ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Xperia 1 IIのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Xperia 1 Ⅱ

Xperia 1以来の超フラッグシップモデル「Xperia 1 II」爆誕。読みは「エクスペリア・ワン・マークツー」らしい。まさかの二代目、それでいて最新フラッグシップの名に恥じぬ機能性を秘めたXperia 1 IIをご紹介します。

スペックデータベース登録済み

▼同時発表された弟分のXperia 10 IIも掲載しております!↓

Xperia 10 IIのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

目次をクリックすると各項目へ移動します

Xperia 1 IIの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Xperia 1 II
型番/別名 Xperia 1 II
発売年 近日公開予定
情報アップデートをお待ち下さい!
発売地域 海外:SIMフリー
日本:不明
メーカー SONY
言語 日本語対応不明!情報求む!
対応バンド・ネットワーク
2G GSM GPRS / EDGE(Band850 / 900 / 1800 / 1900)
3G UMTS HSPA +(Band1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19)
4G LTE Cat19 / Cat13(Band1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 32 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 46 / 66)/ LTE 6CA / 2CA
5G Band n1 / n3 / n28 / n77 / n78
ドコモ対応状況

フル対応
プラチナバンド19対応
FOMAプラスエリア対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

フル対応
通信できるかは実機検証が必要

SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
VoLTE対応有無は非公表
Wi-Fi 802.11a / b / g / n(2.4GHz)/ n(5GHz)/ ac / ax / Wi-Fi MIMO 2x2
Bluetooth 5.1
本体仕様
ディスプレイ 6.5インチ/有機EL/画面占有率非公表
解像度 3,840×1,644/4K+/画面比率21:9
画素密度 643ppi/超高精細!ドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ166mm
横幅72mm
厚さ7.9mm
重さ 181g
本体色 ブラック系/ホワイト系/パープル系
システム仕様
OS Android 10
SoC Qualcomm Snapdragon 865 5G
CPU Kryo 585/2.84GHz×1+2.42GHz×3+1.80GHz×4/8コア
GPU Adreno 650
ベンチマーク AnTuTu v8(参考値):総合スコア約568000点、GPUスコア約220000点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ8GB+容量256GB
ストレージカード MicroSD対応/最大1TB/片方のSIMスロット共用
カメラ
メインカメラ 12MP+12MP+12MP+ToF
特性:通常+光学3倍望遠+超広角+ポートレート
F値:1.7+2.4+2.2
AI:対応
手ぶれ補正:対応(電子式)
センサーサイズ:1/1.7+1/3.4+1/2.55
PXサイズ:非公表
前面カメラ 8MP
特性:セルフィー、ポートレート
F値:2.0
AI:非公表
手ぶれ補正:対応(電子式)
センサーサイズ:1/4
PXサイズ:非公表
カメラ備考 ソニー製カメラと連動可能
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS
センサー 指紋認証(側面)、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 IP68
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
その他機能 PS4リモートプレイ機能搭載
ゲームモード搭載(ゲームエンハンサー)
バッテリー
バッテリー容量 4,000mAh
充電 有線充電:W数非公表(急速充電対応)
ワイヤレス充電:対応(W数非公表)
ポート USB Type-C
その他
価格 約145,000円
公式サイト

SONY Xperia 1 Ⅱ

スペック表に関する免責事項

Xperia 1 IIの発売時期と価格

Xperia 1 IIの発売時期は非公表ですが、価格は公表されております!

  • メモリ8GB/容量256GB:約145,000円

Xperia 1 IIの性能をチェック!

Xperia 1 IIは発売時点で最高峰の性能となるハイエンドモデルです!各社のフラッグシップモデルに多く採用される性能帯で先進的な技術や最新鋭のカメラ、機能が盛り込まれている事が多いです!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定を高くしても非常に快適に遊べる。ゲーマーにもおすすめ

Xperia 1 II(Snapdragon 865 5G)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだXperia 1 II実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 865 5G」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 865 5G(参考):総合スコアが568,000点、ゲーム性能(GPU)が220,000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でXperia 1 IIが搭載するSnapdragon 865 5Gの性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!↓

AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点
  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Xperia 1 IIの対応バンドをチェック!

※現在、海外モデルの対応バンド情報のみ公開されているので解説は海外モデルが対象です!

Xperia 1 IIのドコモ回線対応状況

Xperia 1 IIのLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3、地下や郊外の繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に対応。3Gも主力のバンド1に加え山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアに対応しています!

