速度制限時も1Mbps!10GB月額2,980円、UQモバイルのスマホプランRは人気出そう

  

▼2020年最後。エントリー必須。楽天スーパーセール開催中。↓

【チェック】→楽天スーパーセール会場
 

▼AmazonでiPhoneの整備済み品。旧機種が安い。180日間保証付き。↓

【おすすめ】Amazon Renewed (Amazon整備済み品)

UQモバイルのスマホプランR

UQモバイルの新料金プラン「スマホプランR」が攻めてます。月間10GBまで使えて月額料金は税別2,980円、そしてデータ容量を使い切って速度制限されても最大1Mbpsの中速通信が可能。楽天モバイルのプランにぶつけてきました。

UQモバイルのスマホプランR、データ容量超過後も最大1Mbpsで通信可能

UQモバイルが先日発表したスマホプランRが良い感じです。月額料金は税抜き2,980円で月間10GBと大手キャリアよりもリーズナブルな価格設定はさすがMVNO(格安SIM会社)。

しかし今回のスマホプランRはデータ容量を使い切った後も低速ではなく中速で通信可能なのがキモ。今までのUQモバイルのプランと新旧比較して新プランの特徴をチェック!

受付停止する料金プラン

今までUQモバイルで提供されていたスマホプランM・スマホプランLは5/31で新規契約受付停止となります。一番大容量なのは14GBのスマホプランLでしたが終了

プラン名 スマホプランM スマホプランL
月額料金 2,980円 3,980円
通信容量 9GB 14GB
超過後速度 最大300Kbps 最大300Kbps

これからの料金プラン

これからはこの2プランがUQモバイルの柱。スマホプランS(既存のやつ)と新しいスマホプランR

プラン名 スマホプランS スマホプランR
月額料金 1,980円 2,980円
通信容量 3GB 10GB
超過後速度 最大300Kbps 最大1Mbps

スマホプランRは既存のスマホプランMにプラス1GBボーナスをつけて速度制限後の通信速度もアップグレードされたプランです。

3,980円のスマホプランLを使っていたユーザの中からも月額が1,000円下がって速度制限後も1Mbpsで使えるなら10GBのスマホプランRでいいやという人はたくさん出てくるはず。

家族の2回線目が500円引きになる「UQ家族割」や通話定額オプションなども変わらず申し込めます。これは料金的にも通信容量的にもサービス内容的にもヒキの強い大人気プランになりそう。

使い切ったら1Mbps通信はユーザ目線でとてもありがたい

スマホプランRの特徴である「データ通信容量超過後の速度制限時でも最大1Mbpsで通信可能」を私はすでに体験しています。楽天モバイル(MNO)の初期設定、au回線の1Mbps規制時の通信速度と使用感で解説した通り楽天はau回線の一部を借りているのでそこで通信してみました。

もちろん通信会社やエリアやタイミングが違えば実行速度も違います。そもそも通信速度は理論値ですし。ただ最大1Mbpsというスペックは結構いろんな事ができて、128Kbpsや300Kbpsとは一味違うなと感じました。

ネットサーフィンやSNSはもちろん動画やゲームまでいけたのは便利でしたね。普段の生活の中でできなかった事は720p以上の画質でYouTubeが見れなかった事くらいでしょうか。使用感はとても良かったですよ。

「ギガ使い切ったら1Mbps制限ね」のサービスはもっと浸透してくれるとありがたいです。スマホプランRだけじゃなくスマホプランSもとか。あるいは音声通話SIMだけじゃなくデータ通信SIMもとか。他社も追随してくれないかな。ワイモバさんとか…

追記:と思ったらワイモバきたー。これからのトレンドになるかも?

ワイモバイルもデータ容量超過後1Mbps!大容量プランは料金据え置きで速度制限時も快適に

楽天モバイルは基地局整備を頑張ろう

UQモバイルのスマホプランRと楽天モバイルのUN-LIMITプラン、月額料金がどちらも2,980円(税抜き)という事で簡単な比較。

楽天UN-LIMITが「自社回線エリアは使い放題、一部のau回線エリアでは5GBまで(超過後1Mbps)」なのに対しUQスマホプランRは「広いエリアで10GBまで、超過後1Mbps」というもの。

通信会社 楽天モバイル UQモバイル
通信容量 無制限(自社エリア) 10GB
超過後速度 1Mbps(auエリア) 1Mbps
通話料金 無料(アプリ利用で) 20円/30秒

楽天はまだまだ自社回線エリアが狭くauから間借りしている状態。基本的には都内などの大都市圏限定、その中でも一部のエリアという感じ。全国カバーできているau回線を使ったUQとはやはり繋がりやすさが違います。

通話料金がRakuten Linkアプリの利用で無料になる点は楽天のアドバンテージですが、ケータイはやはり繋がりやすさこそが肝要。月額料金が同じであれば使い放題でもエリアが狭いなら10GBまでだろうとエリアが広いUQにいくよとなりかねません。

すでに十分な基地局数というベースがあるKDDI傘下のUQモバイル。対して楽天モバイルはお祭り中である300万人先着の一年間無料が終わった時にどれだけ基地局を整備できているかがカギになります。5Gサービスの開始も遅れが出ていますからあまり猶予はなさそう。

UQモバイルはおすすめのMVNO

UQ mobileがオススメな人は?メリットやデメリットを知って使い倒そう!でも解説していますが、UQモバイルは月額料金は安いのに通信品質が良いおすすめのMVNOです。直近3日間に6GBの通信をすると翌日まで速度が落ちますが、30日間10GBとかの契約で3日間6GBなんてそうそう使わないはずです。

auのスマホを使っている人はSIMロックを解除しなくても使えますしUQモバイル自身がセット販売しているスマホを購入してもいいですね。SIMフリーのスマホを使っている人は電波バンドが対応しているか確認しましょう。動作確認端末一覧に出ているスマホだと安心。

スマホプランRの料金体系・サービス内容は多くのユーザに響くのではないでしょうか。新規・MNP乗り換え・プラン変更の申込み受付はすでに始まっています。現在はSIM単体契約で3,000円、MNP乗り換えなら10,000円キャッシュバック中。

ページトップへ