ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

docomo withでずっと1,500円割引!プラン詳細、対象機種、注意点まとめ

  • ▼▼必ずチェック▼▼

    ガルマックスでは期間指定の割引クーポンや期間限定割引などを以下のページで全て告知!お得な情報を見逃さないように!

  • 【関連】期間限定のお得な情報一覧!

ドコモが新たに発表した新プラン「docomo with」。ずーっと基本料金が月々1,500円割引となり非常にお得な内容でした。サービス開始日は2017年6月1日からとなっています。

本記事ではプラン詳細、対象機種紹介に注意点も含めながらお届けしたいと思います。

記事のページを分割しているので、上の「ページ一覧」のリストからも各項目へ移動可能です。

docomo withの詳細!対象機種と指定プラン利用で月額1,500円オフ!

docomo withは以下の条件を満たす必要があります。

  1. カケホーダイ(24時間かけ放題)、カケホーダイライト(5分かけ放題)、シンプルプラン(従量課金)のいずれかの通話プランの契約
  2. パケットパックの契約
  3. ドコモ指定のdocomo with対象端末購入

1と2は通話とデータ容量で、殆どの方が利用しており条件の敷居は低く利用しやすい内容となっています。特筆すべき点は家族でシェアして利用する複数人数利用だけでなく、1人でもdocomo withを利用可能な部分です。

対象機種と対象プランを利用する事で月額がずーっと1,500円オフとなるdocomo with。

魅力は”ずっと1,500円割引”になること。

条件さえ満たしていればずーっと1,500円割引。

今後もdocomo with対象機種が増え、機種変更時もdocomo with対象機種を選択するといつまでも1,500円割引で利用可能であることが魅力です。

勿論、機種変更せずにdocomo with対象端末を使い続けても1,500円割引となるので、通信費の負担軽減に大きく貢献する内容です。

ネックは”端末が指定されている機種”であること。

内容は魅力的ですが、ネックとなるのは3の”ドコモ指定のdocomo with対象端末購入”ですね。

大手キャリアを利用している方は、”同じメーカー”の端末を使い続けている方が多いので、端末に関しては妥協しなくてはならない部分が出てきます。

対象となる機種は2機種で、どちらもAndroidを搭載したスマートフォンとなっており、iPhoneは選択不可です。

これまでAndroid端末を利用されてきた方は基本的な操作方法が同じなので、docomo with対象機種を選択しても使い勝手が大きく変わりませんが、iPhoneを利用されてきた方は、使い勝手が異なり、また、これまで購入してきたiPhone用アプリなどの資産が失われてしまいます。

この点がdocomo withを利用する上での最大のデメリットとなります。

docomo withはこんな人に向いている。

docomo withの特徴から”端末にこだわりが無い方”が大前提となりますが、特に指定端末で問題なければ家族利用や1人での利用もオススメです。

例えば・・・

1人で利用する場合、月々1,500円割引、年間18,000円、2年で36,000円。

家族4人で利用する場合、月々6,000円、年間72,000円、2年で144,000円。

これだけの料金が浮きます。

指定端末を利用するだけで、通話もデータ容量も同じで料金が安くなるのですから非常に魅力的ですよね。

次のページでdocomo with対象端末を詳しく紹介しているので、是非端末情報もチェックしてみて下さいね!

docomo withに関する情報は以下からどうぞ

ページトップへ