ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

VOYO i8 Maxのスペック・特徴・最安値まとめ

ガルマックスのコラボプレゼント企画開催中!

開催中のガルマックス抽選会はガルマックス抽選会の一覧からご確認下さい!

VOYO i8 Max

追記:新たな割引クーポンがGeekbuyingから発行!199.99ドルで購入できる再チャンス到来です!詳しくはこちら

Androidを搭載した10.1型ディスプレイを搭載したSurfaceタイプの2-IN-1タブレットPC[VOYO i8 Max]は一体どの様な端末なのか。スペック・特徴・最安値の情報を詳しく掲載しているので気になっている方は是非チェックしてみて下さいね!

VOYO i8 Maxの価格

端末単体で通常価格は219.99ドル。執筆時点のレートでは約2.4万円前後で購入可能となっています。

GEARBESTの価格情報

▼リアルタイム価格は以下から確認して下さい!↓

また、専用キーボードやスタイラスペンは別売りとなるので欲しい方は以下から購入をどうぞ!

Geekbuyingの価格情報

▼割引クーポン適応で199.99ドル!↓

VOYO i8 Maxのスペック(性能)

VOYO i8 Max

OSにはAndroid 7.1を採用しており、SoCにはMediaTek製を採用。SoCのグレードはHelio X20なのでミドルハイスペックの性能帯となっています。

メモリは4GB、保存容量は64GBを搭載。少々保存容量が少なく感じますがMicroSDスロットを搭載しているので最大128GBの容量を簡単に追加できる様になっているので保存容量に困る事は少ないハズ。

Helio X20のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

ガルマックスはスマートフォンやタブレットの性能を数値化するAnTuTuベンチマークスコアを収集しているのですが、VOYO i8 Maxに搭載されているHelio X20と同じSoCを搭載した端末の実機スコアも収集しているので参考にしてみて下さい。

  • Helio X20:総合スコアが83298点、3D性能が18998点

上記のスコアはAnTuTuベンチマークアプリのバージョンが7世代のものです。SnapdragonだとミドルハイスペックのSnapdragon 630辺りと同等性能ですね。これだけの性能があれば長期的な利用を想定した購入でも安心して利用できます。

▼3D性能も約1.9万点ほどあるので、軽めの3Dゲームでも問題なく遊べる性能を持ち合わせているのでゲーム用途としても良いかも知れません。↓

但し、MediaTek製のSoCはQualcomm社のSnapdragonシリーズと比較して描写にジャギー(ギザギザした描写)が発生することが多いです。

以下は現在主流となっているSnapdragonベースの平均値です。市場で主流となっているSoCが切り替わると以下のリストも更新されるので現在主流のSoCとスコアを比較してみて下さい。

▼AnTuTuアプリver7以降のスコアです。↓

845
(ハイエンド)
710
(アッパーミドル)
660
(ミドルハイ上位)
630
(ミドルハイ)
430
(ミドル)
210
(エントリー)
総合:約25.5万点
3D:約10.7万点
総合:約16.5万点
3D:約4.7万点
総合:約13.5万点
3D:約2.9万点
総合:約8.6万点
3D:約1.8万点
総合:約5.4万点
3D:約9千点
総合:約2.6万点
3D:約1000点

▼AnTuTuアプリver7以前のスコアです。↓

835
(ハイエンド)
660
(ミドルハイ上位)
630
(ミドルハイ)
430
(ミドル)
210
(エントリー)
総合:約17万点
3D:約6.7万点
総合:約11万点
3D:約2.9万点
総合:約6.5万点
3D:約1.8万点
総合:4.3万点
3D:9千点
総合:2.3万点
3D:1500点
  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼

    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。

  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

VOYO i8 Maxの特徴・メリット・デメリット

VOYO i8 Maxの仕様表を確認して気がついたデメリットも含めて特徴などをまとめてみました。

4G対応!だけど対応周波数が残念

VOYO i8 Maxは4G LTEに対応している点が挙げられるのですが、対応するバンドが残念。また、技適に関しても留意する必要があります。

以下はVOYO i8 Maxが対応するバンド一覧

  • GSM: 850/900/1800/1900MHZ 
  • WCDMA: B1/B2/B5/B8 
  • FDD LTE: B1/B3/B7 
  • TDD LTE: B38/B39/B40/B41 

ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルで一番合致していバンドはどれか?と言われればソフトバンク・ワイモバイルの2社なのですが、残念なことに3G及びTDD-LTEはバッチリ対応しているものの、FDD LTEで重要なプラチナバンドの8が対応していません。

都市部では繋がるっちゃ繋がるバンド構成なのですが、プラチナバンドは地下などの繋がりやすさを左右する重要なバンド。VOYO i8 Maxを購入するならモバイル通信機能はオマケと考えておいたほうが無難です。

3つのスタイルで利用できるSurfaceタイプ

VOYO i8 Maxは”2-IN-1”形状なのでキーボードとディスプレイ部分が完全に取り外し可能です。キーボードを取り付けるとノートパソコンスタイル、キーボードを取り外してスタンドを利用することでペンでの入力が捗るスタジオスタイル、キックスタンドを折りたたんだタブレットスタイルで利用可能です。↓

