ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OPPO Reno 4のスペック・対応バンドまとめ!全てが高いレベルでまとまったミドルハイ

OPPO Reno 4

OPPOのニューモデルOPPO Reno 4をご紹介!今までにない特徴的なルックス、全体的に高くまとまった性能が魅力なミドルハイモデルとなります!対応バンドも優秀なので日本でも発売してほしい。

兄弟機のOPPO Reno 4 Proについては以下の記事をどうぞ!

OPPO Reno 4 Proのスペック・対応バンドまとめ!90Hzディスプレイに対応、価格は上昇

OPPO Reno 4の詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Reno 4
型番/別名 PDPM00、PDPT00
発売年 2020年6月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー OPPO
言語 日本語対応不明!情報求む!
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G W-CDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
4G LTE FDD LTE:B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26
TD-LTE:B34 / 38 / 39 / 40 / 41
5G NR Sub6:n1 / n3 / n41 / n77 / n78 / n79
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.1
SIMサイズ・スロット デュアルスロット(Nano SIM×2)
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
DSDS対応
5G対応はSIM1スロットのSIMのみ動作
本体仕様
ディスプレイ 6.4インチ/有機EL/画面占有率90.7%
解像度 2,400×1,080(FHD+)
画面比率 20 : 9
画素密度 409ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 長さ:約159.3mm
横幅:約74.0mm
厚さ:約7.8mm
重さ 183g
本体色 ブラック系/ブルー系/パープル系
システム仕様
OS Color OS 7.2
Android 10ベース
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 765G
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約300,000点
GPUスコア約87,500点
(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ8GB+容量128GB
メモリ8GB+容量256GB
ストレージカード 非対応
カメラ
メインカメラ トリプルカメラ
①48MP(メイン、通常12MP、f/1.7、IMX586)
②8MP(超広角、f/2.2、119°)
③2MP(モノクロ、f/2.2)
特性:PDAF、ポートレート、48MPモード
AI:対応
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:メイン1/2.0
PXサイズ:メイン0.8μm
前面カメラ パンチホール式インカメラ
①32MP(メイン、f/2.4)
②2MP(被写体深度測定、f/2.4)
ビューティーAI:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック なし
NFC NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
バッテリー
バッテリー容量 4,020mAh
充電 有線充電:65W(SuperVOOC)
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

OPPO Reno 4

スペック表に関する免責事項

OPPO Reno 4の発売時期と価格

OPPO Reno 4の発売時期は6月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ8GB+容量128GB:2999元(約46,000円)
  • メモリ8GB+容量256GB:3299元(約50,000円)

OPPO Reno 4の性能をチェック!

OPPO Reno 4は発売時点でハイエンド帯に次ぐ性能を誇るミドルレンジ最上位のモデルです!ハイエンド端末よりもグッと安くなり性能も非常に高いことから人気の性能帯です!処理性能的にはハイエンドモデルには敵いませんが、先進的な技術や高い性能のカメラなど機能的にはハイエンドに引けを取らない構成が魅力となっています!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定次第で重量級ゲームも非常に快適に遊べる。ゲーマーにもおすすめ

OPPO Reno 4(Snapdragon 765G)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだOPPO Reno 4実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 765G」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。Snapdragon 765Gの参考スコアは以下の通り。

  • 総合スコア(CPU):300,000点
  • ゲーム性能(GPU):87,500点
▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
区分AnTuTu Ver8 スコア
ハイエンド総合スコア:約55万点
GPUスコア:約21万点
ミドルレンジ上位総合スコア:約33万点
GPUスコア:約9万点
ミドルレンジ総合スコア:約21万点
GPUスコア:約3万点
エントリー総合スコア:約8万点
GPUスコア:約9千点
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓
実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/28更新]

OPPO Reno 4の対応バンドをチェック!

OPPO Reno 4は海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

OPPO Reno 4のドコモ回線のバンド対応状況

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n78(5G NR Sub6/3.7GHz)重要
n79(5G NR Sub6/4.5GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド ドコモ

4Gで重要なバンド1・3・19に対応しているので実用に問題はありません。

5G NR対応バンド ドコモ

ドコモで提供されている5G NRのうちSub6のn78・n79に対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

OPPO Reno 4のソフトバンク回線・ワイモバイル回線のバンド対応

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド ソフトバンク・ワイモバイル

4Gで重要なバンド1・3・8に対応しているので実用に問題はありません。

5G NR対応バンド ソフトバンク

ソフトバンクで提供されている5G NRのうちSub6のn77のみ対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

OPPO Reno 4のau回線のバンド対応

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G FDD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GH) ×
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要
n78(5G NR Sub6/3.7GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド au

4Gで重要なバンド1・18・26に対応していますが、auはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド au

auで提供されている5G NRのうちSub6のn77・n78に対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

OPPO Reno 4の楽天モバイル回線のバンド対応

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド 楽天モバイル

4Gで重要なバンド3・18・26に対応していますが、楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド 楽天モバイル

楽天モバイルが提供する5G NRのうちSub6のn77のみ対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

OPPO Reno 4の特徴をピックアップ!

本体カラーはブラック系・ブルー系・パープル系の3色展開!

OPPO Reno 4

このカラーラインナップは全体的に大人チックな雰囲気。本体デザインは背面に指紋センサーがなく、ロゴもOPPOのメーカーロゴのみと非常にシンプルです!

