1100-150 Xiaomi 14

いつでも書き込めるって素敵。Kindle初のペンに対応した「Kindle Scribe」発表!

Amazon製のおなじみ電子ペーパータブレットKindleくんの新顔である「Kindle Scribe」が登場したぞ!なんとKindleでは初となるペンの書き込み操作に対応しているのが特徴。マジもんのノートのように使えそうで便利そうだ!

Kindle Scribeの特徴

Kindle Scribeの特徴は以下の通り!

Kindle Scribeのハイライト

  • カラーはグレーの1色のみ。片方のベゼルが太めなのが特徴
  • 5.8mmと薄型ボディ
  • 10.2インチサイズ。E-Inkディスプレイで紙のような視認性
  • 最大12週間も持つトンデモ級のバッテリー持ち
  • プレミアムペンはショートカットボタンが搭載されている
  • 閉じればスリープできるカバーも別売りで用意

▼Kindle Scribeの外観はこれまでのKindleとはちょっと違うぞ!なんと片方のベゼル(画面周辺のフチ)が太くなっているではないか!これ、手持ちでペンを使う時に持ちやすそうだな!↓

▼カラーはグレーのみ。デザインはシンプルでクセがないのが良い。あと厚みもわずか5.8mmとめっちゃ薄いッ!↓

▼ディスプレイサイズは10.2インチの大型サイズで高精細な300ppi。E-Ink(電子ペーパー)は色調節ライトや明るさ自動調整機能付き!薄暗い場所でもめちゃ見やすそう。↓

Kindle ScribeはKindle初となるペンでの書き込みに対応しているのが最大のウリ!手書きの付箋を電子書籍に追加できるだけでなく、Microsoft WordやPDFをインポートして付箋を追加したりも出来るのであるッ!

▼これ、仕事やレポート用の資料作りにもめちゃ活躍しそうである。↓

ちなみに先述した書き込み以外にノートやメモ帳、日記としても利用できるテンプレートがプリインされていてフォルダごとに管理できるんだとか!これ、普段のノート代わりにも普通に使えそうだな!

▼ペンはKindle Scribe本体に直接マグネットでくっつくほか、充電も設定も必要なしですぐに使えるシンプル・手軽さも兼ね備えている構造となっている。すっげー楽ちんでいいね!↓

またペンは通常のペンとプレミアムペンの2モデルが展開。プレミアムペンはボタンが追加されており、様々なショートカット操作を組めるのが魅力。ペンの切り替えや消しゴム機能が組めるため、より書き込みがラクにできそうだ!

▼俺が買うならプレミアムペンが付属するモデルで決まりだな。↓

▼別売りで専用の手帳型ケースカバーも用意されているぞ!衝撃からボディを守ったり、自立させられたり、閉じれば自動でスリープにできたりととっても便利なので是非とも揃えておきたいところである。↓

Kindle初のペン対応モデル

発売予定日は11月30日で価格は以下の通りである!プレミアムペンのみ32GB、64GBモデルが選択可能なので購入時は間違えないように!

  • スタンダードペン・16GB:47,980円
  • プレミアムペン・16GB:51,980円
  • プレミアムペン・32GB:54,980円
  • プレミアムペン・64GB:59,980円

最も安価なモデルでも4.7万円からとKindleシリーズの中でもかなり高価なモデルだが、それだけにペン関連の機能のクオリティと書き心地・使い心地の良さにも期待できるといえる。俺も試してみたいぜ!

電子書籍を楽しむだけでなく学生さんやPDFにメモや資料作りを行う方も便利に使えそうなアイテムなので是非チェックしてみてくれ!

■Kindle Scribe■
▼容量ペンの種類を選択する形です↓

ページトップへ