Redmi Pad SE ad 1100×150

DOOGEE R10のスペック・対応バンドまとめ!Helio G99を搭載したタフネスタブレット!

DOOGEEから新型AndroidタブレットDOOGEE R10が新登場!IP69KとMIL-STD-810H等級を持つ頑丈な1台!しかもSIMとGPSに対応しており持ち運ぶにもバッチリなスペックとなっとります!価格は285ドル(約4.1万円)。

DOOGEE R10の特徴

DOOGEE R10の特徴は以下の通り!

DOOGEE R10のハイライト

  • ミドルレンジ中位クラスのスペック
  • カラーは2色。防水防塵、耐衝撃の頑丈なボディ
  • 10.4インチのFHD+解像度ディスプレイ
  • 4スピーカーを搭載
  • 10,800mAhの大容量バッテリーで18Wの急速充電に対応

▼DOOGEE R10のデザインはタフネスモデルらしくイカつい造形をしています。カラーはシルバーとブラックの2色!シルバーが特にスタイリッシュ感あって個人的に好み。↓

▼タフネスタイプゆえ非常に頑丈で水濡れにも砂塵にも落下などの衝撃にも強いのが魅力!↓

ただ装甲があるぶん重さもあり、公称値826gと普通のタブレットの2台ぶん弱の重さはあります。厚みも13.5mmでブ厚め。

あとタフネスモデルって厚みや重さを記載していないモデルも多いのですが、DOOGEE R10はその点もしっかり明記しているのは好感が持てますね(`・ω・´)。

▼SoCも上々な性能を持つMediaTek Helio G99を採用!AnTuTuスコアが33万点クラスなので動画視聴や電子書籍、後述するマップやナビでもサクサク扱えるのが嬉しいポイントですな!↓

▼ディスプレイは10.4インチでFHD+解像度。大きさも解像度も十分で動画視聴にもバッチリ使えますね。また著作権コンテンツ(NetFlixとか)において高画質で視聴できるWidevine L1に対応とのこと。↓

▼スピーカーもしっかり4基搭載のクアッドタイプってのがナイスすぎる!イヤホンジャック端子も搭載しているのでコンテンツ視聴マシンとして申し分ないスペックに思えます。↓

カメラは背面が2,000万画素、フロントが1,600万画素のシングルカメラ構成となっています。

▼バッテリー容量は10,800mAhとたっぷりサイズですが動画視聴では最長7.8時間ほどで電池持ち自体は凡庸な印象。タブレットって画面でかいからこの点は仕方ないとも言えます。急速充電は最大18Wまで対応しとります。↓

▼そしてDOOGEE R10、SIMカードが使えてGPSにも対応なのが魅力!対応バンドも国内キャリアの主要なものに対応しており充実。外出先でもデータ通信したり電話としても使えるし、ナビ用途にも活躍が見込めます。こりゃすげぇ!↓

DOOGEE R10の記事執筆時点の価格は以下の通り。

  • メモリ8GB+容量128GB:285ドル(約4.1万円)

SIM対応タブレットは増加傾向にありますが、しかしDOOGEE R10は頑丈なタフネスタブレット、かつ4スピーカー搭載で対応バンドも充実しているのが魅力!4万円と中々手頃とも言える価格だしけっこう魅力的に感じます(`・ω・´)。

頑丈ゆえ壊れにくく、長期間長く使える!ってことを考えれば、かなりいい相棒になるんじゃないでしょうか。ズッシリくる重さのデメリットを割り切れば、ですが‥。

SoC Helio G99
メモリ 8GB
容量 128GB
ディスプレイ 10.36型/2,000×1,200/液晶
アウトカメラ 20MP
インカメラ 16MP
バッテリー 10,800mAh/18W
サイズ 258×169×13.5mm
重量 826g
対応バンド GSM: 2/3/5/8
WCDMA: B1/2/4/5/8
TDD: B34/38/39/40/41
FDD: B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28AB/66
OS Android 13
備考 Widevine L1対応
4スピーカー搭載
IP68/69K
MIL-STD-810H
ページトップへ