ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Android O(8.0)でYou Tubeを小窓化!ピクチャーインピクチャー表示手順

  • ▼▼必ずチェック▼▼

    ガルマックスでは期間指定の割引クーポンや期間限定割引などを以下のページで全て告知!お得な情報を見逃さないように!

  • 【関連】期間限定のお得な情報一覧!

Android O(8.0)の新機能であるピクチャーインピクチャー機能を使ってみた。

どうも、ガルマックスの猶木(なおき)です。

Android O(8.0)で利用可能となるピクチャーインピクチャー機能。上の画像の様に、画面の好きな所でYou Tube動画などを小窓化して表示出来る機能で、手元にあるNexus 5Xで動作を確認できたので手順を残しておきます!

ピクチャーインピクチャー機能の有効可方法。

恐らく、Android O (8.0)の正式版がリリースされると設定方法も簡単になると思いますが、現時点では開発者プレビュー版での設定となります。

事前準備。システムUI調整ツールを有効可しよう!

▼画面上から下へスワイプすると”通知領域”が表示されるので、歯車マークを長押ししましょう。画面下に”システムUI調整ツールを設定に追加しました”と表示されると有効可完了↓

通知領域の上部に表示されている歯車マークをタップするとシステムUI調整ツールが有効化されます。

ピクチャーインピクチャー機能を設定する。

▼設定→システム→システムUI調整ツールをタップして進みます。↓

設定画面のシステム項目からシステムUI調整ツールを選択します。

▼ナビゲーションバーをタップして「その他左ボタンタイプ」又は「その他右ボタンタイプ」のどちらかを選択。僕は右にしてみました。ちなみに右ボタンはデフォルトでキーボードの切り替えが割り当てられているので、左がオススメかも。↓

ピクチャーインピクチャー機能を割り当てるため、左右のどちらかのボタンを選択します。

▼「その他の(左又は)右ボタンタイプ」をタップすると機能割当画面が出るので「キーコード」を選択しましょう。↓

ボタンに機能を割り当てる為にキーコードを選択します。

▼(左又は)右キーコードが表示されているのでタップして「171」に書き換えます。↓

キーコードを171に書き換えます。設定後はOKボタンを押して下さい。

▼この時点でナビゲーションバーの右側にピクチャーインピクチャーの機能割当が完了していますが、アイコンが表示されていません。「(左又は)右アイコン」から僕は「>右」アイコンに設定してみました。

ボタンを表示するためにボタンを任意のアイコンへ設定します。

You Tubeを小窓化して使ってみた!

▼いつも通りYou Tubeアプリで再生。この状態で先程追加した「>」アイコンをタップすると、ピクチャーインピクチャー機能が有効になり右下に小窓化されました。

You Tubeアプリで再生中に設定したボタンをタップすると小窓化されます。

▼小窓を指で動かすと”ある程度”小窓が動かせます。例えば画面外に小窓が入るようなら画面内に自動的に戻ってきます。

小窓はある程度ディスプレイ内で動かせます。

▼僕が導入した状態では、小窓をタップすると再生/一時停止/☓(小窓を閉じるボタン)が表示され、一時停止すると(小窓内の画面は乱れていますが)リスト表示やキャストボタン、共有ボタンが表示されました。

再生中に小窓をタップすると再生/一時停止可能。一時停止すると各種機能を利用可能です

動きのある動画も再生してみましたが、小窓でも滑らかに再生されていました。流石に文字系の動画は小窓だと小さすぎて読めないです(笑)

また、You Tubeアプリで再生→ピクチャーインピクチャーボタンを押して小窓化すると、画面ズレがたまーに起こります。

小窓をダブルタップするとYou Tubeアプリでの再生に切り替わるので、再度小窓化すると画面ズレが治る事が多いです。この辺りは開発版なのでこれから改善されるでしょう。

Android O(8.0)のピクチャーインピクチャーまとめ。

Android 7から2画面分割が出来るようになっていましたが、更に小さな小窓表示が可能で画面の好きな場所に移動出来るAndroid O(8.0)のピクチャーインピクチャー機能は中々使い勝手が良かったです。

どうせなら小窓サイズも無段階で調節出来れば更に扱いやすくなると思いますが、まだまだ開発版なので今後のバージョンアップに期待したいところですね!

最新のAndroid O(8.0)を先行導入可能なNexusシリーズを利用中の方は、是非試して下さいね!

Android O(8.0)に関するまとめ記事は以下からどうぞ!

ページトップへ