ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPad 2019/iPad Air 2019のスペック比較、価格・発売日まとめ

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

2019年iPadのApple発表会1

iPadも大きくなりました。

日本時間9月11日未明、AppleはiPad(第7世代)を発表しました。大きな特徴としては「Smart Keyboardに対応」「Apple Pencilにも引き続き対応(※第1世代のみ)」「3万円台から購入可能」という点です。

iPad (第7世代)の概要スペック

2019年iPadのApple発表会2

まずはざっくりと第7世代iPadのスペックを見てみましょう。進化点がわかりやすいように、現行モデルのiPad(第6世代)と2019年春に発表されたiPad Air(第3世代)のスペックも載せておきました。

注目ポイントは太字+赤字でマークしておきました!

項目 iPad(第7世代) iPad(第6世代) iPad Air(第3世代)
本体価格(税別) 64GB(Wi-Fi):34,800円
128GB(Wi-Fi):44,800円
64GB(セルラー):49,800円
128GB(セルラー):59,800円
32GB(Wi-Fi):37,800円
128GB(Wi-Fi):48,800円
64GB(セルラー):52,800円
128GB(セルラー):63,800円
64GB(Wi-Fi):54,800円
256GB(Wi-Fi):71,800円
64GB(セルラー):69,800円
256GB(セルラー):86,800円
ディスプレイ大きさ 10.2インチ(液晶) 9.7インチ(液晶) 10.5インチ(液晶)
画面解像度 2160×1620 2048×1536ドット 2,224 x 1,668ドット
本体サイズ 約174.1×250.6×7.5mm 約169.5×240×7.5mm 約250.6×174.1×6.1mm
本体重量 約483g(Wi-Fi)
約493g(セルラー)
約469g(Wi-Fi)
約478g(セルラー)
約456g(Wi-Fi)
約464g(セルラー)
SoC A10 Fusion A12 Bionic
容量 32GB/128GB 64GB/256GB
カメラ リア:8MP(F2.4)/イン:7MP(F2.2) リア:8メガ(F2.4)
イン:7MP(F2.2)
生体認証 Touch ID(指紋認証)
バッテリー容量 32.4Wh 30.2Wh
カラーバリエーション シルバー
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
Apple Pencil 第1世代Apple Pencilに対応
Smart Keyboard 対応 非対応 対応
発売日 2019年9月30日 2018年3月30日 2019年3月28日

いやー圧倒的に安いですよね!このクオリティで3万円台から購入可能って、Appleさんはタブレットを安く提供する方針なのでしょうか?

ただしSoCは少し古く、iPhone 7に搭載されているA10 Fusionとなっております。まぁ普通に使う分には困らないでしょ!MVNOでもiPhone 7は現役で売られていますし、筆者もサブ機としてiPhone 7を使っていますが特にトラブルはありません。

ディスプレイが大きい!9.7インチから10.2インチへ

9.7インチのタブレットが好きな人は残念ですが、今回発表されたiPadは10.2インチのみとなります。9.7インチは今後も発表されるのでしょうか?

本体重量も少し増えており、持ち運びやすさは若干落ちたかもしれません。

Smart Keyboardに対応。ノートPCを意識か?

2019年iPadのApple発表会3

今回発表された iPadの一番の目玉はSmart Keyboardに対応したことです!

Smart Keyboardは充電やペアリング設定、電源のオン/オフ作業が必要ないので購入して即使用できます。これはiPad Air用に設計されている機能なので本体サイズの異なる第7世代iPadでも利用できるか不安でしたが、先ほどApple公式サイトをチェックしたところ第7世代iPadでも利用可能でした。

Apple Pencilに対応(※第1世代のみ)

第6世代iPadから利用可能になったApple Pencil、引き続き第7世代iPadでも利用可能です。ただし第1世代のApple Pencilのみ利用できるので注意しましょう。

第2世代Apple Pencilは磁石の力でタブレット本体にくっつけておくことが可能でしたが、第7世代iPadはペンシルをくっつけて持ち運べないので、どうやって持ち運びましょう?

Smart KeyboardにはPencilを保管するスペースが無いため、別途保管して持ち歩く必要があるかもしれません。

第7世代iPadは9月30日発売!

気になる第7世代iPadですが、予約販売は本日9月11日から開始、9月30日から出荷というスケジュールになっています。

iPad OSも10月1日から配信開始予定と、ここ1ヶ月でiPadは一気に盛り上がる予感を感じています。

ページトップへ