ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

ドコモ FOMA(他社もOK)からスマホ乗り換えで利用料金大幅割引!併用割引で月額3,000円オフ!

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

回線選びに失敗したくない方向け

↓回線品質良好。利用料金が安いのに大手キャリアと使い勝手が大きく変わらないのが最大の魅力です。長期レビューをチェックしてみて下さい。↓

ウェルカムスマホ割

ドコモのFOMAだけでなく、他社(フューチャーフォン)からの乗り換えでも月々の利用料金が最大3,000円オフになるんです。

どうも、ガルマックスの猶木です。

月々の利用料金が最大毎月3,000円安くなるって素敵じゃないですか?年間だと36,000円。これはかなり大きいです。

今回はドコモが打ち出した「ウェルカムスマホ割」を紹介します。

ウェルカムスマホ割の発動条件

まずは、ウェルカムスマホ割が活用出来るかチェックしてみましょう。

大前提となるのが、FOMAを現在利用していること。スマートフォンじゃ無くてフューチャーフォンを利用してることが前提です。

ドコモで言えば「ドコモケータイ」「らくらくホン(スマートフォン以外)」「キッズケータイ」を利用している方。そして、ドコモ以外でもこれらに準じる他社フューチャーフォンを利用されている方も対象となります。範囲が広い!

続いて、FOMA(フューチャーフォン)を18ヶ月以上利用している事も条件に加わります。2年前にフューチャーフォンを契約された方は端末を新調するタイミングなのでちょうどいい感じにウェルカムスマホ割を利用できるって訳ですね。

注意点として、FOMA端末でもスマホの場合は対象外となりますのでご留意下さい。(例えばXi非対応スマホなど)

会社経営者さんも注目。法人でも適応OK

ウェルカムスマホ割は個人だけでなく法人でも適応OK。会社管理の携帯電話でFOMAや他社のフューチャーフォンを利用されているのであれば、月々の利用料金が割引価格となるのでウェルカムスマホ割は見逃せません。

利用料金割引の注意点と最大3,000円オフの利用料金で使う方法

まず、ウェルカムスマホ割が発動すると13ヶ月間、毎月の利用料金から1,500円が割引されます。

ウェルカムスマホ割での単体では月々1,500円の割引ですが、ドコモが展開しているdocomo withの対象機種を選択することで、追加でdocomo withの特典である月々1,500円の利用料金割引が適応となります。これで最大、毎月の利用料金から3,000円割引となります。

ウェルカムスマホ割とdocomo withの併用で最大月額3,000円オフ。

最大3,000円の割引はウェルカムスマホ割とdocomo withの割引を併用して13ヶ月間、その後はdocomo with割引で永年1,500円割引となります。

3,000円割引から1,500円割引に14ヶ月目から引き下げとなりますが、よくよく考えると、もともとの料金からウェルカムスマホ割で1,500円割引される時点でお得、docomo withで更にお得となるので、引き下げとなった場合でも結局のところ1,500円割引は維持されるのでお得です。

これは、活用しない手は無いですよね。

docomo withのスマートフォンは手頃な値段で普段使いにちょうど良い性能の端末が揃ってます。WEB閲覧や動画視聴、メールやLINE、SNS、カジュアルゲームなら問題なく動く性能を持つ端末が揃っているので、このような一般的な使い方であればdocomo with対象端末が凄くオススメ。利用料金も永年1,500円オフですし、回線維持するのも楽ちん。

通話だけ利用している方は注意

ウェルカムスマホ割やdocomo withは通話プラン+データパックのセット契約が必須なので、これまでフューチャーフォンで通話のみ利用していた方は注意。

ちなみに通話は、かけ放題ではない従量課金(通話した分だけ請求される)シンプルプランも選択出来ますし、データ容量も少量の1GB~のプランが選べるので、柔軟なプラン構成は可能です。が、通話しか必要ない。という方はデータプランの加入も必須であることはご留意下さい。

シェアプランで毎月の利用料金を上回る割引が発生した場合はどうなるの?

ドコモの家族シェアプランで子回線の場合、データ容量をシェア出来るので子回線では毎月500円のデータシェア利用料金を支払うだけとなるので、月々の利用料金が安価に維持できます。

そして、ウェルカムスマホ割とdocomo withを併用して3,000円の利用料金割引が適応された場合、子回線の月額利用料金請求よりも割引が上回る逆転現象が起こります。

でも、ご安心を。

この場合、子回線の利用料金が割引で請求が0円になり、残った割引額が主回線の利用料金から割引となるので、最大限の割引の恩恵は一切無駄となりません。

ウェルカムスマホ割の割引額がシェア子回線の利用料金を上回る場合は主回線の割引に残割引額が適応となるので無駄が有りません

利用できるかはdocomo Online ShopでOK

最後に心配なのが、「自分の持っているFOMA(フューチャーフォン)がウェルカムスマホ割の適応条件を満たしている機種なのか?」という部分。

ドコモのFOMAを利用している方も、法人で携帯を契約されている方も、他社のフューチャーフォンを利用されている方も、「適応出来るか否か」が最も知りたい部分だと思います。

もちろん、ドコモショップに立ち寄って話を聞いても問題ないですが、最近の大手キャリアショップは待ち時間が非常に長いので、利用できるか否かの確認は来店不要・待ち時間不要のdocomo Online Shopがオススメです。

他社のフューチャーフォンを利用されている方は、利用している端末の写真を申込時に送信すると適応の可否が分かるので、不安な方はdocomo Online Shopで試してみて下さい。

また、ウェルカムスマホ割が適応可能な場合はそのままdocomo Online Storeから申し込み完了まで手続きできます。ショップの様な頭金も無し、事務手数料も特別割引価格となるので活用しましょう。

▼最大の割引恩恵を得るにはdocomo with対象機種から選択しましょう。docomo Online Shopは以下からどうぞ!↓

ページトップへ