1100-150 Xiaomi 14

HUAWEI MatePad Pro 11 2024のスペックまとめ!SoCは非公開?!な新型HUAWEI製タブレット!

HUAWEI MatePad Pro 11 2024

HUAWEIからHarmonyOSを搭載する新型タブレット「MatePad Pro 11 2024」が登場!SoC非公開なのでパフォーマンスは良く分かりませんが、その他の特徴やスペックをまとめたのでチェックしてみて下さい!

MatePad Pro 11 2024の特徴

MatePad Pro 11 2024の特徴は以下の通り!

MatePad Pro 11 2024のハイライト

  • 11インチWQXGA解像度ディスプレイ搭載。リフレッシュレートは最大120Hz
  • 6基のスピーカー搭載
  • リアカメラはデュアル構成
  • 8,300mAhのバッテリー搭載。最大66Wの超急速充電にも対応

MatePad Pro 11 2024の詳細スペック

詳細スペックを表示

MatePad Pro 11 2024のサイズ・重量・カラー

HUAWEI MatePad Pro 11 2024

  • 長辺:249.23 mm
  • 短辺:160.38 mm
  • 厚さ:5.9 mm
  • 重量:449 g

カラーはブラック系、ホワイト系、ブルー系、ライトブルー系の4色展開です。

MatePad Pro 11 2024はMatePad Pro 13.2のようなカメラバンプが丸く縁取られたデザインで少し物珍しさを感じる見た目に仕上がっています。

MatePad Pro 11 2024のSoCは非公表

  • SoC:非公表
  • メモリ:12GB
  • ストレージ:256GB/512GB

MatePad Pro 11 2024のSoCは…残念ながら非公開!このパターンはMate 60 Proで起きていたパターンなので、推測にはなりますがKirin 9000S辺りが搭載されているのでは?と思われます。

メモリは12GB、ストレージは256または512GBとハイエンドなProだけあって多めなのは嬉しいですね!

MatePad Pro 11 2024のディスプレイ

HUAWEI MatePad Pro 11 2024

  • サイズ:11インチ
  • 解像度:2,560×1,600(WQXGA)
  • ディスプレイ:有機EL
  • 画面形状:パンチホール(左上)
  • リフレッシュレート:最大120Hz
  • タッチサンプリングレート:非公表

ディスプレイサイズは11インチと少々大きめ。解像度はWQXGAとかなり高精細なのは魅力的。

ガルマックス編集長
液晶ではなくて有機ELを採用しているのもGood!有機ELは黒色の表現力が非常に長けているのでリッチな映像を楽しめそう!SoCのパワーにもよるけれど、120Hzディスプレイを搭載しているので、ゲームも滑らかに遊べるかも!パネルの仕様はガッツリとハイエンドレベル!

HUAWEI MatePad Pro 11 2024のスピーカー

HUAWEI MatePad Pro 11 2024

  • スピーカー数:6

HUAWEI MatePad Pro 11 2024のスピーカーは6基と、タブレットでよくあるクアッド(4基)構成よりも多いのが特徴的。実際の音質は未知数ですが気になるところですね。

MatePad Pro 11 2024のカメラ

HUAWEI MatePad Pro 11 2024

▼アウトカメラ↓

  • メインカメラ:1,300万画素
  • 広角カメラ:800万画素

▼インカメラ↓

  • メインカメラ:1,600万画素

背面カメラはデュアルと最近のハイエンドタブレットに相応しい仕様に仕上がっています。なお、インカメラは1600万画素とかなり高画素なレンズが搭載されているのは見逃せないポイントでしょう。

MatePad Pro 11 2024のバッテリー・充電仕様

HUAWEI MatePad Pro 11 2024

  • 容量:8,300mAh
  • 有線充電:66W
  • ワイヤレス充電:-
  • 逆充電:対応(5V/1.5A)

バッテリー容量は8,300mAhと少し大きめですが、11インチクラスのタブレットとしては平均的といえば平均的。充電能力は66Wと超急速充電に対応しているので、8,000mAh越えのバッテリーでも直ぐに充電ができそうです。

MatePad Pro 11 2024の発売日・価格

MatePad Pro 11 2024の発売日は12月で記事執筆時点の価格は以下の通り。

  • メモリ12GB+容量256GB:4199元(約8.7万円)
  • メモリ12GB+容量512GB:4699元(約9.7万円)

MatePad Pro 11 2024は6基ものスピーカーや高品質なディスプレイと、HUAWEIのハイエンドタブレットに相応しくリッチな仕様に仕上がっています。まぁSoCは非公開ですが、製品の立ち位置的にハイエンドモデルが搭載されているんじゃないでしょうかね?

その分価格は8万円台後半とそれなりにいいお値段。特にOSがGMS関連が×なHarmonyOSなので余計に割高には感じてしまいます。まぁ仕様を考えると妥当ではあるんですけどね…

最近日本に上陸するHUAWEI製タブレットは普及帯のものが多く、MatePad Proなどのハイエンド/プレミアム帯のモデルは久しく見ないので、今回も日本では発売されない可能性は高いかと思いますが、「HUAWEIタブレットのファンだ!」「非公開のSoCが気になるぞ!」という方は公式ページ等もチェックしてみてください!

ページトップへ