ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

ZenFone 6正式発表。Snapdragon 855、回転カメラ、5000mAhバッテリーを搭載

▼タイアップキャンペーン!▼

月間100GB以上使える!ガルマックス経由なら長期契約不要で月額2,990円!期間限定&数量限定!お見逃し無く!

ZenFone 6

5月16日スペインのバレンシアでZenfone 6の発表がありました。型番はZS630KLになるそうです。

追記!詳細スペックや割引情報を以下の記事にまとめています!

ZenFone 6のカメラをチェック

ZenFone 6

本体正面にはノッチやパンチホールやカメラは一見ありません。実は背面カメラとフロントカメラが兼用になる跳ね上げ式カメラ(フリップカメラ180度回転)が備わっています。この回転式カメラはマニュアル操作だと2°刻みで自由に角度を調節することも可能。

カメラは48MP Sony IMX586(0.9μmピクセル、F/1.8絞り)と13MPの125°超広角カメラのデュアルカメラ仕様です。

フリップアップカメラにも耐久試験を行っており、液体金属で強度を高めています。ステンレスより軽く強度は4倍強い性質があり、落下しても重力センサーが感知し、素早くカメラを閉じる仕組みも取り入れられています。

カメラは回転する事でインカメラとしても利用できます。電子手ブレ補正機能を備えた60fpsで4Kビデオが撮影できる世界初の自撮りカメラとも言えますね。

回転機構を利用してパノラマを自動的に撮影したり、モーショントラッキング(動画内のある対象物の動きを読み取ること)を使用して被写体をフレームに固定したりZenFone 6特有の楽しみ方ができるのが魅力的。

その他、スーパーナイトモード撮影にも対応。アウトカメラが回転する事で、通常撮影~自撮り撮影まで高画質で撮影を楽しめることも大きな魅力的です。

ZenFone 6のディスプレイと筐体をチェック

ZenFone 6

ディスプレイのスクリーンサイズは6.4インチで寸法は159.1×75.4×8.4mm。画面占有率92%で液晶(IPS)を採用。 輝度600nitsでデジタルシネマ規格のDCI-P3にも準拠。

表面のガラスは傷がつきにくく落下に耐えるコーニングの強化ガラス「Gorilla Glass 6」を採用。背面のボディはアルミニウムが使用され、指紋認証は背面に付属しています。

ZenFone 6のSoC・メモリ・ストレージをチェック

Socは2019年5月時点でQualcommの最上級グレードSoCであるSnapdragon 855を搭載。

メモリとストレージの組み合わせはメモリ6GB+容量64GB、メモリ6GB+容量128GB、メモリ8GB+容量256GBとなっており、カードスロットはデュアルSIMと2TまでのMicroSDに対応しています。

ZenFone 6のスピーカーをチェック

スピーカーはデュアルアンプを搭載しており、Hi-Res Audio認定を受けています。

イヤホンジャックを搭載しているのも嬉しいですね。もちろんZenEarヘッドフォン(同じくHi-Res認定)にも対応しており高品質のクリアなサウンドが楽しめるのがいいですね。

ZenFone 6のバッテリーをチェック

バッテリーはQuick Charge4.0(18W)に対応する5000mAhの大容量。

バッテリーが大容量なので充電するサイクルが少なく、その分バッテリーの寿命が長くなるとしています。ASUSによると、ワイヤレス充電は含まれていません。バッテリーの温度上昇の影響でバッテリー寿命に悪影響があるからです。

ZenFone 6はOSアップデートに期待できる

ASUSは機能強化にも取り組んでおり、Zenfone 6はAndroid9が入っていますが、Android 10 Qへのアップグレードを優先することを約束しています。将来的には次のバージョン「11 R」も提供する予定です。また、Zenfone 6は最低2年間のセキュリティパッチが提供される予定。

ZenFone 6の発売日をチェック

ZenFone 6

ASUS Zenfone 6は欧米で500〜600ユーロ/約6.1万円~7.3万円(昨年のZenfone 5zと同じ価格)で5月23日にASUS.comと小売店から発売。日本でも登場する可能性が高い機種だけに日本ASUSからのリリース案内に期待したいところです。

追記!詳細スペックや割引情報を以下の記事にまとめています!

ページトップへ