ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Androidスマホを使っている方へ。その充電器はQuickCharge3.0に対応していますか?

dodocoolのQualcomm認証済みQuickcharge3.0対応充電器

そろそろ2016年冬モデルのAndroidスマホが登場しそうですが、最近のスマホって充電器が付属していないことが多いじゃないですか。例えば夏モデルで登場したXperiaXPerformanceは付属品に充電器が含まれていません。

最近だと何でもかんでもUSB対応の充電器で充電が可能なので、「家に転がっている古い充電器」を利用されている方も多いのではないでしょうか。

実は、スマホの充電機も端末同様に進化してるんです。

充電器もそろそろ最新のQuickCharge3.0に新調しましょう。

冒頭でお伝えした夏モデルのXperiaXPerformanceですが、充電規格はQuickCharge2.0に対応しています。が、QuickCharge2.0に対応した充電器は同梱されてません。つまり、家で転がっている充電器がQuickCharge2.0に未対応の場合、超高速な充電規格が利用できていません。

もうすぐ2016年冬モデルが登場しますが、主流となる充電規格は「QuickCharge3.0」です。夏モデルで採用されていた規格よりも更に進化しているんですね。

下位互換があるので最新の充電器を購入しても問題なし。

QuickChargeに対応している充電器は下位互換があるので、QuickCharge2.0などの前世代規格に対応しているスマホでも使えます。

何年も同じ充電器を使っているのであれば、劣化もしているはずなので新しく新調しましょう。案外、充電器ってスルーしがちですからね。

私が持っているのはdodocoolのQuickCharge3.0対応の充電器。

ガルマックスでお馴染みのdodocool製品。以前もポートが2つ(片方だけQuickCharge3.0対応)QuickCharge3.0充電器を紹介しましたが、今回紹介する充電器はポートが1つのタイプでお値段もリーズナブル。

▼本体には誇らしげにQuickCharge3.0の文字が書いてます。↓

しっかりとQualcomm認証のマークが刻まれてます

▼USBポートは1つのみのシンプルな充電器です。↓

ポートは1つだけでシンプル。その分安いです

▼プラグは固定式となってます。↓

プラグは折りたためません

▼下位互換があるので、QuickCharge2.0の端末に充電すると9Vまで上昇します。写真を撮影した時は端末の充電が96%程だったので0.63Aですが、モリモリ充電している時は1.5A前後で充電します。少し調べたらQuickChargeはバッテリーが満充電に近くなると自動的にAを下げて調整するみたいです。。↓

しっかりと9V出力してました

▼充電が減った状態で使ってみました。↓

garumax-IMG_6939

注意点はケーブルが「QuickCharge」に対応していないと本領を発揮しないこと。

USBケーブルがQuickChargeに対応していないと、QuickCharge2.0や3.0の規格で充電できない可能性が高いです。

QuickCharge対応のケーブルも必要です。9V/12Vに対応しているケーブルを探しましょう。

以下はQuickCharge2.0対応ケーブルですが3.0でも使えます。超高速充電は、端末、充電器、ケーブルの全てがQuickCharge規格に対応して本領を発揮します。

古い充電器を使い続けているならかなり充電時間が短縮できます。

2016年冬モデルでQuickCharge3.0に対応した端末が増えそうですが、今年の夏モデルなどはQuickCharge2.0に対応している製品が殆どですので、古い充電器を利用している方は劇的に充電時間が短縮出来ますよ。

あと、QuickCharge3.0を謳う製品は本製品のようにQualcomm認証のものを選んで下さい。単にQualcommのQuickCharge3.0に規格だけ合わせた製品もありますが、しっかりとQualcommの認証製品でないと充電器は危険です。

大手キャリアなどでは超高速な急速充電器はオプション扱いで数千円するので、安く最新の充電器を利用したい方はおすすめします。

ページトップへ