楽天モバイル 3ヶ月無料

日本ではiPhone SEがバカ売れ、アメリカではiPhone 12 miniが不調な様子

iPhone 12 miniを片手で掴んだ画像

最新のiPhone 12シリーズが販売されて2ヶ月ほど経ちましたが、スマホの販売台数ランキングを見ているとiPhone SEが変わらず上位に。対してアメリカのiPhone 12シリーズの初動は小型の12 miniが不調だとか。

日本ではiPhone SEがバカ売れ

私もメインスマホとして使っているiPhone SEの第二世代。握りやすい片手iPhone、Apple PayのSuica対応、簡単な防水、指紋認証。ポッケからサッと出してスッと使えるのが魅力です。高性能で安い。トップの画像はiPhone 12 miniです。

以下は家電量販店やECサイトにおけるスマホのPOSデータをまとめた50位までの週間売れ筋ランキングからiPhone SEを抜き出したもの。Appleオンラインストアは入っていないのであくまで目安ですが傾向は見て取れるはず。

1位:iPhone SE 64GB(Softbank)
2位:iPhone SE 64GB(au)
4位:iPhone SE 64GB(NTT docomo)
12位:iPhone SE 64GB(Y!mobile)
13位:iPhone SE 64GB(UQ mobile)
18位:iPhone SE 128GB(au)
30位:iPhone SE 128GB(NTT docomo)
36位:iPhone SE 128GB(Softbank)

スマートフォン 週間売れ筋ランキング 集計期間:2020年12月21日~12月27日

2020年5月発売のiPhone SEが上位を独占。10月23日・11月13日に最新の12シリーズが発売されている中でのセールスです。日本ではiPhone SEの第二世代が圧倒的。Androidスマホも挟まっているので詳しくはランキングを見てみて下さい。

容量やキャリアごとに分かれていますが、大まかに2番目に売れているのが無印のiPhone 12。次にiPhone 12 Proがランクイン、続いて12 miniと12 Pro Maxが位置しています。順番でいうとこんな感じ。

  1. iPhone SE
  2. iPhone 12
  3. iPhone 12 Pro
  4. iPhone 12 mini
  5. iPhone 12 Pro Max

iPhone SEは単純に価格が安いのもありますし、MVNOが取り扱っている事で販売チャネルが多くさらに割引を効かせて売っている事を考えると実際はこれに輪をかけて売れているでしょうね。

アメリカではiPhone 12 miniが苦戦中

こちらはアメリカのデータですが10月~11月度、つまりiPhone 12シリーズが発売された月のiPhoneの売り上げ推定。iPhone SEは目測で7%程度でしょうか。

iPhone models us sales mix oct-nov

CIRP: iPhone 12 sales strong at launch, but iPhone 12 mini ‘likely disappointed Apple’

  1. iPhone 12:27%
  2. iPhone 12 Pro:22%
  3. iPhone 12 Pro Max:22%
  4. iPhone SE:7%
  5. iPhone 12 mini:6%

ざっくりこんな感じかと。アメリカでは一番スタンダードな12を中心に大きめのモデルが人気、対して小型iPhoneである12 miniははっきり売れてないですね。データはあくまで推定ですが実情とそう乖離したものではなさそう。

データの中身も集計月も違うので一概には言えませんが、日本に比べてSEが売れていないのは国民性でしょうか。あるいはアメリカのMVNOが安売りをしていないとか。

日本では最上位のPro Maxが不調?

以下はiPhone 12シリーズの4モデル、それにiPhone SEのAppleオンラインストアでの最安容量の定価。

  • iPhone 12:85,800円
  • iPhone 12 Pro:106,800円
  • iPhone 12 Pro Max:117,800円
  • iPhone 12 mini:74,800円
  • iPhone SE:44,800円

ProとPro Maxは容量展開が128GBからなので金額的にドカンとなってしまうのは仕方ないとして、12と12 miniでは同じ64GBからの容量展開で価格はminiの方が安いんですよね。

12と12 miniの違いは画面サイズのみ。それでも12 miniの方が売れていないとするとこれは単純に小型iPhoneに魅力を感じる人の絶対数が少ないのでしょう。ただそれでもアメリカに比べたら健闘していると言えます。

むしろ日本は最上位モデルであるiPhone 12 Pro Maxがあまり出ていない様子。スタンダードや安価なモデルは継続的に売れる傾向がありますが、高価なハイエンドはそうでない事を考えるとランキングから消えるかもしれません。

アメリカではSEが下火でその分miniを除いた12シリーズが売れている。日本はSEがバカ売れ、12シリーズでは無印とProが売れ筋。そんな感じでしょうか。

ちっちゃいiPhoneも残して〜

私は片手iPhoneが好きですし12 miniも良い機種だと思いました。残念ながらFace IDよりもTouch IDの方が好みだったので今もSEを使っていますが。

iPhone SEとiPhone 12 miniってどっちを買えばいいの?使って比較した結果

ただ大画面のトレンドはおそらく変わりません。PCを持っていないユーザも増えており、動画視聴もスマホが中心となればある程度のサイズがあった方が楽しめます。途上国の安いAndroidでも6インチ以上は当たり前。

小さいiPhone+iPadとか大画面のAndroidとか、個人的にはバランスが良くて便利なんですけどね。それでもスマホを複数台持つのは少数派なのでしょう。

アメリカでのiPhone 12 miniの売れ行きによっては後継機種が出ないなんて事もありうるかもしれませんね。少なくとも片手で操れるシリーズとしてSEとmini、どちらかは残して欲しいものです。

ページトップへ