ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

スマホのカメラでガチ撮影しても良いんじゃない?三脚とスマホ固定台を利用してワンランク上の撮影を楽しもう!

P9liteと三脚、スマホ固定台を利用して撮影

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

携帯電話にカメラが搭載されてから、スマートフォンのカメラ性能は著しく向上しており、非常に綺麗な撮影が可能となりましたよね。

普段からパシャパシャとスマートフォンで撮影しているカメラ好きの方は、三脚とスマートフォン固定台を利用する事でワンランク上の撮影が楽しめます。

少し前にスマートフォンと三脚、スマホ固定台を利用して植物園で撮影してきました。

ちなみに今回利用したスマートフォンは、3万以下で購入可能な格安スマホ「P9lite」を使用しています。撮影した写真は全てこの端末

写真はクリック又はタップして頂くと縮小していないオリジナル画像がご覧いただけます。

三脚とスマホ固定台を利用することでこんな撮影ができました。

まず初めに、私は写真撮影に関して深い知識が無く勉強中。製品撮影こそバシバシやってますが、撮影をするために足を運ぶなんて初めて。でもすごく楽しかった!

今回利用した三脚とスマホ固定台はこれ。

▼三脚は3,000円以下の安いモデル。軽量で使いやすく初心者におすすめ。↓

BK-3300 (3段三脚)(量販店モデル)
ベルボン
売り上げランキング: 489,418

▼スマホ固定台は1,000円以下のもの。上の三脚に簡単に固定できます。アジャスターが付いているので6型くらいまでのスマホなら楽々で搭載可能。↓

スマートフォンを固定することで、ブレのない安定した写真が撮影可能。

スマートフォンを三脚に固定することにより、手ブレのないパリッとした撮影が可能となります。

▼三脚に固定することにより、しっかりとピント合わせが可能なので、通常撮影でも背景が若干ボケた仕上がりの撮影も簡単。

P9liteを三脚とスマホ固定台を利用してもみじを撮影

P9liteを三脚とスマホ固定台を利用して小さな水路を撮影

P9liteを三脚とスマホ固定台を利用してあじさいを撮影

P9liteを三脚とスマホ固定台を利用して紫のあじさいを撮影

P9liteを三脚とスマホ固定台を利用して葉っぱを撮影

P9liteを三脚とスマホ固定台を利用して撮影

P9liteを三脚とスマホ固定台を利用して小道を撮影

スマートフォンのカメラ機能をフルに利用可能。

スマートフォンのカメラは、カメラ機能が沢山搭載されています。例えば、スマートフォンを固定して撮影する事前提の撮影モードが搭載されている機種も多く、これらの機能を駆使して撮影を楽しむには三脚やスマホ固定台などを利用しなければうまく撮影が出来ません。

▼何気なく撮影した風景。スマホの通常撮影だとこんな感じに、シャッターを切った瞬間を記録します。↓

P9liteを三脚とスマホ固定台を利用して小さな滝を撮影

▼P9liteに搭載されている撮影モード「ライトペンディング」の「シルキーウォーター」設定にて撮影。なんかいい感じ↓

P9liteを三脚とスマホ固定台を利用してシルキーウォーター設定で撮影

シルキーウォーター設定での撮影では、シャッターを切る迄の時間を自由に調整可能です。一瞬でシャッターを切らずに、数秒間被写体のデータを取り込み続けるので、手持ちでブレてしまってはこの様な撮影は出来ません。

スマホのカメラでワンランク上の写真を撮影するなら三脚とスマホ固定台を利用しよう。

スマートフォンのカメラって、おまけ的な印象もありますが、晴天時の野外など光を多く取り込める環境では、驚くほど綺麗に撮影が可能です。

沢山のカメラ機能が搭載されているので、根こそぎ楽しむなら三脚とスマホ固定台を利用してワンランク上の撮影を楽しみましょう。

最近のスマートフォンだと、今回利用したP9liteの様にマニュアル設定が可能なモデルも多いので、カメラ好きな方はカメラ機能もチェックしてから購入検討してみてくださいね!

今回利用したスマートフォンと、三脚、スマホ固定台のリンクを残しておきますね!

▼利用したスマートフォンはファーウェイのP9lite。↓

▼初めての三脚は軽量で安いものがオススメ↓

BK-3300 (3段三脚)(量販店モデル)
ベルボン
売り上げランキング: 489,418

▼スマホ固定台は1,000円以下のもので十分です↓

ページトップへ