Xperia 1 IIはドコモで販売する端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするドコモ回線SIMはこれ!↓

Xperia 1 IIのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Xperia 1 IIのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

Xperia 1 IIはソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でXperia 1 IIをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

Xperia 1 IIのau回線対応状況

Xperia 1 IIは通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドにフル対応しています。しかしながらau回線はSIMフリースマートフォンと相性が悪くバンドに対応していても利用できない場合も多々あるので、実際にXperia 1 IIでau VoLTE SIMが利用できる確証を得てから検討して下さい。

auでは相互通信テストをクリアしていないとVoLTEが利用できない場合が多いので確認してみましょう

Xperia 1 IIの特徴ピックアップ!

これこそがXperiaよ!シンプル、機械的で魅惑なルックス

▼まさにXperiaといえばこのデザインですよね。Xperia 1 IIはイマドキのフラッグシップに多く見られた宝石のような外観と曲面デザインを選ばず、あえてシンプルなボディ形状にしています。それでいてXperia 1 IIとわかる機械的デザインが非常に絶妙でカッコいい!

Xperia 1 Ⅱ

右側面に音量キー、その下には電源キー一体型の指紋認証センサーを搭載!ここもXperiaらしさをしっかり受け継いでいますね!

▼さらに側面はiPhone 5S(iPhone SE)のような直角カッティング形状!角があるので持った感じはグリップ感が強そう!シンプル形状を好むユーザーさんにも嬉しいデザイン。筆者も大好き。地味にSIMトレイもツメで引き出せる形状なのがイイね!↓

Xperia 1 Ⅱ

Xperia 1 IIのカラーはブラック、パープル、ホワイトの3色!ここもXperiaらしいチョイスです。

▼ちなみに見た感じパープルは濃い紫ではなく、Xperia Aceのような薄い紫のようっすね!さながらラベンダーのような上品な色合いっす。↓

Xperia 1 Ⅱ

ディスプレイは嬉しいシンプル形状!やっぱこれだよね

▼Xperia 1 IIのディスプレイは見ての通りとっても長いのが特徴的。サイズは6.5インチと大画面な部類で、画面比率は21:9もあるんです!最近のスマホは19:9や20:9がほとんどなので、Xperia 1 IIは特段その長さを実感できそうですね。ちなみにフラッグシップモデルのXperia 1と同じ解像度っす。↓

Xperia 1 Ⅱその形状はノッチもパンチホールもなく、エッジもない「超フラット」な造形!わずかな角のカーブこそありますが、これも気にならない小ささ。「画面欠けのない、ありのままを楽しめる」というとても嬉しい形状ですね。エンタメもゲームもめいっぱい楽しめるし歪みもない!シンプルで飽きのこない安定感バツグンなチョイス。

▼また長い画面を活かした画面分割機能も魅力的!↓

Xperia 1 Ⅱ

一般的なAndroidでも画面分割は使えますが、比率によっては1画面1画面が小さくなって見づらくなったり操作しづらかったりでぶっちゃけ実用性低いんす。

Xperia 1 IIのような長いスマホなら画面分割操作も表示もイイカンジ!上画面で動画を流しながらSNSでハッシュタグ付けて感想を共有したり、マップ開きながらメールしたりといったマルチタスク作業がグーっと快適になるんすよね。

なお個人的にオススメなのは上で16:9の動画を流しながら作業することっす。下画面も16:9比率だから操作しやすいし、まるでもう1個画面が上に付いたような感覚で満足感も得られるしでオススメしたい!一度使うと結構手放せなくなるぞ!

形状も最高、そして性能も最高!

▼デザインも素晴らしいですがディスプレイの品質も超ハイレベル!有機ELを搭載し、解像度は3,840×1,644で4K画質!!ちなみに4K解像度ディスプレイスマホはXperiaのXZ2 PremiumとXperia 1、そしてXperia 1 IIしか搭載していません。↓

Xperia 1 Ⅱ

その画素密度は600ppiを超え、人間の目で粗さを感じること自体が不可能な神の領域。さらに、カメラで4K動画を撮影した際にも「ドットバイドットでそのまんまな精細さ」で再生できるんで、カメラで撮影も楽しくなっちゃうんですよね。思わずニヤニヤしちゃうぞ。

形状はノッチがなくカーブもごく僅か!ノッチやパンチホール、エッジが深い機種よりもより「ありのまま」な表示が楽しめるのも超魅力。フラットタイプなので表示の歪みもなく、エンタメ、動画、ゲーム、あらゆるシーンで最高のディスプレイ表示が期待できること間違いなし!

