ。

SoundCoreの心地よい音質に表現力豊かな低音が組み合わさったSoundCore2は、音量を上げるとEDMなどの低音を重視した楽曲でも十分に楽しめる迫力ある低音が鳴る。

室内である程度ボリュームを絞ると低音も大人しくなるが、低音と高音のバランスが絶妙で物足りなさは感じない。

R&B、ジャズ、クラシック、EDM、JPOPなど、幅広いジャンルの楽曲を心地よく楽しめるバランスの良い音質で万人ウケが非常に良さそうなチューニングとなっている。

Anker SoundCore2まとめ。これは買いなBluetoothスピーカーだ。

実際にAnker SoundCore2を利用した実機レビューは如何だっただろうか。

5,000円以下と手が出しやすい価格帯に抑えながらも、SoundCore2は価格以上のパフォーマンスを発揮するBluetoothスピーカーだった。

現在も人気絶頂なAnker SoundCoreも今後はSoundCore2に置き換わり、SoundCore2もまたBluetoothスピーカーの名機となる予感を強く感じる仕上がりだ。

また、Ankerは製品保証にも力を入れており、低価格で手に入るSoundCore2も18ヶ月の保証対象。日本にもカスタマーサポートが設けられているので長期的な利用でも安心だ。

低価格ながらも高品質でサポートも万全なAnkerの最高傑作「Anker SoundCore2」を是非お試しあれ。

▼本製品以外にもガルマックスでは沢山のBluetoothスピーカーをレビューしているので是非チェックしてみて下さいね!↓

 

▼本記事のジャンル以外の製品も数多く実機レビューを書いています。宜しければどうぞ!↓

名古屋に立ち寄った際はAnker初の実機展示&販売ブースに行ってみよう!

ビックカメラ名古屋JRゲートタワー店にAnkerの実機ブースが展開

AnkerはこれまでAmazonなどのネットショップ経由で製品を販売してきたが、名古屋駅に併設されているビックカメラ名古屋JRゲートタワー店にAnker初となる実機展示&販売ブースを設けた。

複数の実機展示製品は実際に手に取ることが出来るので、サイズ感や質感、重量などを製品を触って確かめることが出来るので是非名古屋へお越しの際は立ち寄ってAnker製品を触ってみよう。

アクセス方法などは以下の記事で詳しく買いているのでチェックをどうぞ

Ankerがビックカメラ名古屋JRゲートタワー店に初の実機展示と販売ブースを展開!

ページトップへ