Blackview BV6300のスペックまとめ!LTEバンドが充実!逆充電可能タフネススマホ

 

▼もうレビュー出してるよ↓

【おすすめ】iPhone 12のレビュー! 【チェック】iPhone 12 Proのレビュー!

Blackview BV6300

Blackviewのエントリータフネスモデル「Blackview Blackview BV6300」のスペックと特徴をご紹介!高い耐久性とバッテリー容量はもちろん、LTEバンドが魅力なモデルとなります!変わった構成のクアッドカメラの品質も気になる!

Blackview BV6300の詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:Aliexpress公式ストア
信頼度:高
製品情報
端末名 BV6300
発売年 2020年9月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Blackview
備考 販売サイトAliExpressにて日本語対応の記載あり
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G 非公表
4G LTE FDD LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28A / 28B / 66
5G NR 非対応
Wi-Fi 非公表
Bluetooth 非公表
SIMサイズ・スロット 非公表
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
VoLTE対応
本体仕様
ディスプレイ 5.7インチ/液晶/画面占有率非公表
解像度 1,440×720(HD+)
画面比率 18 : 9
画素密度 282ppi/ドットの粗さが気になるかも
サイズ 高さ:159.6mm
横幅:78.2mm
厚さ:11.6mm
重さ 230g
本体色 ブラック系/オレンジ系/グリーン系/イエロー系
システム仕様
OS Android 10
CPU(SoC) MediaTek Helio A25
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約93,200点
GPUスコア約6,900点
(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ3GB+容量32GB
ストレージカード MicroSD対応(最大128GB)
※スロットタイプ非公表
カメラ
メインカメラ クアッドカメラ
①13MP(メイン、IMX258)
②0.3MP(補助カメラ、GC032A)
③0.3MP(補助カメラ、GC032A)
④0.3MP(補助カメラ、GC032A)
特性:HDR、ポートレート
AI:非公表
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
前面カメラ ベゼル内蔵式インカメラ
画素数:8MP(メイン、IMX134)
その他詳細非公表
機能仕様・センサー
GPS 非公表
センサー 指紋認証(背面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 IP68
IP69K、MIL-STD-810G規格取得
イヤホンジャック 非公表
NFC 対応(ただしFeliCa/おサイフケータイ非対応)
バッテリー
バッテリー容量 4,380mAh
充電 有線充電:非公表
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:対応(有線のみ)
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

AliExpress – BlackView BV6300

スペック表に関する免責事項

SoCはHelio A25を採用。エントリー性能で日常用途向け!

Blackview BV6300

Blackview BV6300は発売時点で性能が一番下っ端ランクとなるモデルです!非常に価格が安価であることから連絡用やサブ端末として人気の高い性能帯です!機能や性能よりもコスト重視となるので、カメラなどもオマケ程度が多いです!

  • 普段使い:動作の鈍さを感じる事がある
  • ゲーム:処理性能不足でゲームが起動できない場合もある

Blackview BV6300(Helio A25)のAnTuTuスコア

まだBlackview BV6300実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Helio A25」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。Helio A25の参考スコアは以下の通り。

  • 総合スコア(CPU):93,200点
  • ゲーム性能(GPU):6,900点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓

性能区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

タフネスモデルながらスッキリしたルックスが特徴!

▼Blackview Blackview BV6300の外観は意外にもシンプルテイスト。頑丈なタフネススマホ特有のゴツさを抑えており、個性的な見た目ながらも大人しい印象です!また重さは230g、厚みは11.6mmと、タフネスモデルの中では比較的スリムで軽量なのも特色。

Blackview BV6300

なお、公式画像ではカラーはブラック、オレンジ、グリーン、イエローの4色があるんですが、執筆時点で販売されているのはブラックとグリーンのみとなっております。他の色はまだ発売されてないみたい(´・ω・`)。

ノッチ無しのHD+ディスプレイを搭載!

Blackview Blackview BV6300のディスプレイサイズは5.7インチと小ぶり、かつ形状はノッチ、パンチホールといった欠けが一切ない、シンプルなスクエア形状となっております!無骨なタフネススマホとマッチした無骨なシンプル造形、筆者は大好きです。↓

Blackview BV6300
大きさは5.7インチ、解像度は1,400×720(HD+)、18:9比率のノッチなし液晶ディスプレイ

ただし解像度はHD+クラスで、一般的なFHDクラスよりも若干ドットの粗さを感じたり、YouTubeなど動画サービスでは720Pまでしか見られないという点には注意です!

流石タフネスモデル。防水防塵、耐衝撃にバッチリ対応!

▼スリムなエントリータフネススマホと侮るなかれ。Blackview Blackview BV6300は米軍規格であるMIL-STD-810Gを取得しており、水に沈もうがお湯を喰らおうが砂まみれになろうが落とそうがヘッチャラという耐久性の高さが魅力!↓

Blackview BV6300

▼背面もディスプレイも丈夫な素材を用いており、日常使い程度で壊れる心配はなさそう!アウトドアなシーンでも安心して使えるでしょう。↓

Blackview BV6300

カメラは補助カメラ3つを盛り込んだクアッドカメラ!

