ワイモバイル バナー ヘッダー

新型Switch「有機ELモデル」の違いを比較。初めて買う人やLiteからの買い替えなら良さげ

噂されていた新型Switch「Nintendo Switch 有機ELモデル」が発表された!ただ、人によっては食指が動かないかも。これから初めてSwitchを買う人やLiteからの買い替えなら良さそうね。他モデルとの比較表も作ったんで見てって下さい。

Nintendo Switch 有機ELモデルの特徴

Nintendo Switch 有機ELモデルの特徴は以下の通り。

まずはディスプレイは高級テレビなんかで採用されている有機ELタイプになりました。有機ELは液晶のようにバックライトで照らすのではなく、ドット自体が自発光するので黒色=消灯となり真の黒色を表現可能です。

▼ディスプレイが有機ELになることで、より色鮮やかにゲームを楽しめそう↓

続いてはディスプレイサイズがアップ。現行のNintendo Switchが6.2インチ、Nintendo Switch Liteが5.5インチですが、Nintendo Switch 有機ELモデルは7インチにサイズアップ。携帯ゲーム機としては最大級の画面サイズとなってます。

▼鮮やかな有機ELに加え7インチの大画面でより快適にプレイできそう。↓

ディスプレイの角度調整も柔軟に出来るようになってます。現行のSwitchは簡易的なスタンドがついてますが、Nintendo Switch 有機ELモデルはサーフェスのキックスタンドのような形状に。

▼これは結構ありがたいユーザーは多そう。現行Switchのスタンドは調整しづらいもんね。たまに外れるし。↓

さらにNintendo Switch 有機ELモデルに付属のドックは待望の有線LAN端子を搭載。対戦ゲームではWi-Fiよりも安定した通信が行える有線LAN接続が好まれる傾向ですが、やっと有線で繋げられます。

▼待ってました。有線LAN端子。↓

▼本体容量も64GBにパワーアップ。↓

▼スピーカーも新しくなったみたいです。↓

Nintendo Switch 有機ELモデルと他モデルの違いを比較

Nintendo Switch 有機ELモデルが仲間入りしたことで、SwitchファミリーはSwitch有機モデル、Switch、Switch Liteの3モデルに。それぞれの特徴を比較してみます。

項目 Switch
有機EL版
Switch Switch Lite
画面サイズ 7インチ 6.2インチ 5.5インチ
携帯モード
テレビモード
本体画面出力 1280×720 1280×720 1280×720
テレビ画面出力 1920×1080 1920×1080 1920×1080
フレームレート 最大60FPS 最大60FPS 最大60FPS
Joy-Con ○付属 ○付属
HD振動
モーションIRカメラ
スタンド ○柔軟な角度調整機能付き ○簡易的
ゲーム 全部対応 全部対応 テレビモード専用ゲームは非対応
ドック ○有線LAN対応版
本体容量 64GB 32GB 32GB
駆動時間 4.5~9時間 4.5~9時間 3.0〜7時間
サイズ 102×242×13.9mm 102×239×13.9mm 91.1×208×13.9mm
重量 420g 398g 275g
価格 37,980円 32,978円 21,978円

僕はテレビに接続して使ってるから買い替えは無いかなー

僕はSwitchとSwitch Liteのどっちも持ってるんだけど、基本はSwitchしか使ってない&テレビに接続して利用してるんですよ。そうなってくると

  • 有機EL→テレビに繋いでるから別にどうでも良い
  • 大画面化→テレビに繋いでるから別にどうでも良い
  • スタンド→テレビに繋いでるからどうでも良い
  • 有線LAN端子→マジ欲しい
  • 64GBストレージ→もうSD突っ込んでるからどうでも良い

こんな感じ

有線LAN端子だけは欲しいかなー。対戦ゲームをするうえで安定的な通信を行いたいんで良いなーって思ってたんだけど、任天堂の公式サイトを見るとQ&Aでこんなことが書いてるんよね。

▼画像だと読みづらいんだけど、Q「「Nintendo Switch(有機ELモデル)」のドックは、「Nintendo Switch」でも使えますか?」に対し、A有線LAN端子も含めて、お使いいただけます。※本体更新が必要な場合があります。」って書いてます。↓

あれ、もしかしたら有線LAN端子搭載のドックって単体で購入できるようになるのかな?そうであれば別に新型Switchを購入しなくてもドックだけあれば良いやって感じになっちゃった。

処理性能が向上してより綺麗な映像で楽しめるとかなら買い替えてたんだけどなー。あと、噂されていた4K対応なんかも今回の発表では無かったので、テレビに接続する仕様とかは変わらんっぽい。

という訳で僕はドックさえ手に入るんだったらNintendo Switch 有機ELモデルは購入見送りかなー。

▼発表からTwitterで意見を見ていたんですが、やっぱりSwitchを持っている方は性能向上とかを期待していたっぽいので、若干がっかり感が漂ってますな。ちなみに記事の最後でアンケートしてますが、アンケート途中経過で「見送り」を選んだ方は9割に迫る勢いです。↓

Nintendo Switch 有機ELモデルの発売日と価格、オススメな人

Nintendo Switch 有機ELモデルの発売日は2021年10月8日。希望小売価格は37,980円です。

Nintendo Switch 有機ELモデルは「携帯ゲーム機」として利用する際に魅力的なアップグレードが多く施されてます。なので、テレビに接続して使うことを想定しているなら安い普通のSwitchでも良いかと。

何処かに持ち運んで遊ぶことが多い方であれば、普通のSwitchより画面が大きく色鮮やかな表示ができる有機EL、柔軟に角度調整できるスタンド、新しくなったスピーカーなどが体験できるNintendo Switch 有機ELモデルがオススメ。

また、Switch Liteを使っていてアップグレードを検討している方にもオススメかな。テレビに繋いで大画面でプレイすることも出来ちゃいますからね。

僕は用途的に食指が動くことは無かったんだけど、用途があえば魅力的なモデルかと思います。皆さんは有機EL版のSwitchを購入する?

ページトップへ