1100-150 Xiaomi 14

8 Gen 2搭載ハイエンドタブ「Xiaomi Pad 7 Pro」はグローバル版も存在?日本での発売に超期待!

Xiaomiから今後出るとウワサのXiaomi Pad 7 Proについて、一部スペックや発売地域といった情報が出てきましたよ!Snapdragon 8 Gen 2搭載らしく性能の高さもすげぇ期待!

上位版であるXiaomi Pad 7 Proの一部スペックが報じられる

Xiaomi Padといえば、かつて発売されたXiaomi Pad 5がコスパの良さから絶大な人気を誇ったことで知られています。

現時点で出ているのはXiaomi Pad 6シリーズ。無印はSnapdragon 870を、Pro版とMax版ではよりランクの高いSnapdragon 8+ Gen 1を搭載していました。

で今回、海外メディアサイトGSMChinaが報じた情報によれば、その次世代となるXiaomi Pad 7シリーズは無印、Pro、そしてUltraの3グレードで発表されるとのこと!

加えて一部スペックも報じられております。

まずタブレットの命といえるディスプレイですが、サイズは標準的な10インチサイズ。解像度は2,367×1,480と高めでLCD液晶を採用とのこと。

さらに画面の動きのなめらかさを示すリフレッシュレートは144Hzまで対応とされています。この点は先代モデルと同じですが、タブレットではまだまだ貴重な高リフレッシュレート対応モデル。対応しているだけでも嬉しいもんです。

SoCはSnapdragon 8 Gen 2とのこと!上述したSnapdragon 8+ Gen 1よりワンランク高いスペックを持ち、3Dゲームもさっくさく動かせるスゴイヤツ。原神含めたゲームプレイを楽しめる貴重なAndroidタブレットにもなるでしょう。

バッテリー容量は10,000mAhとこれまた大きく、更に120W急速充電も対応らしい!大画面かつ高解像度で144Hz対応ゆえに電池持ちはどれほど持つかはわかりませんが、充電の速さは間違いなく期待できますね。短時間でもたっぷり充電できるってのはマジでタイパ良い。

グローバル版も投入されるかも?日本での発売も期待!

同メディアが報じた情報によればXiaomi Pad 7 Proは中国版だけでなくグローバル版も投入されるとのことでした!これまでだと上位版だけは中国市場のみに限定されることが多かったので、こうなったらマジで嬉しいですね。

Xiaomi Padの5と6はいずれもグローバル版が出ており、さらに日本版での正式発売も果たされたモデル。ゆえに今回のXiaomi Pad 7 Proのグローバル版が出たとしたら、必然的に日本版の登場も期待してしまう。マジで気になるなこれ!

よしんば出たとしてこの通りのスペックになったとしたら、果たして日本価格はいくらになるんでしょうかね。5~6万円くらいかな~。これまでのモデルだと3~4万円で買えることもあっただけに、コスパの良さも期待したいもんです。

ページトップへ