▼なおこのOPPO Reno 4のブラック系カラー、実はグラデーション加工が施されているので、角度によって七色に輝くんです!シンプルながら非常に美しく個性的。↓

OPPO Reno 4

またボタン配置もちょっと独特です!今まででは画面からみて右側の側面に電源キーと音量キーを配置しているスマホが殆どですが、OPPO Reno 4は右に電源キー、そして左に音量キーを配置!これにより手の位置をずらすことなく音量調整もラクにできる、嬉しい配置なんですよね。

今後はこの配置をトレンドにしてもらいたいっす。今の所OPPOかRealme(OPPOから独立したブランド)ぐらいしかあまり見かけない(´・ω・`)

Snapdragon 765G搭載!メモリは8GB、ストレージは128/256GB!

OPPO Reno 4の心臓部であるSoCはミドルレンジ最上位のSnapdragon 765Gを搭載!メモリ容量は一律8GB、ストレージは128GBと256GBの2バリエーションとなっています。

Snapdragon 765Gのベンチマークは平均300,000点で、WebブラウジングやSNSなど、日常的に使う部分で快適に感じるボーダーラインの150,000点を余裕でクリアー。さらにこの点数なら3DのFPSゲームも快適に遊べるので、ゲーマーさんにもオススメスペック!さらに次世代通信規格の5Gにも対応しているので、長くOPPO Reno 4を使う上でもバッチリ。

6.4インチ有機ELディスプレイを搭載!

OPPO Reno 4

OPPO Reno 4のディスプレイは有機ELディスプレイを搭載。解像度は2,400×1,080(FHD+)となっています。

ミドルハイモデルながらディスプレイ品質はバッチリなスペックとなっております!まずディスプレイ素材は液晶でなく有機ELを採用しており、発色の良さ、黒色の引き締まりが非常に美しいんですよね。パンチホール形状のためディスプレイは本体に対して広々としており、ゲームも動画視聴も存分に楽しめそうです!

リアカメラは4,800万画素のカメラをメインとしたトリプル構成!

OPPO Reno 4

OPPO Reno 4には4,800万画素(メインカメラ)+800万画素(超広角カメラ)+200万画素(モノクロカメラ)のトリプルカメラ構成となります。

カメラはとっても特徴的な見た目で、まるでiPhone 11のカメラ配置を縦配列にしたようなシンプルさ。タピオカと揶揄できそうです!でもそれがいい。スッキリしているし個性的ですから。

▼メインカメラは48MPで高い画素数を誇りつつ、AIに対応し、さらに長時間露光によるナイトモードにも対応しております!これまでのスマホの撮影では味わえないキレイな夜景をOPPO Reno 4で手中に収められる。ロマンチックなスペックが魅力的です!↓

OPPO Reno 4

▼またサブカメラをイカしたポートレート撮影にも対応!これを使えば、一眼レフで撮影したかのような背景ボケの写真を撮影できるんです!被写体をより印象づけたいシーンで有用。ちょっとした芸術チックな撮影も楽しめます。↓

OPPO Reno 4

▼またビデオ撮影ではHDR録画に対応!ダイナミックレンジがより広くなったことで、日陰の場所でも明るく撮影できるようになりました!また、手ブレ補正にも対応しており、動きのある被写体、あるいは歩きながらの撮影でも安心です!↓

OPPO Reno 4

▼インカメラは3,200万画素ととても高い画素数が魅力です!さらミドルハイでは珍しいデュアルインカメラを採用しており、ポートレート写真もバッチリ撮影できるんですって!セルフィー品質も抜け目なく高いです!↓

OPPO Reno 4

65Wの超急速充電対応。バッテリーは4,000mAh!

OPPO Reno 4

OPPO Reno 4は65Wの超急速充電に対応しています。また、バッテリー容量は標準よりも少し大きめな4,000mAhとなっています。

OPPOは様々な先進機能や未来的なルックスなスマホを作ることで有名ですが、充電に関しては他社の追随を許さないぐらいに高いスペックが魅力的なんです!と、いうのもOPPO Reno 4は専用充電器を用いてのSuperVOOCチャージに対応し、規格は驚異の65W。一般的な充電規格の5Wの13倍の速さと驚異的です!

公式では「わずか15分でバッテリーを60%充電できる」と銘打っており、もはやOPPO Reno 4で充電切れを心配することはなくなりそうです!逆に過充電を心配したほうがいいかも。忙しいときでもサクっと充電できるので、ヘビーユーザーでも満足できそうです!

OPPO Reno 4まとめ!見た目だけでも欲しくなる渾身の一台

OPPO Reno 4

「シンプルな見た目だけどひと目でコレだ!と見分けがつくような変わった個性があるスマホが欲しい」党の皆さん、おまたせしました。それがOPPO Reno 4です。

SoC性能だけがミドルハイ、あとはハイエンドと言ってもおかしくないぐらいのスペックが魅力的!特に充電に関しては他社ハイエンド以上の速さで、日常使いではバッテリー切れにおびえることなく使えそう。ですが個人的に推したいのはやはり見た目。カメラデザインはひと目惚れもんです。今までは黒い部分が横に広がったような長方形型カメラな見た目が流行でしたが、OPPO Reno 4はその流行に反しているのも面白いですよね。是非とも実機を拝んでみたい!そんなビビっとくる1台なのでした。

OPPO Reno 4の割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではOPPO Reno 4をお得に手に入れるために情報をまとめています!

OPPO Reno 4の割引クーポン・セール一覧

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookでお伝えするのでフォローを宜しくお願いいたします!

OPPO Reno 4の公式サイト

OPPO Reno 4の公式サイトは以下です!

ページトップへ