ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

REMAX KINGREEのレビュー!電圧電流チェッカー付きのモバイルバッテリー!

KINGREE

こんにちは、ガルマックスレビュアーの__agar(あがー)です。

REMAXさんから発売されているKINGREEというモバイルバッテリーのレビューを書かせていただくことになりました!

モバイルバッテリーは様々なメーカーから数多くの製品が出ていますが、このKINGREEは非常に珍しい機能の付いた面白い製品です。

KINGREEの総合評価

[良かった]

  • 給電時の電圧/電流を確認できる
  • 10000mAhの大容量
  • 約198gと軽量
  • 5V2A×2の十分な出力
  • 個性的なデザイン
  • より安全なリチウムポリマー電池を採用

[イマイチ]

  • 入力が5V1Aまでなので、充電に時間がかかる
  • メーター部分は若干傷付きやすい

[総合評価]

最大の特徴は、本体上部に設けられたメーター部分です。

充電中の電圧・電流、電池残量などがチェックできる実用上のメリットはもちろん、見た目の面でも自動車のメーターパネルのようなデザインで、本体のストライプと合わせてレーシーな雰囲気があり格好良いと思います。

他のREMAX製モバイルバッテリーの多くと同様に「リチウムポリマー電池」が使われており、安全面でも評価できます。

実売5,000円強と10000mAhクラスのモバイルバッテリーとしては若干高めの価格帯ではありますが、品質や機能、個性などあらゆる面で、良い意味で価格相応の価値があるモバイルバッテリーだと感じました。

価格はリアルタイムで変動するので現在の価格をチェックして下さい。

KINGREEのスペック

電池容量 10000mAh
電池タイプ リチウムポリマー
入力 5V/1A
出力 5V/2A 2ポート(最大2.0A)
サイズ(本体) 145.0×65.5×14.7mm
重量(本体) 約198g
付属品 モバイルバッテリー専用充電ケーブル
パッケージサイズ 172×95×23mm 約306g

KINGREEは10000mAhのリチウムポリマー電池を搭載したモバイルバッテリーです。入力は5V1A、出力は5V2Aまでとなっています。

スペックの中でも注目したいのが、リチウムポリマー電池を使っている点です。

モバイルバッテリーの電池部分にはスマートフォンなどでもよく使われるリチウムイオン電池が使われていることも多いですが、それと比べて高価にはなりますが安全性が高いとされているのがリチウムポリマー電池です。

スマートフォンやモバイルバッテリーの発火事故もしばしば報道される中、より安心して使えるモバイルバッテリーと言えるでしょう。

KINGREEの同梱品をチェック

▼KINGREEはこのような箱に入ってやってきました。透明のパッケージで中身が見えるようになっています。↓

KINGREEはプラスティックケースで届きました

▼厚みのあるプラスチック製の箱なので、KINGREEが手元に届くまでしっかりと保護してくれるでしょう。↓

KINGREEのケースは厚みがあり想像以上に頑丈です

▼フタを開けるとすぐに本体を取り出せるようになっていました。パッケージにもKINGREEのデザインと合わせたストライプがあしらわれており、おしゃれなイメージです。↓

KINGREEはストライプスデザインが美しい!

▼中身をすべて取り出してみたところです。本体、micro USBケーブル、説明書、検査の合格証が入っていました。↓

KINGREEの同梱物は合格証もバッチリ入っているので安心です

付属ケーブルは短めで扱いやすい

▼付属のmicro USBケーブルは、長さ10cmほどのもの。カバンの中で充電しておく場合やスマートフォンと重ねて手に持って使う場合など、絡まったりする心配もなく扱いやすいケーブルです。

KINGREEのケーブルはコンパクトで持ち運びやすいです。

保護フィルム貼り付け済み

▼本機種の特徴であるメーター部分には実際の表示をイメージした印刷入りのフィルムが貼られた状態で入っているのですが、こちらを1枚剥がすと下にそのまま使える透明の保護フィルムが貼られています。