▼素材が有機ELなので黒い表示でも白っぽさを一切感じず、「真に引き締まった黒」を楽しめるのはもちろん、コントラスト比も強化されたことでこれまでのスマホよりさらに色の細かい表示も可能になったとのこと!さらに忠実な色の表示が出来るようになったそうです。↓

Xperia 1 Ⅱ

ZEISS監修トリプルカメラを搭載!性能は未知数でワクワク

Xperia 1 IIはトリプルカメラ構成!メイン、超広角、望遠カメラでいずれも12MPという構成です(ToFセンサーの画素数は非公表)!機能性を重視しただけあって、日常の様々なシーンでの活用が見込めます。↓

Xperia 1 Ⅱ

さらにカメラレンズはドイツのカール・ツァイス社の監修を受けており、ド真ん中にロゴが印字されているのも特徴的ですね!これまでのXperiaからどこまでカメラ性能が伸びたか実に期待できそう!ちなみに、ZEISS監修レンズを搭載したスマホはXperia 1 IIの他にもフィンランドのHMD Globalが手がける「Nokia」のスマホも搭載しているんです。Nokiaもいいぞ。

瞳を追跡する追跡オートフォーカスに対応し、人間でも動物さえも自動で焦点を合わせられるんだとか。これはお家のカワイイペット様を撮影するのに最高なのでは…??と思わされるのだ。

Xperia 1 Ⅱ

超高速フォーカス搭載!どんな瞬間も押さえられる!

▼Xperia 1 IIは性能だけでなく、機能性に突き詰めているのがスゴイトコロ。この3DのToFセンサーを用いた超高速オートフォーカスシステム、どんな動きのある被写体も一瞬でフォーカスを合わせて写真に変えちまうってんだから恐ろしい。↓

Xperia 1 Ⅱ

▼さらに高速フォーカスを用いた連射機能がすごい!1秒で20枚の超高速連射が可能!

Xperia 1 Ⅱ

▼もちろん連射しただけで、1枚1枚が写真として成り立ってなくちゃダメよね。でもXperia 1 IIならその心配もなさそう!どんなシーンもダイナミックな写真に変えられること請け合いっすね。↓

Xperia 1 Ⅱ

▼ToFセンサーとBIONZ X™for Mobileエンジン、大型のExmor RSの3つを活かすことで暗い場所でもブレ無き高速オートフォーカスで撮影が可能なんだとか。暗所でもキレイに撮れるナイトモード搭載スマホは多いんですが、暗所で高速オートフォーカスって聞いたことないんでとてもワクワクっす。↓

Xperia 1 Ⅱ

プロ向けマニュアルモード完備!

▼Xperia 1 IIは、Xperiaスマホならではのプロ向けマニュアルUIもしっかり完備!細かく設定を煮詰められるんでカメラマンな方でも満足感高そう!もちろんRAW出力も可能!

Xperia 1 Ⅱ

Xperia 1 IIは一眼レフにもなれる!真のカメラフォンを突き詰められそうだ

▼筆者はいろいろな変態的スマホを見てきましたが、Xperia 1 IIは間違いなくトップに位置するレベルの変態機能を搭載しております。これ、カメラとフュージョン…もとい合体してるんす。

Xperia 1 Ⅱ

SONY製に限られますが、カメラとフュージョンすることでXperiaをリモートディスプレイとして機能するんですって!専用の「Imaging Edge™Mobileアプリ」でワイヤレスで設定しつつ撮影でき、スマホに即座に保存が出来るんで面倒なデータ転送も不要に。ある意味スマホの次元を超越している…いや、これこそXperiaの変態的な魅力なんだろうなあ。もうこれ見たら欲しくなっちまうんす。

映画のように細かい設定で動画撮影も出来る!

▼Xperia 1 IIは写真の性能も機能ももちろん、動画撮影の設定もすごい煮詰められるんですよね。まさにプロ御用達って言葉が似合うスマホ。ISO感度、フレームレートなどを設定し、さながら映画のような仕上がりにも出来るんだそうです。↓

Xperia 1 Ⅱ

さらに21:9比率で保存もできるんでXperia 1 IIの画面いっぱいで再生も可能!そうでなくてもテレビなどで出力すれば上下に黒帯のあるリアルな映画モードで楽しめる、まさに映画スキーなためのスマホっすね!

イヤホンジャック復活!MicroSDスロットも完備!最高!

▼Xperia 1では泣く泣くイヤホンジャックを廃していましたが、なんと、Xperia 1 IIで見事イヤホンジャックが復活!おめでとー!!ちなみにTwitterのトレンドにも上がってましたね!↓

Xperia 1 Ⅱ

変換ケーブルだの無線イヤホンだの色々と代替手段はありますが、やはりあるのが一番だよね!充電しながら音楽や通話ができたり変換ケーブル別途で買い出す必要もなかったり、お気に入りのイヤホンを使えて遅延もなし!

