ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Vernee V2 Proのスペック、特徴、最安値まとめ!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

Vernee V2 Pro

Vernee V2 Proが凄い。ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの電波に対応、防水防塵対応、扱いやすいミドルハイの性能…..これで、価格が250ドルを切るんだから凄い。

本記事ではVernee V2 Proのスペックや特徴、メリット・デメリット、最安値情報まで総まとめしています!

初売りキャンペーンは非常に安価に手に入るので要チェックですよ!

追記:初売りキャンペーンの終了が近づいてきました!2018年6月3日まで50ドルオフで購入できるので、欲しい方は絶対に249.99ドルで手に入る初売りキャンペーンを見逃しちゃ駄目!

Vernee V2 Proの価格と最安値

通常価格は299.99ドル。これだけの性能を詰め込んで約3万円強。日本で販売されている数多くの製品と比較した場合、既に”安い”と感じてしまう価格ですね。

しか~し、海外ネットショップは”初売りキャンペーン”が最も価格が安くなるのです。

2018年6月3日までは249.99ドルで50ドルオフ!

▼海外ネットショップ大手のGEARBESTでは、通常価格が299.99ドルのところ、2018年6月3日までは初売りキャンペーンで50ドルオフ!なんと、249.99ドルで購入可能となっています。

Vernee V2 ProはGEARBESTの発売記念キャンペーンで249.99ドル!

在庫も半分くらいは売れてしまっているので、Vernee V2 Proが気になる方は記事を読み進める前にカートに突っ込んでおきましょう!

購入先ページは以下

Vernee V2 Proのスペック(性能)

Vernee V2 Proのスペック表

項目スペック
OSAndroid 8.1
SoCMediaTek P23
MT6763
メモリ6GB
保存容量64GB
MicroSD最大128GB
ディスプレイ5.99型/18:9/IPS
解像度2160 x 1080/FHD+
アウトカメラ21MP+5MP
Face Beauty,Face Detection,Panorama Shot
インカメラ16MP+5MP
バッテリー容量6400mAh
USB Type-C
Wi-Fi802.11a/b/g/n
サイズ16.42 x 7.94 x 1.21 cm
重量 259g
ネットワーク2G: GSM B2, 3, 5, 8
3G: WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 8
3G:BC0 / BC1
TD-SCDMA: B34 / 39
4G: FDD-LTE: B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 19 / 20
TDD-LTE: B34 / 38 / 39 / 40 / 41
ドコモ回線 LTEフル対応
ソフトバンク回線LTE/3Gフル対応
ワイモバイル回線LTE/3Gフル対応
au回線CDMA2000 BC0対応

▼SoCはコストパフォーマンス抜群なMediaTek P23(MT6763)を搭載。↓

Vernee V2 ProはMediaTek製のP23を搭載

▼メモリは大容量な6GB、保存容量も64GB搭載しているので”メイン端末としてガンガン利用できるスペック”を持ち合わせています。↓

Vernee V2 Proは大容量な6GBメモリと64GBの保存容量を搭載しているので基本性能も高いです。

MediaTek P23(MT6763)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

ガルマックスでは端末の性能を数値化するAnTuTuスコアを収集しているのですが、Vernee V2 Proに搭載されているMediaTek P23(MT6763)のスコアも収集済みですので参考にどうぞ!

  • MediaTek P23(MT6763)のAnTuTuスコアは、総合スコアが約7.4万点、GPU(3Dスコア)は約1.6万点。

現行のミドルハイスペックに相当する性能を持ち合わせていますね!P23はバッテリー項目でパフォーマンスが”標準”となっているので、最大限のパフォーマンスで利用したい場合は”高性能モード”を利用して下さい!

以下は現在一般的に搭載されているSoCを各グレード毎に表示しています。MediaTek P23(MT6763)の性能が現時点でどのグレードと同等性能であるか簡単に確認出来ます。

AnTuTu 8ゲーミングハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約49万点

GPU
約20万点
総合
約46万点

GPU
約17万点
総合
約24万点

GPU
約6.5万点
総合
約17.5万点

GPU
約3.6万点
総合
約10万点

GPU
約2万点
総合
約8万点

3D
約1.5万点
AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点

Vernee V2 ProはWEB閲覧、動画視聴、メールやLINE、通話、カジュアルゲームもバッチリ楽しめる性能を持ち合わせており長期的な利用でも問題ない性能を持ち合わせています。

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Vernee V2 Proの対応電波

Vernee V2 Proの対応電波

Vernee V2 ProはSIMフリースマートフォンなので、様々なキャリアのSIMや海外SIMを挿すとSIMロックの解除なしで使えるのが最大の魅力です。

海外製品なので技適に関して留意する必要はありますが、Vernee V2 Proは非常に多くのバンドに対応しているので、海外での利用はもちろん、日本市場で利用されているバンドにも多く対応しています。

ドコモはLTEにフル対応!

