Xiaomi Mi 10 Proのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

 

▼過去最安クラス。スマホを新しくしたいなら↓

【おすすめ】BIGLOBEモバイルでiPhone SEやRedmi Note 9Sが激安に

Xiaomi Mi 10

注:これはXiaomi Mi 10ではありません。

さらなるハイスペックモデル、Xiaomi Mi 10 Proでございます。Mi 10もフラッグシップモデルで間違いないのですが、Xiaomi Mi Proはその名の通り最上位モデルとなるPro。Xiaomiの持つ技術を惜しみなく投入した集大成モデルです。

世界最強スペックの特徴とスペックをチェックしましょう!

▼Proの付いていない【Xiaomi Mi 10】の詳しい記事も公開しています!↓

Xiaomi Mi 10のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Xiaomi Mi 10 Proの詳細なスペック(仕様表)

▼グローバルモデルと中国モデルの違いについては以下の記事をどうぞ!↓

Xiaomi Mi10/Mi10 Proのグローバル版が登場!中国版との違いは?

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Xiaomi Mi 10 Pro
型番/別名 Mi 10 Pro
発売年 2020年2月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Xiaomi
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G WCDMA: B1 / B2 / B4 / B5 / B8
4G LTE FDD-LTE:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17
TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41
注:LTE B41(2496-2690 194MHz)
5G NR n1 / n3 / n41 / n78 / n79
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.1
SIMサイズ・スロット ↓グローバルモデル↓
NanoSIM

↓中国モデル↓
NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 ↓中国モデル↓
2回線同時待ち受け対応
DSDV対応
本体仕様
ディスプレイ 6.67インチ/有機EL/画面占有率非公表
解像度 2,340×1,080/FHD+/画面比率19.5:9
画素密度 386ppi/ドットの粗さは気にならない画素密度
サイズ 高さ162.6mm
横幅74.8mm
厚さ8.96mm
重さ 208g
本体色 ブラック系/ホワイト系
システム仕様
OS MIUI 11(Android 10ベース)
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 865
AnTuTuベンチマーク

AnTuTu v8(参考値):総合スコア約568000点、GPUスコア約220000点

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ8GB+容量256GB
メモリ12GB+容量256GB
メモリ12GB+容量512GB
ストレージカード 非対応
カメラ
メインカメラ 108MP+20MP+12MP+8MP
特性:広角+望遠+ポートレート+ナイトモード
F値:1.69+2.2+2.0+2.0
AI:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:1 / 1.33
PXサイズ:1.6μm
前面カメラ 20MP
特性:ビューティー+ポートレート
F値:非公表
AI:対応
手ぶれ補正:非対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BEIDOU、GALILEO、QZSS
センサー 指紋認証(背面/画面内蔵/画面下部ベゼル/側面)、顔認証、超音波距離センサー、周囲光センサー、加速度センサー、ジャイロ、電子コンパス、ホールセンサー、リニアモーター、赤外線リモコン、、後部光センサー、レーザーフォーカスセンサー
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック なし
NFC NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
その他機能 AAC/LDAC/LHDC/apt-X/apt-X HD/apt-X-Adaptive
バッテリー
バッテリー容量 4,500mAh
充電 有線充電:50W
ワイヤレス充電:30W・逆充電は10W
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

Xiaomi Mi 10 Pro

スペック表に関する免責事項

Xiaomi Mi 10 Proの発売時期と価格

Xiaomi Mi 10 Proの発売時期は2月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ8GB/容量256GB:4999元(約78,600円)
  • メモリ12GB/容量256GB:5499元(約86,500円)
  • メモリ12GB/容量256GB:5999元(約94,500円)

Xiaomi Mi 10 Proの性能をチェック!

Xiaomi Mi 10 Proは発売時点で最高峰の性能となるハイエンドモデルです!各社のフラッグシップモデルに多く採用される性能帯で先進的な技術や最新鋭のカメラ、機能が盛り込まれている事が多いです!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定を高くしても非常に快適に遊べる。ゲーマーにもおすすめ

Xiaomi Mi 10 Pro(Snapdragon 865)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだXiaomi Mi 10 Pro実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 865」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • AnTuTu v8(参考値):総合スコア約568,000点、GPUスコア約220,000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でXiaomi Mi 10 Proが搭載するQualcomm Snapdragon 865の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!↓

AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓
実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/05更新]

Xiaomi Mi 10 Proの対応バンドをチェック!

Xiaomi Mi 10 Proは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

Xiaomi Mi 10 Proのドコモ回線対応状況

Xiaomi Mi 10 ProのLTEですが、全国区をカバーするバンド1や東名阪の高速通信バンド3には対応していますが、残念ながら地下や郊外での繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に非対応です。。。また、3Gも山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアのバンド6には対応していません。。。

Xiaomi Mi 10 Proはドコモ回線で利用する複数のバンドに対応していますが、ドコモが販売する端末よりエリアが狭くなったり圏外率が高くなる可能性があります!

