1100-150 Xiaomi 14

ハイビームの東京・大阪の実店舗で1月3日から福袋販売予定!ポータブルゲーミングPCが安価に手に入るチャンス!

ハイビーム 2024年 福袋

ポータブルゲーミングPC(ハンドヘルド型PC)をメインに取り扱っているHIGH-BEAM(ハイビーム)が東京・大阪の実店舗にて2024年1月3日から福袋を販売開始!

福袋は4種類!

ポータブルゲーミングPC(ハンドヘルド型PC)をメインに取り扱っているHIGH-BEAM(ハイビーム)が秋葉原本店、大阪日本橋店の2店舗限定で2024年1月3日の開店時より福袋を販売開始するとのこと!

今回公開されている福袋は以下の4種類となります。なお、どのラインナップもリファービッシュ(整備済)品が含まれている可能性があることは留意しておいてください!

1:ポータブルゲーミングPC本体が必ず1台入っている!5万円福袋

まずは5万円の福袋を紹介。

内容としては、AMD Ryzen 5000シリーズか第11世代Core i7シリーズを搭載したポータブルゲーミングPCのどれかが入っているとのこと。

告知ページでは内容物の候補としてAYANEO AIR 国内正規版、ONEXPLAYER mini 国内正規版、ONEXPLAYER 国内正規版の3台が挙げられています。

どのモデルもAMD Ryzen 5000シリーズか第11世代Core i7シリーズを搭載しているということで、現行品と比べるとグラフィック性能は弱いものの、軽めのゲームや重めのゲームでも設定を煮詰めれば十分遊べるくらいの性能は有しています。

どのモデルでもハイビーム直販では大体10万円弱で販売されている上、中古相場よりもお安く新品が手に入るので、「ポータブルゲーミングPCって実際どういうものなのか」を体感するにはもってこいな内容だと思います!

▼ガルマックスでは3機種のレビューもしているので、気になった方はチェックしてみてください!↓

このサイズ感、最高。PCゲームが遊べる「AYANEO AIR」のレビュー!

ONEXPLAYER miniのレビュー!実機を使って気にいった・気になったポイントと評価まとめ!

ONEXPLAYERのレビュー!このポータブルゲーミングPC、凄く完成度が高いです

2:ポータブルゲーミングPC本体が必ず1台入っている!7万円福袋

お次は5万円福袋よりも少々お高い福袋をご紹介。

内容としては、AMD Ryzen 6000シリーズを搭載したポータブルゲーミングPCのどれかが入っているとのこと。

告知ページでは内容物の候補としてAOKZOE A1 国内正規版ONEXPLAYER mini PRO 国内正規版の2台が挙げられています。

どちらのモデルもRyzen 6800Uを搭載。内蔵グラフィックスもRDNA 2アーキテクチャを採用しているので、先ほど紹介した5万円福袋のモデルよりも格段に性能が向上しています。

どのモデルでもハイビーム直販では先ほど紹介した3機種と同じく大体10万円弱で販売されているので、一見すると割引率も低めでお高く感じるかもしれませんが、それでも中古相場よりもお安く新品が手に入ります。

しかも、AOKZOE A1 国内正規版、ONEXPLAYER mini PRO 国内正規版共にAMD Ryzen 5000シリーズや第11世代Core i7シリーズよりもグラフィック性能の高いRyzen 7 6800Uを搭載しているので、ゲームを快適に遊びたいのならこちらの福袋の方が満足度は高いのではないでしょうか!

▼ガルマックスでは上記2機種の紹介やレビューもしているので、気になった方はチェックしてみてください!↓

AOKZOE A1が日本上陸!Ryzen 7 6800U搭載ポータブルゲーミングPC待ってました!

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版のレビュー。やっと快適といえるゲーム性能になった!

3:ノートPC本体が必ず1台入っている!1万円福袋

ノートPC系の福袋として、1万円のラインナップも用意している模様。

なお、1万円福袋の製品は「Windows 10搭載TENKU Comfortbook S11」とのことなので、CPUはCeleron N3350、メモリ/ストレージは4GB/64GBと今の時代で常用するには流石に厳しいスペックな上、Windows 11にも正式対応していないモデルなので、個人的にあまりオススメはできないですね。

購入を考えている人はその辺のリスクを許容した上でオモチャとして考えた方が賢明かも。

4:スティックPC本体が必ず1台入っている5,000円福袋

最後に5000円でスティック型PCが購入できる福袋をご紹介。

内容物はWindows 10 搭載スティックPCとのことなので、TENKUブランドの「VANGOOD VG-MN10」か「VANGOOD VG-MN9」のどちらかではないかと推測されます。

CPUはVG-MN10はCeleron N3350、VANGOOD VG-MN9はAtom X5-Z8350とどちらもWindows 11非対応で尚且つ性能も低いモデルですが、個人的には5000円くらいなら許容範囲かなという印象を受けますね。

テレビに繋いで動画使用専用機として使うなら悪くはなさそうです。

ただ、5000円福袋はハイビーム秋葉原本店のみの取り扱いということで、大阪では購入ができません!残念!大阪で扱っていたなら買ってたかも。

販売開始は2024年1月3日(水)13:00から!

上記4種類の福袋は2024年1月3日(水)13:00から販売開始とのこと。

ROG ALLYやLEGION Goなど大手メーカーも参入してきているポータブルゲーミングPCですが、基本的に新品は10万円オーバーと乗り出し価格が高い故に購入までのハードルが高いのが難点の一つです。

今回の福袋販売では最安で5万円からと比較的お手頃な価格設定となっているので、ポータブルゲーミングPCを買いたいけれど価格面で躊躇していた方にとっては朗報ではないでしょうか!ちなみに筆者も見に行く予定です!

ページトップへ