OPPO Reno3 ProのLTE版が登場!SoCに最新のHelio P95を採用!

 

▼過去最安クラス。スマホを新しくしたいなら↓

【おすすめ】BIGLOBEモバイルでiPhone SEやRedmi Note 9Sが激安に

OPPO Reno3 Pro(LTE)

OPPO Reno3 ProにLTE仕様が登場!

OPPO Reno3 Proのグローバル版と言える機種がインドで発表されました!中国版と違いLTE仕様になっているのが大きな特徴ですが、それ以外にもSoCやカメラなどが変更されており、まるで別機種のようになっています。

OPPO Reno3 Pro(LTE版)の仕様

OPPO Reno3 Pro(LTE版)の大きな特徴は以下の4つ。

  • Helio P95にメモリが最大8GB、ストレージが最大256GBのハイエンドモデル
  • 6.4インチの2400×1080(FHD+)ディスプレイを搭載。
  • アウトカメラは6,400万画素+1,300万画素+800万画素+200万画素のクアッドカメラにインカメラは4,400万画素+200万画素デュアルカメラ
  • 30Wの超急速充電に4,025mAhの大容量バッテリー

▼さらに詳しいスペック表を作成しました!↓

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式サイト
信頼度:高
製品情報
端末名 Oppo Reno 3 Pro
(LTEモデル)
型番/別名 CPH2035
発売年 2020年3月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー OPPO
備考 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G WCDMA:1 / 5 / 8
4G LTE FDD-LTE:1 / 3 / 5 / 8
TDD-LTE:38 / 40 / 41
5G NR 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
本体仕様
ディスプレイ 6.4インチ/有機EL/画面占有率91.5%
解像度 2,400×1,080/FHD+/画面比率20:9
画素密度 405ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ158.8mm
横幅73.4mm
厚さ8.1mm
重さ 175g
本体色 ブラック系/ホワイト系/ブルー系
システム仕様
OS Color OS 7
Android 10ベース
CPU(SoC) MediaTek Helio P95/MT6779V
AnTuTuベンチマーク

AnTuTu v8(参考値):総合スコア約222,000点、GPUスコア約44,000点
Geekbench(参考値):シングルコア約390点、マルチコア約1500点

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ8GB+容量128GB
メモリ8GB+容量256GB
ストレージカード 非公表
カメラ
メインカメラ 64MP+13MP+8MP+2MP
特性:標準+超広角+望遠+モノクロ
F値:1.8+2.4+2.2+2.4
AI:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:1/1.72+1/3.4+1/4.0
PXサイズ:0.8um+1.0um+1.12um+1.75um
前面カメラ 44MP+2MP
特性:標準+超広角+ポートレート
F値:2.4+2.4
AI:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS A-GPS、Beidou、Glonass、GALILEO
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
NFC NFC非搭載
バッテリー
バッテリー容量 4,025mAh
充電 有線充電:30W(10V/3A)
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

OPPO Reno 3 Pro

SoCはHelio P95にメモリは8GBとミドルレンジ上位クラスの処理性能

▼SoCは最近発表されたばかりのHelio P95を搭載。Helio P95はHelio P90をベースにMediaTek HyperEngineゲームテクノロジーを追加したマイナーチェンジモデルです。↓

OPPO Reno3 Pro(LTE)

▼メモリは8GBとハイエンド顔負けの盛りっぷり。ストレージは高速なUFS 2.1に最大256GBとこれまたハイエンドに近い仕様となっています。↓

OPPO Reno3 Pro(LTE)

6.4インチの2400×1080(FHD+)有機ELディスプレイを搭載。

▼OPPO Reno3 Pro(LTE版)には6.4インチの有機ELディスプレイを搭載。解像度も2400×1080のFHD+と必要十分です!↓

OPPO Reno3 Pro(LTE)

Super AMOLEDディスプレイを搭載しているので、有機ELならではの深みのある黒色や鮮やかな色彩表現が期待できそうです!

背面にクアッドカメラ、前面にはパンチホール形式のデュアルカメラ

▼OPPO Reno3 Pro(LTE版)のアウトカメラは6,400万画素(F値1.8)+1,300万画素(光学2倍ズーム可能な望遠レンズ)+800万画素(超広角レンズ)+200万画素(モノクロレンズ)のクアッドカメラ方式。↓

OPPO Reno3 Pro(LTE)

高画素数のレンズや光学2倍までズーム可能な望遠レンズはもちろん、最近では珍しくなったモノクロレンズを採用しているのは特筆すべきポイントではないでしょうか。

▼インカメラはパンチホール形式の4,400万画素(標準レンズ)+200万画素(深度測定用)のデュアルカメラとなります。↓

OPPO Reno3 Pro(LTE)

今回発表されたのが自撮り需要が比較的高いインドということもあり、自撮り機能強化のためのデュアルインカメラ採用と予想されます。

30Wの超急速充電に4,025mAhの大容量バッテリーの組み合わせ!

▼OPPO Reno3 Pro(LTE版)はOPPOの急速充電規格であるVOOC Flash Charge 4.0に対応しています。↓

OPPO Reno3 Pro(LTE)

出力は30Wと最近のハイエンドの60Wなどの数値と比べるとインパクトに欠けますが、正直なところ30Wでも十分高出力。だってMacBook付属のACアダプターと同じ出力なんですよ!30WでもちょっとしたノートPCのACアダプターレベルなんで、どれほど高出力なのかが分かるはず。

バッテリーも4,025mAhと大容量になっているので、VOOC Flash Charge 4.0との組み合わせでガッツリ使っても大丈夫ですね!

カラーリングは3色!

▼OPPO Reno3 Pro(LTE版)のカラーリングはオーロラルブルー(ブルー系)、ミッドナイトブラック(ブラック系)、スカイホワイト(ホワイト系)の3色。↓

OPPO Reno3 Pro(LTE)

スカイホワイトはイメージ画像を見た感じではパールホワイトのようなグラデーションで品のある仕上がりになっています。オーロラルブルーやミッドナイトブラックといった定番のカラーも奇をてらわず男性でも持てるカラーリングになっていますね!

Amazon.inにて予約受付中!価格は128GBモデルが29,990ルピー!

OPPO Reno3 Pro(LTE版)は現在Amazon.inにて予約受付中となっており、OPPO Bluetooth Speakerとのセットで29,990ルピー(約44,000円)にて販売されてます。256GB版のページは残念ながら見つけられなかったですが、近いうちに公開されるのではないかと予想されます。

OPPO Reno3 Pro(LTE版)の詳しいスペックや仕様に関してはガルマックスでも近いうちに取り上げますので、是非ご期待ください!

続報が入り次第TwitterFacebookでお知らせするのでフォロー宜しくおねがいします!

▼さらに詳しく仕様を解説するスペック詳細記事も公開しました!是非御覧ください!↓

OPPO Reno 3 Pro(LTEモデル)のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

ページトップへ