1100-150 Xiaomi 14

「MacBook Air 2022」と「MacBook Air 2020」の違いを比較

Appleのノートパソコン「MacBook Air 2022」と前機種である「MacBook Air 2020」の違いを比較しました。

MacBook Air 2022とMacBook Air 2020の性能を比較

MacBook Air 2022はMacBook Airシリーズの2022年モデル。スペックが大幅アップしつつ、ノッチありのディスプレイ形状といったデザイン面も変化している最新ノートパソコンです!さらにAirらしく薄型で軽量なのもポイント。

先代にあたる2020年モデルとどういった点が異なるか、以下にまとめています。

MacBook Air 2022とMacBook Air 2020の違い

ざっくり言うとこんな感じです。

MacBook Air 2022は、

  • SoCはApple M2(2020モデルはApple M1)
  • GPUは最大10コアに増えた(2020モデルは最大8コア)
  • メモリも最大24GBにアップ(2020モデルは最大16GB)
  • 本体カラーは4色に増えた(2020モデルは3色)
  • 本体重量は1.24kg(2020モデルは1.29kg)
  • 画面は13.6インチでノッチ付き(2020モデルは13.3インチ、ノッチなし)
  • 2,560×1,664のLiquid Retina(2020モデルは2,560×1,600のRetina)
  • 最大輝度が500ニトにアップ(2020モデルは400ニト)
  • インカメラ解像度が1080pにアップ(2020モデルは720p)
  • クアッドスピーカーを搭載(2020モデルはデュアルスピーカー)
  • 第3世代AirPodsと組み合わせての空間オーディオに対応
  • 3.5mmイヤホンジャックは高度なハイインピーダンスに対応
  • 上位版は2ポートの35W充電アダプタが付属、オプションの67Wアダプタも対応

まず処理性能がアップしており、MacBook Air 2022は最新SoCであるApple M2を採用しています!ただでさえM1でもモノスゴいスペックだったんですが、それを超える処理性能はどれほどのパワーを得られるのか…動画の編集作業はさらにサクサクいけそうですね!

GPUのコア数も最大10コアに増加!またH.264メディアエンジンにも対応するようになっています。さらにユニファイドメモリも新たに24GB版が登場しております。メモリ帯域幅は100GB/s!

外観デザインでは、カラーが3色から4色に増えているという点が大きな違いとなっています!カラーは新たにミッドナイトブラックがラインナップされています。

スペックアップしつつ、先代モデルよりも本体重量が0.5kg減っているのもポイント!まさにAirの名前にふさわしい軽さを維持できているのは見事といえます。

ディスプレイはサイズが13.6インチとちょっとだけ大型化。さらに上部にノッチが付いているのが大きな変化点となっております!ノッチに関しては賛否分かれる部分といえるでしょうね。

ノッチがあることで解像度は2,560×1,664と少しだけ上がっており、またRetinaタイプからLiquid Retinaタイプに変わっています!

最大輝度も100上がって500ニトとパワーアップしています。より明るく表示ができるようになっており、様々な場所でも見えやすくなっているんじゃないかなと思えます。

インカメラもスペックアップ。先代の720pから1080pと解像度がアップしています!

スピーカーも2つ増えており、MacBook Air 2022は4基搭載のクアッドスピーカー(高音と低音を分けたステレオタイプ)にパワーアップしています!音質の良さや音の迫力も感じられそうですね。

またビデオ再生時において空間オーディオに対応しており、AirPodsの第3世代モデル、AirPods Pro、AirPods Maxで使えるようになっているそうです。イヤホンジャックも高度なハイインピーダンスに新たに対応。

付属の充電器は10コアGPUモデルであれば2ポートの35Wアダプタが付属!通常モデルの場合は今までの1ポート30Wタイプ。またさらに高速充電が可能な67Wアダプタもオプションで追加する事が可能。

まとめ

MacBook Air 2022はとにかくパワーアップしている最新モデル。M1搭載のMacBook Air 2020も強力だったんですが、それを上回る大幅進化を遂げている。しかもそれでいて薄型と軽量さを維持できているのもスゴイっす。

もはやこれこそProモデルなんじゃないかって思えてしまうレベル。Pro 2022と異なりこちらはTouchBarではなく物理型ファンクションキーを搭載してて使いやすさもありますし、多くの人にとって刺さるモデルですよねぇ。筆者も欲しい。

ただ円安のせいか価格も上がっちゃってます。2020モデルでは134,800円だったのが、2022モデルでは164,800円からとなっているんですよ。3万円の値上げは結構響く(´・ω・`)。

ただこれだけのスペックでまとまってるし薄くて軽いんで需要はかなりあるでしょうね。スペックもなまじ高いおかげで数年買い換えなくてもいいんじゃねぇかって思えるんす。

▼MacBook Air 2022の公式サイトは以下です!↓

ページトップへ