KINGREEのディスプレイには保護フィルムが入っている

今回のレビューではより綺麗な状態でお見せするためにフィルムを剥がして使ってみましたが、メーター部分の素材は柔らかく一緒に持ち歩くケーブルなどが当たると傷が入りやすかったので、この保護フィルムは貼ったまま使うのがおすすめです。

KINGREEの外観をチェック

KINGREEの外観をチェックします。

個性的なデザインに満足

▼モバイルバッテリーのデザインは似た物になりやすいですが、KINGREEのデザインはとても個性的です。上部の各種表示用の小窓はもちろん、縦に入ったストライプが良い味を出しています。

KINGREEのデザインは個性的でカッコイイ

▼ストライプは裏面にも入っています。白い部分はプラスチックですが、光沢を押さえた仕上げでまずまずの質感です。↓

KINGREEの裏側にもストライプカラーが入っています

端子は上部にまとめて配置

▼中央に入力用のmicro USB端子が1つと、その左右に出力用のUSB端子が2つ並んでいます。↓

KINGREEのメーター上部にUSB端子が2つ充電用のMicroUSBケーブルが1つ備わっています

端子やメーターなど多くの要素が上部にまとめられているためか、実際に使ってみると使用時の発熱はこの部分だけが少し温まる程度で、バッテリーが詰まっている残りの部分は常温でした。

このおかげで、スマートフォンと一緒に持って使う場合など発熱が気になりにくく感じました。

細長い形状で持ち歩きやすい

▼5.2インチのスマートフォンと並べてみたところです。長さは5インチ台のスマートフォンとあまり変わらないくらい、幅は細めといったサイズで、カバンのちょっとした空きスペースに忍ばせやすい形状でした。

KINGREEは細長い形状でスマホと同じようなサイズ感なので持ちやすい

KINGREEの仕様と性能をチェック

KINGREEの仕様と性能をチェックします。

10000mAhで約198gと軽量

▼KINGREEは公称約198gと、10000mAh級のモバイルバッテリーとしてはかなり軽量な部類です。実際に計測してみましたが、公称通りの軽さでした。↓

KINGREEの重量は198gで公表値。容量に対して非常に軽量です

充電状況が分かりやすい

▼KINGREEを使ってスマートフォンを充電している様子です。メーターにLED表示された針が動いて、現在の電圧・電流を表示してくれます。

KINGREEは使用中に電流と電圧を表示してくれます

KINGREEならではの機能である電圧電流チェッカーは、充電状況を詳しく確認したい人に限らずとも便利です。

通常のモバイルバッテリーならば正しく充電開始されているかは、スマートフォン側のLEDランプやそれがない機種であれば画面表示を確認しなければ判断しにくいところですが、KINGREEならメーターが動いているかを見るだけでも確認できます。

KINGREE自体の充電中にも状況を確認できる

▼給電中ばかりではなく、KINGREEを充電している際にも電圧電流チェッカーが動きます。

KINGREEは充電中も電流と電圧を測定してくれます

上の写真であれば、仕様通り5V1Aで充電されていることが確認できました。

また、給電中もそうなのですが、電圧と電流のメーターの間には電池残量の表示も付いています。

一般的なモバイルバッテリーであれば数段階のLEDインジケーターでの残量確認ができる程度ですが、KINGREEは1%単位で電池残量を知っておくことができます。

KINGREEのまとめ

電圧電流チェッカーという珍しい機能が付いたモバイルバッテリーという点に最初は注目していたのですが、掘り下げてみると、10000mAh級のモバイルバッテリーとしてはトップクラスの軽さや、安全性の高いリチウムポリマー電池の採用、デザイン性の高さなど魅力の多いモデルでした。

充電時の電圧・電流を確認したい方ばかりではなく、そうでない方にもおすすめの高品質なモバイルバッテリーです。

KINGREEのご購入は以下からどうぞ。カラーは紹介したホワイト以外にグレーとゴールドもお選び頂けます。

▼本製品以外にもガルマックスでは沢山のモバイルバッテリーをレビューしているので是非チェックしてみて下さいね!↓

▼本記事のジャンル以外の製品も数多く実機レビューを書いています。宜しければどうぞ!↓

執筆:agar

ページトップへ