Xiaomi Mi 10 Proのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Xiaomi Mi 10 ProのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

Xiaomi Mi 10 Proはソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でXiaomi Mi 10 Proをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

Xiaomi Mi 10 Proのau回線対応状況

Xiaomi Mi 10 Proは通話もデータもLTEを利用するau VoLTE SIMで必須となるバンドに対応していないので非対応です。

Xiaomi Mi 10 Proの特徴ピックアップ!集大成モデルを隅々までチェック!

カラーは2色!スタイリッシュな造形が美しい

▼Xiaomi Mi 10とは打って変わって、カラーはブラック、ホワイトの2色のみ!飾らない、ムダのないシンプルなチョイスで非常にオトナ感漂います。

Xiaomi Mi 10 Pro

シンプルでありながら地味で終わらせないのがXiaomiのこだわり。側面は曲面仕立てで非常になめらかな印象を与えます!↓

Xiaomi Mi 10 Pro

それに伴ってディスプレイも曲面化しエッジ型となりまして、持った感じは「薄型感」を感じ取れるそうです。見た目もスマートで良いね!エッジディスプレイは操作性など賛否分かれる部分ではあるんですけども、近未来感と持ちやすさというメリットもあるんですよね。

▼さらに、下部ベゼル部分も薄くなっているという進化もみられます!↓

Xiaomi Mi 10 Pro

先代Xiaomi Mi 9では下部のベゼル幅は3.6mm…と、側面のベゼル幅よりどうしても厚かったため「アンバランスなんじゃねえか」という声もあったんですが、Xiaomi Mi 10 Proは3.32mmに細くなりました!側面のベゼル幅とほぼ見分けがつかないぐらいで、よりスマートさに拍車をかけております。

ディスプレイの性能も大幅進化!遠慮一切なしです

▼Xiaomi Mi 10 Proのディスプレイについてなんですが、サイズは6.67インチ、エッジ型、有機EL式になっております!左上に小さいパンチホールがあり、今までの水滴ノッチよりも邪魔にならないのが特徴的!↓

Xiaomi Mi 10 Pro

…と、ここまでは昨今のスマホのトレンドに倣っていますが、それだけじゃあありません。

映像の美しさから高級テレビが挙って採用している有機ELディスプレイが凄い。HDR 10対応でさらにコントラスト比は5000000:1に強化、また、色もメチャクチャ細かく表示されるようになっているんですって!

フレームレートも90Hz表示に対応し、さらにサンプリングレートは180Hzに強化!処理回数を大幅に増加させることで、普段使いもゲームプレイも超ヌルヌルサクサクな画面を楽しめるんです。

まさに「Xiaomi史上最強のディスプレイ」。その凄さを体感したくてたまらねぇ!

クアッドカメラは1億画素で性能がヤバスギ!

▼Xiaomi Mi 10 Proのカメラ。カッコいいですね!トリプルカメラにさらに1個載せましたって感じで特別感があってすげえ好きっす。↓

Xiaomi Mi 10 Pro

カメラは上から望遠、ポートレート、AI対応のメイン、超広角という構成!また、ポートレートとメインカメラの間にはToFセンサーが埋め込まれています。ちなみに数少ないXiaomi Mi 10との判別ポイントでもありますよ!

結構カメラ出っ張ってる感は否めない!

▼真横からの写真見て気づいたんすけど、Xiaomi Mi 10 Proのカメラ、結構出っ張ってる気がする。カメラがビヨビヨ~ン。

Xiaomi Mi 10 Pro

出っ張りカメラ形状なスマホはそう珍しくないんすけどXiaomi Mi 10 Proは一段と出っ張ってる感じなんでそこんとこ注意っす。ケースは付けたほうが良いかもね。

世界第一位に君臨したカメラ性能の実力は別格だ

メインのカメラの画素数は驚異の108MP!1億画素超えなんす。圧倒的描写力と精細さ、そして最新ハイパワーSoCで映し出す世界は別格と言わざるをえない。AIにも対応しており、被写体によって最適な調整を施すのもポイント!↓

Xiaomi Mi 10 Pro

Xiaomi Mi 10 Pro

▼便利な超広角カメラを搭載しているのも嬉しいポイントすね!室内や広大な風景、集団を撮りたいような「1歩引きたい状況」で役に立つんです。視野角は117°、歪み補正も付いているみたいで、端っこが歪んでないのもイイネ!

Xiaomi Mi 10 Pro

望遠もスゴいのがXiaomi Mi 10 Proの魅力。ハイブリッド光学ズームは10倍まで対応!デジタルとは違い、細かさそのままで劣化が少ないままで10倍までズーム出来るんです。以下はサンプルで、左が通常、右がズーム!↓

ポートレートの専用カメラを搭載したことで背景ボケ写真もお手の物!一眼レフのような出来栄えで、被写体を強調したいシーンで活躍できますぞ!↓

Xiaomi Mi 10 Pro

▼この品質を買われてか、世界大手の検証サイト「DxOMark」では、カメラ性能で124点を獲得。堂々の世界第1位の座をもぎとりました。すげー!!

