▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Xiaomi Mi CC9eのスペック、対応バンド、価格、特徴!

Xiaomi Mi CC9e

Xiaomi Mi CC9eはSnapdragon 665を搭載するスマートフォン。高いパフォーマンスと高機能なカメラを搭載しながら非常に安価な価格設定が魅力の端末。本端末のグローバルモデルがAndroid One仕様のXiaomi Mi A3 Liteではないかと言われています。

▼追記:Xiaomi Mi CC9eをベースとしたAndroid One仕様のスマートフォンは「Xiaomi Mi A3」として発売となりました。以下の記事で詳細を纏めています。↓

Xiaomi Mi A3のスペック、対応バンド、価格、特徴!

Xiaomi Mi CC9eの実機レビューを募集中!

本機の読者レビュー投稿を募集しています!実機をお持ちの方は是非、読者レビューをご投稿下さい!ご投稿頂いた方は最大5,000円分のAmazonギフトをプレゼント中です!読者レビュー投稿に興味の有る方は以下をご覧下さい!

Xiaomi Mi CC9eの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Xiaomi Mi CC9e
型番/別名 別名:Mi A3(グローバルモデル)
発売年 2019年7月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Xiaomi
言語 日本語対応不明!情報求む!
対応バンド・ネットワーク
2G 2/3/5/8/BC0
3G 1/5/8/34/39
4G 1/3/5/8/34/38/39/40/41
ドコモ対応状況

必須バンド非対応
圏外率が高くなったりエリアが狭くなります
プラチナバンド19非対応
FOMAプラスエリア非対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

非対応

SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 6.088インチ/有機EL/GorillaGlass 5
解像度 1560×720/HD+/画面比率19.2:9
画素密度 282ppi/ドットの粗さが気になるかも
サイズ 高さ153.48mm
横幅71.85mm
厚さ8.475mm 
重さ 173.8g
本体色 ブラック系/ホワイト系/ブルー系
システム仕様
OS Android 9.0/MIUI 10
SoC Snapdragon 665
CPU A73×4/A53×4/2GHz/8コア
GPU Adreno 610
ベンチマーク AnTuTu(参考):総合スコア125000点、3Dスコア:31700点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB
メモリ6GB+容量64GB
メモリ6GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応/最大256GB/片方のスロット共用
カメラ
メインカメラ 48MP+8MP+2MP
3カメラ仕様
AI対応カメラ
メイン+超広角+深度
F値1.79+2.2+2.4
PXサイズ:1.6μm+1.12μm+1.75μm
前面カメラ 32MP
1カメラ仕様
AI対応カメラ
F値2.0
PXサイズ:1.6μm
カメラ備考 最大画素数/1080P、最大FPS/60FPS
機能仕様・センサー
GPS GPS、A-GPS、GLONASS
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 なし
その他機能 ゲームターボモード
バッテリー
バッテリー容量 4030mAh
充電 有線充電:10W(5V/2A)
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 メモリ4GB+容量64GB:1299元(約2万円)
メモリ6GB+容量64GB:1399元(約2.2万円)
メモリ6GB+容量128GB:1599元(約2.5万円)
購入先/割引情報

Xiaomi Mi CC9e

端末詳細記事

公式ストア

スペック表に関する免責事項

Xiaomi Mi CC9eの発売時期と価格

Xiaomi Mi CC9eの発売時期は7月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ4GB+容量64GB:1299元(約2万円)
  • メモリ6GB+容量64GB:1399元(約2.2万円)
  • メモリ6GB+容量128GB:1599元(約2.5万円)

Xiaomi Mi CC9eの性能をチェック!

Xiaomi Mi CC9eは販売時点でミドルレンジ帯の中で中間の性能ランクとなるモデル!普段使いでは困らない性能と安価な価格設定からコスパを求めるユーザーに人気の性能帯です!また、各社が力を入れている性能帯でもあるので、トレンド機能などが多く搭載される性能帯です!