▼廉価エントリーモデルながらもBlackview Blackview BV6300はクアッドカメラを搭載!構成はメインカメラに、30万画素の補助カメラを3つも搭載するという一風変わった構成。↓

Blackview BV6300

おそらく過去モデルのBlackview A80 Pro同様に、メインカメラの撮影品質に特化しているものと思われます!光を取り入れるための補助カメラを3つも取り付けたことで、そのクオリティに期待できますね!

▼またエントリースマホでは珍しくナイトモードに対応!白飛びを抑え明るく撮影できるので、夜間や暗所の撮影でも結構品質に期待できそうす!↓

Blackview BV6300

▼背景をぼかすポートレート機能も搭載。また背景だけを黒塗り一色にするスタジオスタイル、ビューティースタイルにも新対応しているそうです!人物撮りも自撮りもイイカンジなクオリティに期待ですね!↓

Blackview BV6300

以前レビューしたBlackview A80 Proでは疑似ポートレート式で、「被写体問わず中心部分以外をぼかす」という仕様でしたが、Blackview Blackview BV6300では被写体認識、切り分けができるように改良されたのでしょうか?そこらへんが気になりますね。

便利な背面指紋センサーを搭載

▼エントリースマホではハブられがちな指紋センサーをBlackview Blackview BV6300はしっかり搭載!偉い!そして嬉しい!しかも側面独立式ではなく背面式なので、ポケットから出す際、手に取る際に自然な指の位置で認証出来るので使い勝手がとても良さそうな印象です!↓

Blackview BV6300

バッテリーは大容量の4,380mAhを搭載!

▼Blackview Blackview BV6300のバッテリー容量はエントリーモデルながらも大型サイズ!通常のスマホの平均以上の大きさで、ハイエンドと遜色ない電池もちが魅力です。↓

Blackview BV6300

公式によれば「動画再生は最長8時間」「ゲームは最長6時間」「通話は最長20時間」とのこと!普段使いとしても、緊急用のサブ機としても満足なスペックが魅力ですね!高い耐久性と相まって、キャンプやアウトドアシーンとの相性もバッチリ!

さらにBlackview Blackview BV6300をモバイルバッテリー代わりとして使えるのもGood!逆充電に対応しているので、他スマホやアクセサリー機器を充電することもできるんす。5,000mAh以上の容量のモバイルバッテリーでも無い限り、Blackview Blackview BV6300で事足りるのは素晴らしい!

Blackview BV6300の対応バンド

Blackview BV6300は海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

docomo回線の電波バンド対応状況

Blackview BV6300は4Gで重要なバンド1・3・19に対応しているので実用に問題はありません。

▼ガルマックスがオススメするドコモ回線の格安SIMはこれ!↓

またBlackview Blackview BV6300はdocomoで提供される5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n78(5G NR Sub6/3.6~3.7GHz)重要 ×
n79(5G NR Sub6/4.5~4.6GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/27.4~27.8GHz) ×

Softbank・ワイモバイル回線の電波バンド対応状況

Blackview BV6300は4Gで重要なバンド1・3・8に対応しているので実用に問題はありません。

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

またBlackview Blackview BV6300はSoftbankで提供される5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band41(4G TD LTE/2.5GHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n77(5G NR Sub6/3.9~4.0GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/29.1~29.5GHz) ×

au回線の電波バンド対応状況

Blackview BV6300は4Gで重要なバンド1・18・26に対応していますが、auはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

▼ガルマックスがオススメするau回線の格安SIMはこれ!↓

またBlackview Blackview BV6300はauで提供される5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band41(4G FDD LTE/2.5GHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GH) ×
n77(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz・4.0~4.1GHz)重要 ×
n78(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/27.8~28.2GHz) ×

楽天モバイル回線の電波バンド対応状況

Blackview BV6300は4Gで重要なバンド3・18・26に対応していますが、楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

▼300万人まで月額料金が1年間無料!まだ申し込んでない人は↓

またBlackview BV6300は楽天モバイルで提供される5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
n77(5G NR Sub6/3.8~ 3.9GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/27.0~27.4GHz) ×

まとめ:キホンをすべて抑えた安心スペックがGood

Blackview BV6300

Blackview Blackview BV6300は性能自体はエントリースペックで、アプリの処理速度だの3Dゲームにおいては力不足という点は否めません。ディスプレイも解像度が低めで、カメラも超広角やマクロのない構成。

しかし他部分においてのスペックを大きく高めており、高い耐久性で壊れる心配が殆ど無く、バッテリーは大型で逆充電にも対応。対応バンドは日本キャリア全てに対応し、バッテリーの大きさをイカしてモバイルルーター代わりとして使えるんですよね。

Blackview Blackview BV6300は少なくともサブ機としてはとても優秀といえるでしょう!メインのスマホがもし充電切れなどのピンチに陥った時に活躍できる、縁の下の力持ちって言葉が似合うんす。高い耐久性もあって、長く活躍させられそう!

Blackview BV6300の発売時期と価格・購入先

Blackview BV6300の発売時期は9月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ3GB/容量32GB:199.99ドル(約21,000円)

■メモリ3GB+容量32GB■
初出時価格→199.99ドル

過去最安値→199.99ドル

ページトップへ