Xiaomi Mi 10

これまではSAMSUNGやHUAWEIの天下であったDxOMark。今、XiaomiはMi Note 10を筆頭にトップの座に食らいつつあります。この圧倒的性能のXiaomi Mi 10 Pro、是非とも実機を拝んでみたいっすね!

Xiaomi Mi 10 Proのカメラとオーディオ、DxOMarkスコアでトップを獲得!

▼Xiaomi Mi 10 Proの弟分ですが、実機で撮影した写真も記事で取り上げているので是非ご確認下さい!↓

Xiaomi Mi 10の実機撮影サンプル写真が公開!108MPカメラの実力はイカに!?

エンタメ機能もゲーミング機能も充実。画面もサウンドも上質!

Xiaomi Mi 10 Proはステレオスピーカーを採用!これまでのスマホのスピーカーよりもユニットを大型化しているとのことで、さらに臨場感あふれるサウンドを奏でるそうっす。↓

Xiaomi Mi 10 Pro

▼さらにゲームブースト機能を搭載!ゲーム中に通知や着信で邪魔される心配が無用になる、ゲーマーさんにとって嬉しいポイントっすね。↓

Xiaomi Mi 10

最新OS「MIUI 11」は超便利ツールボックスや画面録画が使えるぞ

▼Android 10をベースにしたXiaomi独自OS「MIUI 11」を内蔵!筆者もMIUIを使ったことあるんでわかるんですが、数ある独自OSでもトップクラスに使い勝手が良いんです。

Xiaomi Mi 10 Pro

ツールボックス機能を搭載!これはゲーム中だけでなく動画視聴など、様々な場面で活用できる便利機能でございます!↓

Xiaomi Mi 10

たとえば、動画見ているときにメッセージを返したいなって時に、わざわざアプリを切り替えんでもメッセージを返せて便利。他にもWi-fiやSIMカード切り替え、トリミングスクリーンショットといった「かゆいトコロに手が届く」ような便利な機能を持ち合わせております。

▼個人的に一番便利だなって思う独自機能、それは画面録画!

Xiaomi Mi 10 Pro

画面録画はアプリを入れれば他のスマホでも可能なんですが、音声はマイクからしか拾えないため、ゲームプレイを録画したい場合でもキレイな音声を拾えないってネックがありました。

でもMIUIだと、システムサウンドを録音できるのでゲームプレイをキレイに録画可能なんです!SNSにシェアしたい場合やハイライトを見返したい時にとっても便利なんですよ。これもゲーム配信者さんにとって欠かせないって位便利な機能でございます!

Xiaomi Mi 10 Proまとめ!フラグシップの中のフラグシップモデル。これがXiaomiの集大成だ!

Xiaomi Mi 10 Pro

Xiaomi Mi 10は「機能を盛り込み正統進化したフラグシップモデル」なんですが、その上をさらにゆくのがXiaomi Mi 10 Pro。

最強SoCのSnapdragon 865、メモリも保存容量もパソコン並、カメラは世界トップと認められる品質、ディスプレイもヌルヌルサクサク、それでいてカラーリングは無骨というチョイス。まさに「プロフェッショナルなオトナ向け」の機種といえるでしょう。ビジネススーツを来ている人にお似合いかも。

価格なんですが、世界最高峰のSnapdragon 865を搭載かつ世界1位のカメラスペックを持ちながら、お値段は日本円で約78,600円から。最大構成メモリ12GB/容量512GBでも約94,500円。10万切ってる時点でもう安く感じるんですよね。肩書きを考えると安いと感じる筆者はオカシイノダロウカ?

ただし!イヤホンジャックなし、MicroSD非対応、防水防塵のIP等級なし、対応バンドもソフバン系だけフル対応といった「良くも悪くも海外製スマホらしい部分」には注意しましょう!ここまで切り詰めているからこそ価格は10万を切ってくれたのかもしれませんね。

「最強」を求めるユーザーさんにオススメしたいXiaomi Mi 10 Pro。

さらにセールで安くなれば狙い目ですよ!新たに情報が分かり次第TwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

▼Proの付いていない【Xiaomi Mi 10】の詳しい記事も公開しています!↓

Xiaomi Mi 10のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Xiaomi Mi 10 Proの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではXiaomi Mi 10 Proをお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

現在、Xiaomi Mi 10 Proの割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、次の項目で紹介している最安値ショップでゲットして下さい!

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

Xiaomi Mi 10 Proの購入先情報

購入先が分かり次第追記します!

Xiaomi Mi 10 Proの公式サイト

Xiaomi Mi 10 Proの公式サイトは以下です!

ページトップへ