Xiaomi TV Stick 4K 1100x150

MiniLED搭載の27型4Kディスプレイ「Innocn 27 M2U」が破格過ぎてヤバい!

近良く聞くようになったMiniLED搭載ディスプレイ。

Apple最新鋭の14インチMacBook Proやクリエイティブ系ディスプレイなどでもMiniLED搭載モデルがリリースされていて気になっている人も多いかと思います!

そんな気になるMiniLED搭載するディスプレイですが、調べてみたらめちゃ高い…。ってことで、お手頃価格のMiniLED搭載ディスプレイが欲しい!という方はようやく国内販売開始となった「Innocn 27 M2U」を是非ともチェックして頂きたいです!

27型/4KのMiniLED搭載ディスプレイの中で破格

MiniLED搭載で27型4Kになると、そもそもの選択肢がかなり少ないんです。

最近はAppleがMiniLEDを採用したStudio Display Proを開発しているようですが、発売済みのものだと2020年にASUSからリリースされたProArt PA27UCXが有名ですね。ただこれ、執筆時点でも価格が213,573円と目玉が飛び出そうなお値段なのです…。

▼このように選択肢が少ないからこそ高止まりしていた市場をかき乱してくれそうな製品が本記事で紹介する「Innocn 27 M2U」です。そのお値段、なんと定価で69,800円!!!これはヤバすぎるでしょ!!!

Innocn 27 M2UはMiniLED搭載モデルとしてはエントリー

従来の液晶ディスプレイは背面からバックライトで照らすことで画面全体を光らせるので、黒色などが若干白飛びしてしまう点が仕様的な課題でしたが、MiniLED搭載ディスプレイは細かくLEDを分割することで部分的に光らせることが可能となり、格段に映像の表現力が上がるんです。

このMiniLEDの分割数が多ければ多いほどピンポイントでバックライトの調整が可能なので高価格になるほど分割数も多くなる傾向です。

▼例えば先程紹介したProArt PA27UCXだと576ゾーン。↓

▼一方でInnocn 27 M2Uは384ゾーンなので分割数は少なくなっています。↓

こんな感じで仕様を見るとInnocn 27 M2UはMiniLED搭載ディスプレイとしてはエントリークラスではあるんですが、これまでの液晶ディスプレイが画面全体をバックライトで照らしていたことを考えると、お手頃価格でありながら従来の液晶ディスプレイよりも圧倒的に表現力が高いMiniLED搭載というだけで大きな魅力かと思います!

もちろんMiniLED搭載しているだけでなく・・・

▼クリエイティブ作業で細かな調整をしやすい4K解像度であったり↓

▼ビックリ仰天のHDR 1000に対応しちゃってたり↓

90W給電しながら映像出力ができるUSB-Cを搭載するなど魅力的な仕様が満載なのです!↓

Innocn 27 M2Uは人気出そう!

とまあ、この価格でこの仕様は正直めちゃくちゃハイコスパかと思います!

デザインがやや個性的であったり、60Hzまでしか対応していないのでゲーム用途には向かなかったりする部分もあるのですが、映画を沢山見る方やクリエイティブ系作業が多い方は要チェックモデルかと思います!

映像はね、めちゃ綺麗ですよ!

え、なんで販売開始したばかりなのに映像が綺麗って分かるのって???

▼ガルマックスはガジェットレビューメディアですよ!もう、実機を入手してメインディスプレイとして愛用中です!だから言えるのです、このディスプレイめちゃ綺麗!

レビューは近いうちに公開予定ですが、実機を触って感じたのは「この価格でこの仕様はコスパがヤバいでしょ!」ってこと!割引クーポンなんかも出てる時があるので、是非お安い時に手に入れて下さいね!

レビュー公開時はTwitterFacebookでお伝えするので、ちゃんとレビューを見てから検討したい!って方は是非フォローしといて下さい!

■Innocn 27 M2U■
初出時価格→69,800円
過去最安値→57,800円
▼Amazonで6,000円オフクーポンあり!クーポン適用でさらに6,000円オフ!↓

2022/09/03追記:レビュー記事を公開した!↓

目が覚める美しさ!MiniLEDディスプレイ「Innocn 27 M2U」レビュー

ページトップへ