ワイモバイル バナー ヘッダー

使ってるiPhoneがデカいと感じるならiPhone 13 mini!やっぱ大きさって重要だわ

iPhone 13 mini

もう、このサイズの虜です。

2021年9月24日に発売されたiPhone 13シリーズ。購入検討されていた方はどのモデルにしました?僕は伝えてた通りiPhone 13 miniを予約して発売日に到着。コイツにして正解だったとニンマリしてます。

画面の小さいスマホには戻れない!なんて話をよく聞きますが、使ってみると案外しっくり来るかもしれません。

本格的なレビューはしばらく時間を要するので、まずは所感を含めたファーストインプレッションをお届けします。

ある時からスマホが扱いづらくなった

これはiPhone 11

僕はスマホ歴でいうとかれこれ11年くらいなんですが、ある時からスマホが凄く扱いづらいなーって感じるようになったんです。確かディスプレイサイズが5.5インチを超えるようになってからだと思います。

理由はですね、スマホはどんどん大きくなるのに、僕の手は1mmも大きくならないから。

手の大きさは人それぞれですが、自身が扱いやすいサイズと感じるラインを越してしまうと、それ以降のサイズはずっと扱いづらいんです。

ちなみに僕はiPhone XS→iPhone 11→iPhone 12 Proと使ってきたんですが、ずーーーーっと扱いづらかった。

iPhone 12 miniを見送った理由

コンパクトなiPhoneって実は定期的に出てます。一番最初は初代iPhone SE、その次は2代目のiPhone SE、その後、メインストリームでiPhone 12 miniが登場しました。

iPhone 12 miniが出る頃に僕はiPhone 11を使ってたんですが、どうしても「望遠」がほしかったんです。

きっと使う、あれば使う、たぶん便利。ってね。

▼そんな呪文を唱えていんでiPhone 12 miniはスルーしてiPhone 12 Proにしたんですが、今となってはあの時の選択は個人的に失敗だったなーって思います。↓

なぜなら、実際に望遠で撮影することって非常に少なかったから。案外良く使ってたのが超広角で望遠とかほぼ使わない。最近のスマホは望遠なくてもデジタルズームはできるんで、実際に使ってみて僕にとって重要度の高いカメラでは無かったと分かったんです。

あれから1年、僕は「デカい」「重い」とブツクサ言いながら使ってきて、「次は絶対miniにする!」と言い続けてましたが、思ったよりもiPhone 12 miniが世界的に売れてないみたいで、一時期はiPhone 13でminiがなくなるんじゃないかとまで噂されるほどに。

ヒヤヒヤしてたんですが、発表ではiPhone 13 miniも含まれてました。もしかしたらメインストリームのコンパクトモデルはコイツが最後になるのかな・・・。大切に使おう。

すぐに感じたのは「使いやすい!」ってこと

最近のスマホは様々な機能が搭載されすぎて目新しさが少なくなり、「体験できること」も少なくなってきました。

ですが、一度過ぎた「扱いやすいサイズ」は、大画面モデルが主流となった今では一周回って新たな体験として感じ取ることができます。

▼とにかくホールド感が最高で僅か140gと超軽量なんです。左端のアイコンも安定感抜群でタップできるんで、それがすぐさまダイレクトに「使いやすい!」と感じるんです。やっぱり扱いやすさってめっちゃ大事。↓

まだ届いて1日も経ってませんが、1日に何度も触るスマホのサイズが変わるだけでこんなに快適になるなんて・・・ナメてましたごめんなさい。

たぶん、僕が扱いやすいと感じる最大サイズはiPhone 13 miniなんでしょう。きっと、これからこれ以上のサイズのスマホに乗り換えたらまた扱いづらいなーって感じるんだろうな。だって、手の大きさはやっぱり変わらないし。

