POCO X5 Pro 5G-1100-150

小ぶりなハイエンド「Xperia 5 IV」発表!上位モデル譲りの機能が魅力。9月上旬発売

Sonyが新型スマホ「Xperia 5 IV」を発表!Xperia 1 IVの弟分モデルで小ぶりサイズになっているハイエンドモデル。先代になかったワイヤレス充電対応などスペックも強化されています!発売日は9月上旬を予定。

Xperia 5 IVの特徴

Xperia 5 IVの特徴は以下の通り!

Xperia 5 IVのハイライト

  • ハイエンドクラスのスペック
  • カラーはブラック、ホワイト、グリーンの3色
  • 6.1インチの有機ELディスプレイ。輝度が先代より50%アップ
  • バランスを重視したステレオスピーカー
  • メイン+超広角+望遠の3カメラでリアルタイムトラッキングに新対応
  • 5,000mAhバッテリー。ワイヤレス充電に対応
  • 配信に240Hz残像表示などが使えるゲームエンハンサー対応

▼Xperia 5 IVのデザインは先代モデルと異なり、側面がフラット形状に変化しています!カラーはブラック、ホワイト、グリーンの3色展開。↓

▼SoCは兄貴分Xperia 1 IVと同じくSnapdragon 8 Gen 1を採用。ハイエンド性能で快適操作もできそうな反面発熱も懸念されます。↓

ZEISS監修カメラはメイン+超広角+望遠の構成。前モデルで採用されていたペリスコープ型の望遠ではなく通常の望遠レンズとなったことで使い勝手は結構変わってきそうです。

機能としてはリアルタイム瞳AFに対応するほか、5シリーズでは初となる任意の被写体が動いてもフォーカスを合わせ続けるリアルタイムトラッキングに新たに対応するなど上位モデル譲りの機能に対応。

▼また120FPSの高速読み出しに対応する「Exmor RS for mobile」イメージセンサーを全てのカメラで採用しているのも注目ポイントです。↓

▼ディスプレイは6.1インチで欠けのないフルビュー形状。21:9と縦長で映画向けなアス比も続投です。有機ELで120Hzリフレッシュレートに対応しているほか、先代モデルよりも輝度が50%アップしたとのこと!↓

▼デュアルスピーカーは左右均等かつ前面に配列した「フルステージステレオスピーカー」なるタイプとなっており、左右バランスが良いそうです!うーん興味深い。聴いてみたい。↓

▼バッテリー容量は先代モデルよりも10%強ほど容量が増え小型ながらたっぷりサイズな5,000mAhに。急速充電は最短30分で約50%充電可能な急速充電に対応、長期間使ってもバッテリーを劣化させにくいいたわり充電機能も対応しています。↓

▼さらにXperia 5 IVはXperia 5シリーズ初となるワイヤレス充電に対応しているのも魅力ですよ!置くだけでサクっと充電できるほか、他デバイスへの給電にも対応!ワイヤレス非対応がもどかしかったんでこれは嬉しい。↓

▼ハイエンドモデルでは絶滅危惧種ともいえるイヤホンジャックもしっかり引き継いでいるのもナイスですね。↓

▼IP68防水防塵にもばっちり対応なので、水に濡れても壊れにくくなっているのもGood!長く使う上では欠かせない部分といえますね。↓

▼そしてXperia独自ともいえるシャッターボタンも搭載!普通のスマホとは一味違ったデジカメライクな使い方ができるのも魅力。筆者自身もXperia 1 IVで使っててかなり楽しかった部分なので続投は嬉しい!↓

そしてゲームプレイを補助するゲームエンハンサーにも対応しており、ゲームプレイの配信に黒表示を差し込む方式の240Hz表示、タッチサンプリングレート向上といった様々な機能も搭載されています。

9月上旬に発売予定

発売日は9月上旬予定。Xperiaのハイエンド・コンパクトモデル4代目もいよいよ登場しましたね。Snapdragon 8+ Gen 1ではなく無印SoCを搭載しているのがちょっと懸念点だけど、高性能で小型なモデルが欲しい方にとって良い相棒となってくれそうですな。

ただ冷却機構を搭載している記載がないしハイエンドSoCだしで発熱はやはりヤバそうな印象もある。ここが筆者にとって一番の懸念点に思えるんす。前に同SoCのXperia 1 IVのレビューもしていて、発熱がエグかったのでなおさらです。

▼Xperia 5 IVの詳細なスペック・対応バンドはこちら↓

Xperia 5 IV 海外版のスペック・対応バンドまとめ

▼Xperia 5 IIIとの違いは以下の記事をチェック!↓

「Xperia 5 IV」と「Xperia 5 III」の違いを比較

ページトップへ