VOYO i8 Maxはノートパソコンスタイル・タブレットスタイル・スタジオスタイルで利用可能です。

ac規格に対応したWi-Fiのデュアルバンドに対応

▼Wi-Fiは2.4GHz帯だけでなく、5GHz帯も利用できるデュアルバンド仕様となっています。↓

VOYO i8 MaxのWi-Fiは2.4GHzだけでなく5GHzのバンドにも対応しています

ac規格にも対応しているので自宅の固定回線を無線で飛ばしている場合、親機がac規格対応なら固定回線の速度を余すこと無く伝達出来ます。高解像度な動画を視聴するときなどにも役立ちますし、2.4GHz帯が繋がりにくい場合は5GHz帯で接続することで混線を避けて快適に通信が可能となってます。

滑らかに動くシャフトを採用したキックスタンド

▼キックスタンドは指で押すだけでグググーっと可動するシャフトタイプで柔軟な角度調整が可能。使い勝手も非常に良さそうですね。↓

VOYO i8 Maxのスタンドはシャフト式で無段階調整が可能となっています。

▼可動範囲も広いです。安いモデルだと3段階しか角度が選べないモデルも多いのでVOYO i8 MaxのキックスタンドはGoodな仕様です。↓

VOYO i8 Maxのスタンドは可動範囲が広いので好みの角度が見つかりやすいです。

10.1インチで解像度は1920×1200

▼10.1インチのディスプレイには1920×1200の解像度が詰め込まれているので解像度の低いモデルよりも精細な描写が可能となっています。

VOYO i8 Maxは10.1型のディスプレイに1920×1200の高解像度パネルを採用しています。

マルチタップは10点まで対応。パネルも視野角の広いIPSパネルを採用しているのでキックスタンドを寝かせた状態でも美しい描写が楽しめるように配慮されています。

2048段階の筆圧を検知出来るスタイラスペン入力に対応

Surfaceタイプといえばスタイラスペンの対応。VOYO i8 Maxもバッチリ対応してきましたが2048段階って結構豪華な仕様に対応してきましたね。この価格なら1024段階が妥当かも知れませんが購入者側からみると嬉しいポイントです。

▼お絵かき用としても十分利用できる2048段階の筆圧対応は大きな魅力。

VOYO i8 Maxは2048段階の筆圧スタイラスペン入力に対応しています。

▼もちろん、書類などに直接修正点などを書き込めるのでビジネス用途でも重宝思想です。↓

VOYO i8 Maxは直接書込が出来るので直感的にメモを取ったりすることが可能となっています。

前述しましたが、2048段階の筆圧に対応した専用スタイラスペンは別売りとなるので、お絵かきを楽しみたい方は一緒に購入しておきましょう。

コレは微妙。キーボードはBluetooth接続タイプ

▼VOYO i8 Maxは専用のキーボードを磁石で簡単にパチリと接続可能です。↓

VOYO i8 Maxの専用キーボードはBluetooth接続

唯一残念な部分がVOYO i8 Max本体とキーボードの接続にBluetoothを採用していること。

Bluetooth接続さえ完了してしまえばキーボードの電源をオンにするだけで自動接続されますが、最近は専用のキーボードドッキング端子を備えるモデルも多くなっているのでキーボード接続に関してはコストカットされている印象を受けました。

普通に利用する分には特段困らないので大きく気にすることも無いのですが、電波を利用して接続する=電気が必要なのでキーボードのバッテリーがなくなれば利用できない部分には注意しなければなりません。

こちらも前述した通りキーボードは別売りなので欲しい方は合わせてゲットしておきましょう。

GPSを搭載。ナビもバッチリ利用できる

▼VOYO i8 MaxはバッチリGPSを搭載しているのでナビでも精度の高い位置把握が可能となっています。↓

VOYO i8 Maxはナビも利用できるGPS搭載機です。

VOYO i8 Maxまとめ。価格が安いから許せる部分が多いよね

少々欠点となる部分もありましたが、それらを含めても200ドル以下で手に入る事を考えると十分魅力的な仕様が目立ちますね。

性能はコストパフォーマンスが良く、Surfaceタイプのカッコイイ筐体。別売りではありますが専用キーボードやスタイラスペンも用意されていますし、スタイラスペンは2048段階の筆圧に対応するなど個人的にはとっても魅力的なタブレットです。

特にお絵かきを楽しんでいる方は一度検討してみて下さいね!解像度も高いですし2048段階の筆圧に対応するスタイラスペンを利用できるのは大きな魅力なので!

以下にセール情報を残しておくので是非検討してみて下さいね!

購入先

GEARBEST

▼リアルタイム価格は以下から確認して下さい!↓

また、専用キーボードやスタイラスペンは別売りとなるので欲しい方は以下から購入をどうぞ!

Geekbuying

▼割引クーポン適応で199.99ドル!↓

ページトップへ