コンパクトなディスプレイでも特段不満には感じてない

コンパクトって言っても、ベゼルレスデザインなんでディスプレイは5.4型。

筐体の割にデッカイ画面を搭載しているんで、iPhone 12 Proからの乗り換えでもなんら問題なかったです。数時間も使えば目がなれちゃうんでただただ、「扱いやすいなー」って印象しか残ってません。

▼文字はわずかに小さくなってますが、WEBブラウジングで読みづらいとは感じません。↓

▼動画は基本横持ちなんで特に困ることは無かったです。字幕のある動画も普通読めたし問題なし。↓

一点、ゲームをプレイするなら大画面が良いですね。やっぱり画面が小さいと操作しづらいし。ゲームでの快適性を求める人はiPhone 13や13 Proとかが良いんじゃないでしょうか。運良く?僕はスマホでゲームはしないのでこの点もクリアでした。

ちっちゃくても、性能もカメラもハイエンド!

iPhone 13 miniはProモデルよりもわずかにゲーム性能が劣るんですが、それでも前12シリーズよりも総合的にパフォーマンスアップしてます。

昨日(9月23日)までAppleの最新ハイエンドだったiPhone 12 Proですら、まーーーったく性能に不満はないけど更にパワーアップしてるしminiシリーズが廃止になってもiPhone 13 miniは5年は愛用できそうだなーって感じ。

よく使うカメラもレビュー用の写真撮影で撮って来たんですが特段不満もなく、「やっぱりiPhoneのカメラは綺麗に撮影できるなー」って印象です。

パッと出してサクッと撮影するスマホカメラらしいラフな使い方でも凄く綺麗。これ重要。

あと、僕は街歩き動画の撮影が趣味。普段は結構本格的な4Kカメラを使って撮影することが多いんですが、iPhone 13 miniは12シリーズ最強のiPhone 12 Pro Maxしか搭載が許されなかったセンサーシフト式の手ブレ補正に対応してます。

▼iPhone 13 miniにて4K/60FPSで手持ち撮影した映像。こんなに小さなスマホなのにこのレベルの映像が撮影出来るなんてどうかしてるぜ!自宅の4K有機ELテレビで映像を見たらバチクソ綺麗でたまげた。↓

その他にも付加価値いっぱい。

iPhone 12シリーズから採用となったMagSafeはもちろん使えるし、当然のようにFeliCaや防水防塵に対応。ステレオスピーカーも搭載してるし、5GもeSIMも対応してます。

個人的に欠点といえば復活を期待していたTouch ID(指紋認証)が夢叶わずだったことでしょうか。

でも、僕を含めiPhoneユーザはきっとApple Watchを持ってるからすでに連携してサクッとロック解除してるはず。きっと、たぶん、大きな問題ではないはず。

いま使ってるiPhoneが大きくて使いづらいなら検討を

iPhone 13 miniよりも大きなサイズを使っていて日頃から、「デカくて使いづらいなー」って感じている人はiPhone 13 miniも検討してみて下さい。

案外、6.1インチ(iPhone 12や12 Pro)から5.4インチ(iPhone 13 mini)へのサイズダウンは慣れりゃどうとでもなるレベルです。

いま愚痴ってるサイズと似たようなサイズ感のスマホを買ってこれからさき何年も「デカイ」「重い」「扱いづらい」とまた愚痴るくらいなら、iPhone 13 miniにしたほうがストレス少なくなりそうです。

「扱いやすいサイズ感」。記事で表現するには中々難しいですね。

店頭で実機も並んでるはずなんで、お時間ある方は是非手にとって確かめて下さい。もしかすると、僕と同じようにアナタが求めているサイズ感もこれかも知れません。

それではしばらく使い込んで次回はガッツリとレビューでお届けしたいと思います!レビュー公開時はTwitterFacebookでお伝えするのでフォロー宜しくお願いします。

■MNO(通信キャリア)経由■

■SIMフリー(端末単体)■

▼128GBが86,800円、256GBが98,800円、512GBが122,800円!↓

ページトップへ