ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

docomo withでずっと1,500円割引!プラン詳細、対象機種、注意点まとめ

本ページは2ページ目です。本ページからアクセスされた方は上のページ一覧「docomo withの詳細と注意点」からの閲覧をオススメします。

このページではドコモの利用料金が月々1,500円割引となるdocomo withを利用する為の指定端末についてまとめています。

arrows Be F-05Jの詳細と価格、発売日。

arrows Be F-05J

ブラック・レッド・ホワイトの3カラーから選択出来るarrows Be F-05Jは、富士通製の端末です。防水・防塵やお財布ケータイ、ワンセグ、高品質な通話が可能なVoLTEに対応している端末で、使い勝手の良い端末ですね。

発売日は2017年6月1日で、docomo withのサービス開始と同時に利用できる端末です。

価格は以下の通り

機種変更 新規 MNP
28,512円 28,512円 28,512円

端末価格に関しては全て28,512円となっており、24回分割なら月々1,183円、12回分割なら月々2,376円と非常に低価格で利用可能となっています。

また、古い端末を下取りしてくれる「下取りプログラム」も利用可能で、下取りに出す端末により最大28,800ポイント(28,800円相当)が贈呈されます。

arrows Be F-05Jのスペック。

項目スペック
OSAndroid 7.1
SoCSnapdragon 410
1.2GHz
4コア
メモリ2GB
保存容量16GB
液晶5型HD
1280×720
カメラ背面:1310万画素
前面:500万画素
SDスロット
最大256GB増設可能
防水/防塵○/○
VoLTE
指紋認証
おサイフ機能
ワンセグ
PREMIUM 4G
バッテリー2580mAh
サイズ縦144mm
横72mm
厚さ7.8mm
重量141g
カラーホワイト
ブラック
レッド

処理性能を担当するパーツはQualcommのSnapdragon 410で世代が少し古いパーツを利用しており、性能は旧世代のミドルスペックスマートフォンです。

性能をスコアで表示出来るAnTuTuベンチマークスコアでは、同等性能の端末は総合スコアで約22,000点、3D性能が約3,000点です。

以下は現行の性能一覧

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで

画面サイズは比較的コンパクトな5型で、解像度はHD(1280×720)。メモリは2017年現在だと快適な動作を確保するために必須となる2GBを搭載しています。

保存容量は16GBと少ないですが、MicroSDで最大32GB、MicroSDXCで最大256GBの拡張が可能です。

低価格ながらも1310万画素のメインカメラ、500万画素の自撮りカメラを備えるなど、価格の割には良くまとまっている端末ですね。

arrows Be F-05Jを選択する場合の注意点は”性能の低さ”です。世代が少し古いパーツを利用しているので、iPhoneやXperiaのような最先端&高性能端末ではありません。

一般的なWEB閲覧、LINEやメール、軽めのゲームなどは問題ありませんが、3Dゲームなどでは動作が重く感じる可能性があります。性能よりも価格を重視する方向けの端末です。

詳細は以下からどうぞ

Galaxy Feel SC-04Jの詳細と価格、発売日。

Galaxy Feel SC-04J

ホワイト・ブラック・ピンクの3カラーを選択可能なGalaxy Feel SC-04JはAndroidスマートフォンでトップシェアを誇るSamsung製のスマートフォンです。

こちらはarrows Be F-05Jよりも性能が高く、便利な指紋認証ユニットも搭載しており、防水・防塵、お財布ケータイ、ワンセグ、VoLTEにもバッチリ対応しています。

発売日は2017年6月中旬の予定となっているので、残念ながらdocomo withのサービス開始日である6月1日~は選択出来ません。端末が気に入った方は発売までしばらく待ちましょう。

価格は以下の通り

機種変更 新規 MNP
36,288円 36,288円 36,288円

端末価格は一律36,288円となっており、24回払いは月々1,512円、12回払では月々3,024円となっており、こちらも古い端末を下取りしてもらう「下取りプログラム」にて最大28,800ポイント(28,800円相当)が贈呈されます。

Galaxy Feel SC-04Jのスペック。

項目スペック
OSAndroid 7.0
SoCSamsung Exynos 7870
1.6GHz
8コア
メモリ3GB
保存容量32GB
液晶4.7型HD
1280×720
有機EL
カメラ背面:1600万画素
前面:500万画素
SDスロット
最大256GB増設可能
防水/防塵○/○
VoLTE
指紋認証
おサイフ機能
ワンセグ
PREMIUM 4G
バッテリー3000mAh
サイズ縦138mm
横67mm
厚さ8.3mm
重量149g
カラーホワイト
ブラック
ピンク

処理性能を担当するパーツはSamsung製のSamsung Exynos 7870を採用。

同等の処理パーツが使われている端末は、性能を数値化するAnTuTuベンチマークにて総合スコアが約46,000点、3D性能が約5,800点で現行世代のミドルスペック性能を持ち合わせているスマートフォンです。

以下は現行の性能一覧

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで

画面サイズが4.7型と近年では非常にコンパクトなサイズ感で、女性にも扱いやすい大きさですね。メモリも大容量な3GBを搭載しており、保存容量も32GBと多めです。また、保存容量はMicroSDXCにて最大256GBの増設が可能となっています。

Galaxy Feel SC-04Jは複数の電波を同時に掴む事が可能なキャリアアグリゲーション技術の「PREMIUM 4G」にも対応しており、ダウンロード速度が最大で256.5Mbps(理論値)に対応しているのもポイント。

メインカメラに1,600万画素、自撮りカメラに500万画素、4.7型のコンパクトなボディーながら3,000mAhの大容量バッテリーを搭載、発色の良い有機ELディスプレイを搭載するなど、Androidトップシェアを誇るSamsungらしい完成度の高い端末です。

今後2年は問題なく利用可能な性能を持ち合わせているので、性能も妥協したくないという方向けの端末です。

詳細は以下からどうぞ

docomo with対象機種まとめ。

サービス発表時点ではarrows Be F-05JとGalaxy Feel SC-04Jの2機種。

docomo withを利用する為のドコモ指定端末ですが、Galaxy Feel SC-04Jはdocomo withのサービス開始と同時には発売前で選択出来ないので注意しましょう。

個人的にはarrows Be F-05JよりもGalaxy Feel SC-04Jがオススメ。長期的に利用するなら現行世代のミドルスペック性能を持ち合わせている方がストレス無く利用可能です。

逆にスマートフォンに多くを求めない方は価格の安いarrows Be F-05Jがオススメです。

格安スマホとは違い、防水・防塵、お財布機能、ワンセグなど、大手キャリアらしい機能もしっかり備わっているので、扱いやすさはSIMフリースマートフォンよりも良い印象ですね。

間もなくサービス開始予定の月々の利用料金が安くなるdocomo withに関しても是非チェックしてみて下さいね!

ページトップへ