はドコモのLTEバンド1、3、19にフル対応!特にバンド19は地下や郊外の繋がりやすさを左右する重要なバンドで、日本のドコモしか利用していないことから海外スマホで対応しているのは極少数。Vernee V2 Proは希少なドコモLTEにフル対応しているモデルなのです。

3Gはバンド1しか対応しておらずFOMAプラスエリアに非対応なので、大都市部や地方都市部での利用がオススメ。

ソフトバンクとワイモバイルはフル対応!

ソフトバンクとワイモバイルは同じバンドを利用しているので合わせて紹介!

Vernee V2 Proは、ソフトバンクとワイモバイルで利用するLTEバンド1、8、3Gバンドの1、8に対応。

通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にまで対応しており、Vernee V2 Proはソフトバンクやワイモバイルで取り扱われている端末と遜色ない電波の掴み具合とエリアで利用できます。

auはCDMA2000のBC0に対応!DSDSで活用出来る!

auは少々特殊で、通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドには非対応。

ですが、通話に3Gを利用するCDMA2000のBC0には対応してます!通称”黒SIM”であればau回線で通話出来るという訳です。

Vernee V2 Proは2枚のSIM同時待ち受け機能に対応しているので、auのSIMを通話(3G)、もう片方のSIMをau以外の回線を利用するデータ通信SIM(4G LTE)を突っ込む事で、au回線をメインで利用しているユーザーさんも活用出来るのです。

Vernee V2 Proの付属品をチェック!

GEARBESTで記載されているVernee V2 Proの付属品は以下の通り。

  1. Vernee V2 Pro本体
  2. 充電器
  3. 取扱説明書(マルチランゲージタイプ)
  4. USBケーブル

海外スマホの中では付属品が豪華という印象は無し。必要最低限のセットで保護フィルムなども付属していないようです。

保護フィルムはPDA工房さんに制作依頼すると端末の往復費無料&制作費無料&制作した保護フィルムを無料で届けてくれるので、購入された方は是非ご活用下さいね!

Vernee V2 Proのデザインをチェック!

大画面!5.99型ディスプレイを搭載!

▼Vernee V2 Proは5.99型の18:9ディスプレイを搭載!画面占有率も高く、大画面なので迫力ある映像を楽しめますね!

Vernee V2 Proは5.99型の大型ディスプレイを搭載!

ゴツい背面パネルがカッコいい!

▼Vernee V2 Proは”タフネススマホであること”を感じさせるデザイン!背面パネルは凹凸のあるパネルを採用しており滑りにくい仕様となっています!

Vernee V2 Proの背面パネルは凹凸のあるタイプで滑りにくい形状となっています。

真っ赤なサイドフレームでインパクト大!

▼本体のサイドフレームには真っ赤なメタルパーツが備わっており見た目のインパクトも大!もちろん、見た目だけではなく、端末の剛性を高める役割もあります。↓

Vernee V2 Proは本体サイドにレッドのフレームを採用!見た目だけでなく剛性も高いです!

機能性もバッチリ!多機能ボタンもついてる!

▼本体の側面には多機能ボタンが備わっています!物理ボタンなので手袋をつけてる時も操作性が良いですね!

Vernee V2 Proの本体にはプッシュ・ツー・トークボタンが備わっています!

各種端子は防水性能を保つカバー付き!

▼Vernee V2 Proは防水防塵仕様なので、充電端子などは全て分厚いカバーで保護されてます!ガンガン外で利用できるので安心!↓

Vernee V2 Proはタフネススマホなのでボタンなどにはカバーが付いてます!

Vernee V2 Proの特徴やメリット・デメリットをチェック!

ここからはVernee V2 Proの特徴をピックアップ!メリットや購入前に知るべき事も書いているので是非チェックしてみて下さいね!

日本語に対応している

海外スマホで気になる”日本語への対応”ですが、Vernee V2 Proはマルチランゲージに対応しているので日本語でも利用可能です!

但し、僕の経験上、日本語化されている部分はOS標準の機能のみで、メーカーが独自に搭載する機能は英語であることが多かったので、もし、日本語表示に対応していない機能はGoogle翻訳アプリなどを利用して翻訳しましょう!