さらに本体ストレージが256GBに加えて外部ストレージであるMicroSDカードもブッ挿せる!共用スロットなんでデュアルSIMと二者択一にはなりますが、手軽に大容量ストレージを使えたりデータのやり取りが様々なデバイスとカンタンにやり取りできるんでとても使い勝手がいいっすね!

ステレオ+Dolby Atmosでスピーカーサウンドもバッチリ

▼エンタメを楽しむには映像だけでなくサウンドも大事!Xperia 1 IIはそこを押さえており、ステレオスピーカーで2つのスピーカーから音声出力も対応!広がりのあるサウンドを味わえますよ!↓

Xperia 1 Ⅱ

ステレオスピーカーは偏りがなくなるだけじゃなく、横持ちした際に手でスピーカーをふさいで聞こえなくなってしまうって心配も減るんですよね、なのでエンタメだけでなくゲーム好きユーザーさんにも嬉しい機能なんでございます!

PS4コントローラともフュージョン可能!ゲーミング体験もGoodだぜ

▼Xperiaスマホでは貴重なゲームブースト機能も搭載!通知制御はもちろん設定可能!さらにパフォーマンスモードでタッチ応答速度とフレームレートを最大化することで操作性ときびきびさを向上したり。バッテリーセーブモードでゲームのパフォーマンスを押さえつつ長時間じーっくり楽しめたりと、スタイルに応じた設定の切り替えが可能なんですって!↓

Xperia 1 Ⅱ

▼Xperia 1 IIでスゴいのは、カメラとフュージョンできるだけでなくPS4コントローラーともがっちゃんこできちゃうって点。カメラだけじゃなくコントローラーまでフュージョンできるなんて!ニクい浮気者です。↓

Xperia 1 Ⅱ

PS4のリモートプレイももちろんの事、ゲームブーストアプリによってキーアサインを組めることでAndroidゲームにも使えるんですって!ゲーミングスマホとは異なった方向性で差をつけてます。わざわざスマホ用ゲームパッドを買わなくていいのも嬉しいポイント。

防水防塵は最高等級に対応!雨天などの状況でも安心

▼Xperia 1 IIはとても繊細そうで水に弱い機械って印象がありますがそれは大間違い。IP68の防水防塵に対応!お風呂でも真水に水ポチャしても大丈夫!↓

Xperia 1 Ⅱ

バッテリーは気になるけどワイヤレス充電に対応!

Xperia 1 IIのバッテリー性能は4,000mAh!平均よりちょっと上の容量!でも4K解像度かつ8GBのメモリがあるんで、電池もちは正直微妙そうな印象(´・ω・`)ただし充電は急速充電はもちろん、ワイヤレス充電にも対応!利便性は間違いなく良さそうです。

Xperia 1 IIまとめ。まさにスマートフォンの「在るべき姿」な正統派イケメンモデル

Xperia 1 Ⅱ

Xperia 1 IIぐらいフラッグシップモデルという言葉が似合うスマホ、個人的に他にないかも。

メモリと保存容量、SoC、カメラ性能は勿論のこと「機能性と利便性」というスマホに大事な部分もしっかり押さえてきている超魅力的構成。さらに5Gにも対応しており、かつ日本でも今春に5Gがどんどんサービス始まってくるんで国内発売の可能性も大!是非とも首を長くして待ちたいっすね!

表記スペックだけじゃあ見えない部分…スマホにはそれが結構あって、実際スペック見たのと使った感触とでは「ちょっと違うな」ってこともあったりするんですよね。Xperia 1 IIの場合はカメラの実際の出来や操作性がどうなんだろうって印象はあるんですが、少なくとも日常での利便性は間違いなさそうですね!

筆者の好みなんだけどやっぱノッチもカーブもエッジもなくてイヤホンジャック、MicroSDスロットがあるってすごいデカいよ。見た目のシンプルさだけでも惚れるスマホなんですが、変態御用達な機能性も豊富なんでガジェットスキーやXperiaファンにたまらんです。クッソ欲しい。

そして、Xperia 1 IIの価格なんですが、まさにフラッグシップスマホらしい10万超えの価格!ものすごい信心を試されそうですが、それだけの興味が湧いているので今のスマホから乗り換えてみようかなと考えさせられる、そんな1台なのでした。

Xperia 1 IIの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではXperia 1 IIをお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

現在、Xperia 1 IIの割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookでお伝えします!

Xperia 1 IIの購入先情報

購入先が分かり次第追記します!情報のアップデートをお待ち下さい!

Xperia 1 IIの公式サイト

Xperia 1 IIの公式サイトは以下です!

ページトップへ