Xiaomi TV Stick 4K 1100x150

格安SIMは難しそう?ドコモ認定のエコノミーMVNOはドコモショップで手続き可能になるよ!

スマホ料金をより安い格安SIMにしたい・・・でも、WEBでの手続きとか、契約後のサポートとか考えると手が出しづらい。そんなユーザさんは沢山いると思うんですが、もうすぐドコモがエコノミーMVNOスタートしますよ!

ドコモがdポイントを活用するエコノミーMVNOとの連携に合意

最近はドコモのプランも充実していて、20GBのオンライン専用ブランド「ahamo」を展開するなど魅力的なプランが揃ってきてるんですが、もっと安い料金プランをメインにしたいと願う方も多いはず。

ドコモでは、そんな「低価格な料金のプランをメインで使いたい」というユーザーニーズに応える形で、「エコノミーMVNO」という仕組みを作ろうとしてましたが、ようやくサービス開始の目処がたったようです。

料金サービスの提供主体はエコノミーMVNOとなりますが、利用料金に応じたdポイントの進呈※1や、マイページなどのdアカウントでの認証、通信料金へのdポイントの充当※2など、おトクで便利なドコモならではの連携を展開してまいります。

さらに、全国のドコモショップ約2,300店舗で、エコノミーMVNOの提供する料金サービスの新規契約などが可能となるため、インターネットでのお手続きやスマートフォンの初期設定が不安なお客さまも安心してご利用いただけます。

dポイントを活用するエコノミーMVNOとの連携に合意

注目は「全国のドコモショップ」で手続き可能なこと

格安SIM(MVNO)は、低料金故に実店舗を持つブランドが少なく基本的にWEB申し込みが主流。まず、ここで「格安SIMは難しそう」って感じちゃいますよね。

それが原因で、「格安SIMの料金は魅力的だけど、サポートが不安」ってことで敬遠されていた方!ドコモ認定のエコノミーMVNOは、「ドコモショップがサポートしてくれる」んですよ!

ドコモショップでは

  • エコノミーMVNOの料金サービスの新規契約の受付(SIMカードの発行、開通を含む)
  • ドコモスマートフォン等の端末販売
  • ドコモショップで購入された端末の初期設定のサポート(APN設定やdアカウントの設定など)
  • ドコモ販売チャネル購入端末の故障受付

などなど、これまでのドコモを使っていた方も安心のサポート内容。ちなみにエコノミーMVNOユーザもドコモスマホ教室の受講が可能とのこと!

まずはNTTコミュニケーションズとフリービットが認定

気になるエコノミーMVNOに認定されたMVNOは、OCNモバイルONEを展開するNTTコミュニケーションズと、トーンモバイルを展開するフリービットの2社。

OCNモバイルONEはは2021年10月21日より全国にある約2,300ものドコモショップで取り扱いがスタート!OCNモバイルONEではスマホが激安で手に入るセールが盛んなので、端末購入の負担もグッと軽減されそうな印象です!

▼OCNモバイルONEではdポイントへの対応に加え、エコノミーMVNOの名に相応しい低料金で利用できる500MBコースを新設。このプランのみ1ヶ月10分の無料通話が付いてたったの月額550円。連絡手段として持ってもらうならピッタリのプラン↓

フリービットが展開するトーンモバイルは、主にお子さんに持たせた場合に役立つサービスを組み込んだプランを展開しているのが特徴のブランド。

2021年12月を目処にエントリーMVNOとしてドコモショップで「トーンモバイル for docomo(仮称)」が展開予定となっています。

「トーンモバイル for docomo(仮称)」の第一弾としては東京都も推奨している家族を見守る機能が使える「TONEファミリー」搭載のティーン向けサービスの販売を開始するとのこと。

TONEファミリーは、今いる位置を把握したり、利用できるアプリの種類の制限やスマホの使用時間の確認、WEBアクセスの制限が行えるなど充実した見守り機能がウリ。お子さんに初めて持たせるスマホにエコノミーMVNOのトーンモバイルはぴったりかも

エコノミーMVNOに認定されるMVNOが今後どこまで増えるのか気になるところですが、まずは注目度の高い2社のブランドが全国のドコモで取り扱いされるようなので、格安SIMが気になっていた!けど、手続きとか難しそうで選びづらかった!って方はチェックしてみて下さい!

ページトップへ