▼Google翻訳は画像読み込み機能があるので、英語などが表示されている部分でスクリーンショットを撮影することで簡単に画像を利用して翻訳が可能です!↓

Google 翻訳

Google 翻訳
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

SIMの同時待ち受け機能に対応している!

Vernee V2 Proは2枚のSIMを同時待ち受け出来る機能に対応!

例えば、プライベート用とビジネス用の番号を2つ持っている場合、1つの端末で同時に電話を待ち受け出来たり、通話用のSIMとデータ通信用のSIMを分けて管理出来たり利便性の高い機能です。

au回線に対応しているか?という項目でも同時待ち受け機能についてサラリと触れましたが、例えば…..

  • データ通信にドコモ回線の格安SIM(4G)+通話にau回線(3G)

という具合に異なる電波でも組み合わせて活用出来ます。

大画面だけど持ちやすい18:9ディスプレイ

Vernee V2 Proは5.99型のディスプレイを搭載!

5.99型のディスプレイって聞くと”凄く大きい”と感じてしまうかも知れませんが、流行りの18:9ディスプレイを採用しているので、縦に長く横幅はスリム!

▼従来の5.5型サイズなのでディスプレイが大きくなっても”持ちやすい”形状となっています!↓

Vernee V2 Proは従来の5.5型サイズでやく6インチの大画面サイズが利用できます!

また、安価な製品はディスプレイに低い解像度を採用する場合も多いのですが、Vernee V2 Proは2160 x 1080のFHD+を採用しており、低価格だけど高解像度パネルを採用しているのもポイントの高い部分です。

IP68対応の屈強なタフネスボディー!

Vernee V2 Proは1P68の超屈強なボディー!

Vernee V2 Proは最高ランクとなるIP68に対応。本体の角に搭載されているシールドで耐衝撃性能もグッと高くなっております。

▼以下は最高防塵等級の6と最高防水等級の8で等級表示を解説。防水と防塵に対応しているならIP○○と表示され、防塵のみ対応の場合はIP○X、防水のみ対応の場合はIPX○と記載される。↓

防水防塵 

防塵等級保護の程度
IP0X特に保護されていない
IP1X人体の表面積の大きな部分(手など)が誤って内部の入らない。直径50mmを超える固形物体が内部に侵入しない。
IP2X指先や長さが80mmを超えない類似物が内部に入らない。直径12.5mmを超える固形物体が内部に侵入しない
IP3X直径または厚さが2.5mmを超える固形物体が内部に侵入しない。
IP4X直径又は厚さが1.0mmを超える固形物体が内部に侵入しない。
IP5X粉塵が内部に侵入する事を防止。少量の粉塵の侵入があっても正常運転を阻害しない。
IP6X粉塵が内部に侵入しない。

防水等級保護の程度
IPX0特に保護されていない
IPX1鉛直に落下する水滴により有害な影響を受けない
IPX2鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない。
IPX3鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない。(防雨型)
IPX4いかなる方向からの水の飛来でも有害な影響を受けない(防まつ型)
IPX5いかなる方向からの水の直接噴流でも有害な影響を受けない。(防噴流型)
IPX6いかなる方向からの強い直接噴流でも有害な影響を受けない。(耐水型)
IPX7規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響がない。(防侵型)
IPX8連続的に水中に置かれる場合でも有害な影響が無い。原則として完全密閉構造。(水中型)

Vernee V2 Proはガンガン水辺で利用しても、風呂で使っても全く問題ない防水防塵性能を有しているのです!

▼Vernee V2 Proは専用のワンボタン撮影モードを備えているので、水辺での利用どころか、水中で撮影まで出来てしまいます。↓

Vernee V2 Proは防水性能が高いので水中での撮影にも対応!

▼また、-30℃~60℃の気温でも正常に動作するタフな仕様も魅力的!↓

Vernee V2 Proは-30℃~60℃まで動作します。

NFCやOTGなど便利な機能も満載!

Vernee V2 Proは便利な機能も満載。NFCもOTGも全対応しています。

Vernee V2 ProはNFCに対応!

最近はNFCを利用してモバイルルーター、Bluetoothイヤホン、Bluetoothスピーカー、スマートウォッチにタッチするだけで接続設定が完了する製品が多いのですが、その様なシーンでVernee V2 ProならNFCでサクッと接続が出来るようになってます。

また、OTG機能も搭載しているので、Vernee V2 Proをモバイルバッテリー代わりに他の端末を充電することも可能!持ち歩いているBluetoothイヤホンなんかの充電もモバイルバッテリー不要で充電出来るので使い勝手の良い機能が搭載されていて嬉しい!

