ワイモバイル バナー ヘッダー

MediaTek「Kompanio 900T」発表!タブレット・ノートパソコン向けの5G対応SoC!

MediaTekが新型SoCのKompanio 900Tを発表!タブレット、ノートパソコン向けSoCで5Gに対応しているチップセットです!

Kompanio 900Tの特徴

Kompanio 900Tの特徴は以下の通り!

Kompanio 900Tのハイライト

  • タブレット、ノートPC向けに設計されている
  • 2つのArm Cortex-A78、6つのArm Cortex-A55を搭載
  • 最大120Hzのリフレッシュレート(なめらか表示)に対応
  • Wi-Fi 6、Bluetooth5.2、5Gに対応している

Kompanio 900Tは見慣れない名前だな~って印象を持つかもしれません(現に筆者がそうなんですが)。KompanioシリーズはHelio、Dimensityとは異なり、タブレットおよびノートパソコン向けに設計されているSoCとなっております!

CPU構成は高パフォーマンスなArm Cortex-A78を2つ、バッテリー効率に優れたArm Cortex-A55を6つ組み込んだ構成となっており、堅牢なスペックという印象を受けます。公式曰く「強力な性能と低消費電力を兼ね備えている」とのこと!

また最大120Hzのリフレッシュレートをサポートしているのが特徴!タブレットもノートパソコンもぬるぬるとなめらかなスクロールを実現できるいい橋渡しとなってくれそうですね。

通信面も充実しており、Wi-Fi規格は最新であるWi-Fi 6、Bluetoothバージョンは5.2をサポート!さらに5G通信にも対応しているのが特徴です!

他にも、HDR+ビデオ再生もサポートしており、まさにストリーミング視聴向けに仕上がっている印象です。特に大画面であるタブレットとノートパソコンとの相性はバッチリですね!

まとめ

これまでタブレットではハイエンドモデルでしか5Gだったりなめらか表示だったりを味わえませんでしたが、Kompanio 900Tが登場したことで、今後のタブレット、ノートパソコンのスペックがどれほど向上してくれるのか実に楽しみになりますね!

現時点では高いスペックを持つAndroidタブレットはまだまだ限られているので、Kompanio 900Tの登場で今後どんどん増えてほしいなぁと願うばかりでございます。

前に登場したXiaomi Pad 5はかなり人気なので、それの対抗馬としてどんどん各社から高コスパタブレットが出て欲しいと期待です(`・ω・´)。

ページトップへ