ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

ZenFone 6がFCC認証を通過

台湾メーカーのASUSが2月に出したアナウンスで新型ZenFoneに当たるZenFone 6を5月16日に発表することを明かして以来、その仕様について様々な予想がされてきましたが、今回の情報はそのZenFone 6がFCC(連邦通信委員会)の認証を通過したというものです。

標準モデルがハイエンド仕様?

これまでのZenFoneはZenFone 4がSnapdragon 660であるのに対してSnapdragon 835を搭載したZenFone 4 Pro、ZenFone 5はSnapdragon 636だけどZenFone 5ZはSnapdragon 845といった具合にベースとなるモデルにはミッドレンジ向けのSoC(スマホの脳みそに当たる部品)を搭載し、その上位モデルにハイエンド向けSoCを使用するという流れでした。

ところがFCCへの申請の内容によるとZenFone 6には最新のハイエンド向けSoCであるSnapdragon 855を搭載しているとのことです。昨年ASUSのCEOが代替わりしたことが影響しているのでしょうか。

背面カメラはデュアルカメラ?

▼ここ最近ではサムスンやファーウェイなどがこぞってトリプルカメラを採用しているのもあり、新型ZenFoneにもトリプルカメラが搭載されるのではないかと噂されてきました。しかし、今回の回路図を見た感じではデュアルカメラに見えます。

18Wの急速充電に対応

以下のFCCラベルの画像によると9V2Aの18W充電に対応しているようです。中国OPPOの「Super VOOC」ほどではありませんが一般的な5W充電に比べると十分高速に充電できると言えます。

▼この画像からもう一つわかることはIMEI番号が2つ記載されているのでデュアルSIMであるということです。

まだまだわからない点がいっぱい

今回の情報でZenFone 6がSnapdragon 855を搭載していること、18W急速充電に対応していることが判明し、アウトカメラはデュアルカメラであるという見方が強まっています。

しかしまだ判明していないこともたくさんあります。ASUSが2月に公表した画像からはディスプレイ上部にノッチがないことが推察されるのですがインカメラがどこにあるのかが気になるところです。

ポップアップカメラになるのかスライド式になるのかいろんな予想ができます。5月16日の正式発表が楽しみですね!

ページトップへ