  • 普段使い:不満を抱く事が少ない動作
  • ゲーム:2Dまたは軽い3Dゲームは軽快に動くゲームが多いが、重量級ゲームでは動作の鈍さを感じる事がある

Xiaomi Mi CC9e(Snapdragon 665)のAnTuTuスコア

まだXiaomi Mi CC9e実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 665」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 665(参考):総合スコアが125000点、ゲーム性能(GPU)が31500点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でXiaomi Mi CC9eが搭載するSnapdragon 665の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!

855
(ハイエンド)
710
(ミドルレンジ最上位)
660
(ミドルレンジ上位)
630
(ミドルレンジ)
450
(エントリー)
総合:約36.2万点
3D:約15.7万点
総合:約16.5万点
3D:約4.7万点
総合:約13.5万点
3D:約2.9万点
総合:約8.6万点
3D:約1.8万点
総合:約7.1万点
3D:約1.2万点

▼実機をお持ちの方は是非AnTuTuベンチマークスコアをご投稿下さい!初回投稿の方は本記事に投稿頂いたベンチマークを掲載致します!

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Xiaomi Mi CC9eの対応バンドをチェック!

Xiaomi Mi CC9eは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

Xiaomi Mi CC9eのドコモ回線対応状況

Xiaomi Mi CC9eのLTEですが、全国区をカバーするバンド1や東名阪の高速通信バンド3には対応していますが、残念ながら地下や郊外での繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に非対応です。。。また、3Gも山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアのバンド6には対応していません。。。

Xiaomi Mi CC9eはドコモ回線で利用する複数のバンドに対応していますが、ドコモが販売する端末よりエリアが狭くなったり圏外率が高くなる可能性があります!

Xiaomi Mi CC9eのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Xiaomi Mi CC9eのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

Xiaomi Mi CC9eはソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でXiaomi Mi CC9eをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

Xiaomi Mi CC9eのau回線対応状況

Xiaomi Mi CC9eは通話もデータもLTEを利用するau VoLTE SIMで必須となるバンドに対応していないので非対応です。

Xiaomi Mi CC9eの公式サイト

Xiaomi Mi CC9eの公式サイトは以下です!

Xiaomi Mi CC9eの特徴 – コスパに優れる

Xiaomi Mi CC9eの特徴ですが、最安構成で約2万円とエントリーレベルの価格ながら、パフォーマンスの高いSnapdragon 665の搭載やSONYセンサーを採用する4800万画素カメラ、超広角カメラ、深度カメラのトリプルカメラ仕様など非常にコストパフォーマンスに優れている端末です。

ボディ形状は3D曲面ガラスボディを採用!美しすぎるぜ

▼ご覧ください。すげーロマンティック。ご覧くださいよこの美しさ。なんじゃこりゃ。↓

Xiaomi Mi CC9e

光の差し込みで色が変化するグラデーションカラーだけでなく、青色に至っては反射で独特なパターンの光り方を演出するっていう宝石じみた美しさ。

公式サイトではそれぞれのカラーに名前がついてて、青は「青い惑星」白は「白い恋人」そして黒は「闇夜の王子様」なんですって。超幻想的センス!!外観が美しい中国スマホは数多いですが、個人的にはこのシリーズはトップクラスに美しいなって思います。メッチャ実機を拝みたい!!!

カメラはフロントもリアも一切妥協のないフルパワー構成!

▼背面カメラは4,800万画素+800万画素+200万画素のトリプル構成!メインはソニー製センサーでF値も1.79と品質も暗所での撮影も非常に期待できそうす。超広角撮影にもしっかり対応!風景や室内撮影でもバッチリ一枚に収めることができます。

Xiaomi Mi CC9e

今回のカメラ性能には個人的にメチャメチャ期待が出来ます。同社XiaomiのMi 9はDxOMarkで世界トップクラスと認められたカメラ性能を誇っています。で、そのXiaomiがカメラ性能と外観に注力したのがこのCC9シリーズ。つまり最強の予感!!!