指紋認証以外に顔認証に対応!

Vernee V2 Proは普段使いで便利な指紋認証ユニットを本体背面に備えていますが、登山やスポーツ、現場で仕事中に手袋を付けていると指紋認証が利用できない…..でも、ご安心を!

Vernee V2 Proは顔認証にも対応!指紋認証が利用できないシーンでも0.1秒でサクッと顔認証出来てしまいます。↓

Vernee V2 Proは顔認証にも対応

タフネス系スマホで顔認証は非常に相性の良い機能ですね!

高精度な位置表示が出来るGPS+GLONASSを搭載

Vernee V2 ProはGPS+GLONASSのダブルGPSで高精度な位置表示が可能です。

Vernee V2 ProはGPU以外にロシア版GPUのGLONASSを搭載!携帯基地局を利用するA-GPSにも対応しているので非常に高精度な位置表示が可能となっています!

徒歩ナビやカーナビとして利用する場合でも高精度な位置表示が出来るのでGood!

アウトもインも全部ダブルレンズカメラを搭載!

Vernee V2 Proはアウトカメラもインカメラもダブルレンズカメラを搭載しています。

Vernee V2 Proはカメラも凄い!

メインカメラは21MP+5MPのダブルレンズカメラを採用!レンズの明るさを示すF値は2.0と非常に明るいので暗所でもノイズの少ない撮影が楽しめる様になっています。

また、フォーカス速度が長けており、なんと、0.03秒で被写体を捉える事を実現。素早い動きに被写体もバシッとピントの合った写真を撮影出来るのはGood!

▼そして、インカメラも13MP+5MPのダブルレンズカメラを搭載しちゃっているのです!↓

Vernee V2 Proはインカメラも高画素カメラを搭載しているので美しい写真を撮影可能です。

美しい自撮りが可能なビューティーモードも搭載しており、美しい肌色を表現できるLTEも備わってます。アウトドア女子もVernee V2 Proならバッチリ自撮り出来ますね!

大容量な6200mAhバッテリーを搭載!9V/2Aの超急速充電に対応!

▼Vernee V2 Proは超大容量な6200mAhのバッテリーを搭載!MediaTek製のSoCを搭載する端末と比較した場合、バッテリー容量の差は連続駆動時間の向上に直結するので、非常にロングライフなバッテリー持ちとなってます。↓

Vernee V2 Proは大容量な6200mAhのバッテリーを搭載しています!

▼また、大容量のバッテリーも速攻充電出来る9V/2Aの充電に対応!この超急速充電は付属の充電器と充電ケーブルでの利用が前提なので、同梱品を使って充電して下さいね!↓

Vernee V2 Proは9V2Aの超急速充電に対応しています。

▼端子も要注目でUSB Type-Cを搭載。裏表関係なく差し込めるので便利!↓

Xperia XZ2とXZ2 CompactはUSB Type-Cを採用しているので、裏表関係なくケーブルを挿し込めて便利

最新のAndroid 8.1を搭載!

Vernee V2 ProはAndroid 8.1を搭載しています。

Vernee V2 Proに搭載されるOSはAndroid!古いバージョンではなく、最新のAndroid 8.1を搭載しています!

従来バージョンから利用できた画面分割はもちろん、ピクチャー・イン・ピクチャー機能や通知をアイコン横に表示するバッジ機能、アイコン長押しでサブメニュー表示など便利な最新のAndroid機能がバッチリ利用できるようになっております!

Vernee V2 Proまとめ

Vernee V2 Pro

いかがでしたでしょうか?

タフネススマホが好き!でも、日本で売られているタフネススマホは高い!そんな方にとってVernee V2 Proは直球ど真ん中なモデル!

海外スマホ凄いわ。これだけの性能と仕様で約2.5万円で手に入るんだから。しかも、Vernee V2 Proはバンド構成が凄く魅力的なので今すぐ欲しい!って方が殺到しそう。

海外ネットショップのGEARBESTでは6月3日まで初売りセールで249.99ドルで購入可能となっているので、欲しい方は安い時にどうぞ!セール終わっても299.99ドルなら十分”安い”ので是非ご検討下さい!

※初売りセール価格の場合、以下のリンク先で端末価格が249.99ドルと表示されていますが、セール終了後は299.99ドルと表示されてます。価格は変動するので購入前に以下のリンク先でリアルタイム価格をご確認下さい!

ページトップへ