ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

UPQ Phone A01の新モデル「A01X」のスペックレビューと比較。

garumax-a01x (1)

UPQのデュアルLTE対応エントリースペックスマートフォン「UPQ Phone A01」の新モデルである「UPQ Phone A01X」が発売されました。新モデルといっても、マイナーチェンジです。

前モデルの実機レビューは「UPQ Phone A01を買ったので実機レビュー。LTEデュアルSim搭載で激安」で詳しく執筆しています。新モデルと基本スペックは同等ですので、ベンチマーク結果や、カメラ性能、画面操作時の動画など参考になるかと思います。

UPQ Phoneの「A01」と「A01X」を比較と性能評価。

項目前モデル
A01
新モデル
A01X
OSAndroid 5.1同左
CPUMediaTek
MT6735
4コア1.3GHz
同左
メモリ1GB同左
保存容量8GB16GB
液晶4.5型854×480
IPS
2点タッチ
4.5型854×480
IPS
5点タッチ
カメラ背面:500万画素
前面:200万画素
同左
対応バンドLTE
1/3/19/28

3G
1/19
同左
SimサイズmicroSIMx2
どっちもLTE/3G
同左
バッテリー1800mAh同左
サイズ133×66×8.6mm
118g
同左
カラーブルー・バイ・グリーン
ブラック
ホワイト
ブルー・バイ・グリーン
ブラック
ホワイト
ホワイトBG
備考microSD対応(最大32GB)
Wi-Fi:IEEE 802.11b/g/n
FMラジオ
同左
価格税込15,661円税込15,985円

基本動作性能に関わるパーツ構成は基本的に同じです。SOCにはMediaTekのMT6735(1.3GHzの4コア)、メモリは1GB、4.5型854×480ドット液晶を搭載しており、どちらのモデルもエントリースペックです。

どちらのモデルもLTE/3Gに対応したSIMスロットを2つ搭載していますので、運用の幅が広がります。

UPQ Phone A01Xは保存容量が2倍。

前モデルである「A01」の保存容量は8GBでしたが、新モデルの「A01X」では容量2倍の16GB。保存容量の中にはAndroid OSのシステムファイルも含むため約3.5GB程は購入時点で消費されています。

前モデルの「A01」購入時点で残り容量4.5GBほどですが、新モデルだと使える容量が10GB以上は確保されているのでありがたいですね。もちろん「A01」も最大32GBまでSDカードで拡張できるので、既に購入された方も悲観するほどではないですよ。

UPQ Phone A01Xは5点マルチタッチに対応。

前モデルの「A01」では2点タッチでしたが、新モデルの「A01X」は5点マルチタッチに対応してるそうです。

4.5インチのスマートフォンで5点マルチタッチは全く必要性を感じません。大型タブレットなら5点マルチタッチの恩恵はあるんでしょうけど、みなさんは普段スマートフォンを5本指で使います?

私はタップやスワイプに1点かズームするのに2点を使うくらいです。5点マルチタッチに心踊る事は無いです。

UPQ Phone A01Xは新カラー追加。

garumax-a01x (2)

前モデルの「A01」ではブルー・バイ・グリーン、ホワイト、ブラックの三色展開でしたが、新モデルの「A01X」では、ホワイトBGというカラーが1色追加されています。上の画像では右端のカラーが新色です。

選べるカラーが増えることで選ぶ楽しさも増すので、新カラー追加は良いですね。新カラーだと新モデルの所有満足度も増しそう。

端末価格が殆ど変わらないのでお買い得感は高い。

前モデルの「A01」は税込15,661円、新モデルの「A01X」は税込15,985円で、その差なんと324円。

公式サイトの新モデル製品ページに、購入先リンクが掲載されていますが、現時点でリンク先には飛べません。おそらく購入先での準備が整い次第、Storeから購入可能になるのでしょう。

前モデルのUPQ Phone A01がDMM mobileで5,500円のUPQ製イヤホンとセットでお値段据置の投げ売りを行っていますが、新モデル投入を控えていたからでしょうか。

執筆時点で前モデルのイヤホンセットは販売中ですので、欲しい方はお早めに。5,500円のイヤホン付きだとお買い得ですよ。ちなみにDMM mobileの格安SIMセットですので、お試しであれば解約手数料のない「データ通信SIM」にしましょう。

今から購入するなら新モデルの「UPQ Phone A01X」一択。

前モデルとの価格差が324円しか無いので、端末単体購入であれば新モデル一択ですね。

対応バンドはドコモ回線に合致したクアッドLTEに対応しているので、ドコモのネットワークを利用した格安SIMにしましょう。

UPQ Phone A01/Xはエントリースペックですが、デュアルLTEのSIMスロットを搭載するなど、使い方によっては非常にコストパフォーマンスが高い製品。

エントリースペックですので、沢山のアプリを立ち上げて切り替えながらの作業は苦手ですが、電話、メールやLINE、ネットサーフィン、モンストやねこあつめ等の2Dゲームくらいならこなせます。SoCの性能はそこそこ高いので処理的に重く感じたことはありません。

私も前モデルを現在も使っていますが、良いもの買ったと感じています。

手が出しやすい価格ですので、初めての格安スマホや子供、シニア向けとしても可愛らしくて良いんじゃないでしょうか。私はサブ端末として格安SIMを2枚挿してテザリング機&メイン機トラブル時の代替機として活用しています。

ページトップへ