▼さらにすごいのはフロントカメラの画素数の高さ。3,200万画素とXiaomi含め全スマホ中最高クラス!さらに背景ぼかしAIにも対応しており、いつだって品質バッチリな自撮りもできる!セルフィー好きにとてもうれしい性能です。↓

Xiaomi Mi CC9e

有機EL+水滴ノッチ+指紋認証搭載とトレンドを取り入れたディスプレイ!

▼ディスプレイは6.088インチでXiaomi Mi 9同様に水滴ノッチ採用!高い画面占有率で見やすさをアップしています。しかも画面発色にすぐれた有機ELですよ!「廉価版のくせに有機ELだとぉ!?」って、もう筆者はビックリでした。コスパやばすぎンぜ。

Xiaomi Mi CC9e

さらに便利な画面内指紋認証を搭載!これはうれしい機能ですよ。近未来的なスタイリッシュさが素敵で取り回しも良好。スタイリッシュなロック解除をお友達に見せびらかせて自慢だってできちゃいます。

廉価版の宿命か解像度だけは1,560×720のHD+となっております。といってもよっぽど近づかなければ気にはなりません。むしろ電池消費の軽さ、焼き付きにくさを考えるとこっちのほうがイイなーなんて思ったり。

MicroSDスロット+イヤホンジャック搭載!すごくうれしいポイント

▼外観を調べたらなんとイヤホンジャックの穴が!!!マジか!!ってリアルに声もれました。しかもMicroSD(256GBまで)も対応してます。公式ページにもシッカリ記載!↓

Xiaomi Mi CC9e

最近は廉価版スマホでさえも削ってくる機能を見事に搭載。これは意外でした。

カメラ画素数が4,800万画素と高いのはいいんですけど、そのせいで一枚一枚の画像サイズが大きくなってしまうので本体容量がパンパンになりがちって悩みも抱えます。でもそんな悩みもMicroSDカードをサクっとさすだけで、手軽に容量問題を解消できますよ。メモリにこだわらなければ、最小構成で十分といえます。流石!!

バッテリーは4030mAhで大きい!そして軽い!

4,030mAhと大容量バッテリーながらも本体重量は174g。持ち易さもしっかり確保。↓

Xiaomi Mi CC9e

顧客層をしっかり考えてるなぁって印象。若い学生さんでも女性の方でも筆者(モヤシ)でも負担なく取り回せるのもGoodポイントですぞ!

Xiaomi CC9eまとめ。コスパ最強すぎる。まる。

いやぁ、ただでさえ中国スマホはコスパがいいって言われていますが、今回のXiaomi CC9eはその中でもぶっちぎりでコスパ高いなって印象です。4,800万画素のトリプルカメラ、画面内指紋認証で有機EL、美しいカラーとフラッグシップ並みの要素を詰め込みつつ、SoCと解像度をちょっと落としただけで279.99ドル(日本円にして3万円ちょっと)で出せるなんて誰が予想できたでしょうか。

▼筆者もXiaomi Mi 9 SEを持っているんですけども購入当時は「まさか36,000円ちょっとでここまでの機能を持ったスマホはないべな!」なんて慢心まるだしで思ってました。↓

で、買ってわずか2か月でこの機種登場で見事完敗。SoCと解像度はMi 9 SEが優れているんですが、このCC9eはカメラも外観も同等レベルあるいはそれ以上のレベルで、おまけにイヤホンジャックとMicroSD対応っていう役満揃いなんですよ。悔しさと嬉しさで吐きそう。この機種すっげぇエモい。筆者はそんなXiaomiが大好きです。皆さん、ファンになりましょう(布教)。

Xiaomi Mi CC9eの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではXiaomi Mi CC9eをお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

現在、Xiaomi Mi CC9eの割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、次の項目で紹介している最安値ショップでゲットして下さい!

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

Xiaomi Mi CC9eの購入先情報

Xiaomi Mi CC9eは以下で取り扱っています!

ページトップへ