OPPO Reno4 Z 5Gのスペックまとめ!120Hz対応、Dimensity 800搭載のミドルハイモデル!

 

▼もうレビュー出してるよ↓

【おすすめ】iPhone 12のレビュー! 【チェック】iPhone 12 Proのレビュー!

OPPO Reno4 Z 5G

OPPOより期待のニューフェイス・ミドルハイモデルであるOPPO Reno4 Z 5Gのスペックと特徴をチェックしてみましょう!モノクロ+レトロカメラを搭載したクアッドカメラに120Hz表示に対応したディスプレイなど性能モリモリです!

OPPO Reno4 Z 5Gの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Reno4 Z 5G
型番/別名 CPH2065
発売年 2020年10月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー OPPO
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G W-CDMA:900 / 2100MHz
4G LTE FDD LTE:700 / 900 / 1800 / 2100 / 2600 MHz
TD-LTE:2570-2620 / 2500-2690MHz
5G NR Sub6:n1 / n3 / n28 / n41 / n78
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
SIMサイズ・スロット デュアルスロット(Nano SIM×2)
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
本体仕様
ディスプレイ 6.57インチ/液晶/画面占有率90.4%
リフレッシュレート120Hz対応
タッチサンプリングレート120Hz
解像度 2,400×1,080(FHD+)
画面比率 19.5 : 9
画素密度 400ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:163.8mm
横幅:75.5mm
厚さ:8.1mm
重さ 184g
本体色 ブラック系/ホワイト系
システム仕様
OS ColorOS 7.1
CPU(SoC) MediaTek Dimensity 800
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約320,000点
GPUスコア約94,000点
(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ8GB+容量128GB
ストレージカード 非対応
カメラ
メインカメラ クアッドカメラ
①48MP(メイン、f/1.7)
②8MP(超広角、119°(歪み補正時109°)、f/2.2)
③2MP(モノクロカメラ、f/2.4)
④2MP(レトロ、f/2.4)
AI:非公表
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
前面カメラ パンチホール式インカメラ
①16MP(メイン、f/2.0)
②2MP(深度測定、f/2.4)
ビューティーAI:対応
手ぶれ補正:対応 非対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS A-GPS、GPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS
センサー 指紋認証(側面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり(本体下部)
NFC 対応(ただしFeliCa/おサイフケータイ非対応)
その他機能 Bluetoothコーデック:SBC、AAC、apt-X、apt-X HD、LDAC
バッテリー
バッテリー容量 4,000mAh
充電 有線充電:18W(6V/3A)
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:非公表
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

OPPO Reno4 Z 5G

スペック表に関する免責事項

SoCはMediaTek Dimensity 800!ミドルハイクラスの高スペック

OPPO Reno4 Z 5Gは発売時点でハイエンド帯に次ぐ性能を誇るミドルレンジ上位のモデルです!処理性能的にはハイエンドモデルには敵いませんが、先進的な技術や高い性能のカメラなど機能的にはハイエンドに引けを取らない構成が魅力となっています!

ベンチマークスコアの平均は300,000点とかなり高く、過去のハイエンドクラス(Snapdragon 845)と同等かそれ以上のスペック!普段使いはもちろんゲームだって快適にこなしてくれますよ!唯一、重量級の3Dゲームの場合は画質の調整が必要になるぐらいです。

搭載メモリ(RAM)は8GBと大きく、重いアプリや複数アプリを動作させていても安定する水準なのも魅力的!保存容量(ROM)は128GBとなっており、普段使いであれば数年使っても困らない大きさですよ!

OPPO Reno4 Z 5G(MediaTek Dimensity 800)のAnTuTuスコア

まだOPPO Reno4 Z 5G実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「MediaTek Dimensity 800」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。MediaTek Dimensity 800の参考スコアは以下の通り。

  • 総合スコア(CPU):320,000点
  • ゲーム性能(GPU):94,000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓

性能区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

カラーはホワイトとブラックの2色!

▼OPPO Reno4 Z 5Gのカラーリングは全2色で、ホワイトとブラックのみというオトナな組み合わせ!ホワイトの場合は側面がローズゴールドっぽい色合いとなっており、非常に可憐な印象を受ける出来栄えです!しかも角度で色が変わるグラデーションも入ってる!↓

OPPO Reno4 Z 5G
薰香白(アロマホワイト)

▼対してブラックは暗めの青色のような深みを感じさせるカラーリング!シンプルかつオトナっぽさを感じさせる印象です。超クール!↓

OPPO Reno4 Z 5G
墨秀黑(モクシウ・ブラック)

▼カメラデザインが独特です!ただの四角形ではなく、2つのカメラがさらに連なっている見た目になっております!ここで「あっこれOPPO Reno4 Z 5Gだァ」と区別がつくポイントすね。↓

OPPO Reno4 Z 5G

ディスプレイはリフレッシュレート120Hzの高速表示に対応!

▼OPPO Reno4 Z 5Gのディスプレイスペックもバッチリ!というのも大きなサイズ、本体に対して広いディスプレイなのはもちろん、リフレッシュレートが120Hzに対応しているからなんです。↓

OPPO Reno4 Z 5G
大きさは6.57インチ、解像度は2,400×1,080(FHD+)、形状はパンチホール型の液晶タイプ

リフレッシュレートが120Hzと高速表示に対応したことで「より高級感ある滑らかな表示を味わえる」のはもちろん「指に吸い付くように動くため操作性も高い」「長時間使ってても眼が疲れにくい」と嬉しいポイントてんこ盛り!

所有満足度を大いに感じられるGoodなポイントですが、ネックとしてバッテリー消費量が上がる点には注意しましょう!

背面はクアッドカメラ、フロントはデュアルカメラを搭載!

▼OPPO Reno4 Z 5Gの搭載カメラ数は全部で6つ。うち背面には4つのカメラが搭載されております!構成はメイン、超広角、モノクロ、そしてレトロという変わった組み合わせなのもOPPO Reno4 Z 5Gの特徴です。

OPPO Reno4 Z 5G
「4,800万画素のメイン」+「800万画素の超広角」+「200万画素のモノクロ」+「200万画素のレトロ」から成るクアッド構成

メインカメラは4,800万画素と一般以上の高い画素数により、より精細でキメ細かい写真も撮れるようになっております!またサブカメラにモノクロカメラを備えているため、明瞭さのあるメリハリある写真のクオリティも期待できます。↓

OPPO Reno4 Z 5G

▼またナイトモードにも対応しており、写真上のようにかなり暗いシーンでも下のような明るい写真で撮影できるのもGood!かなり明るく撮影できており、まるで昼間に撮った写真みたくなってますね。これは実機の仕上がりが気になるぜ!↓

サブカメラには超広角カメラを搭載!写真のような、集団撮影などのシーンはもちろん広大な風景の撮影にもバッチリ活躍できるカメラなんです!利便性がとても高く、一度使ったらなかなかやめられないレベルで便利。↓

OPPO Reno4 Z 5G

▼また、カメラは手ブレ補正にも対応しております!これによる動きのある被写体でも安定した動画撮影が出来るのも魅力的!歩きながらの動画撮影も安定するので、動画での思い出作りもよりクオリティあるものが撮れるのがGoodです!↓

インカメラは珍しいデュアル式!深度測定カメラをサブに搭載

▼OPPO Reno4 Z 5Gの画面左上に搭載されているインカメラはデュアルカメラとなっております!殆どのスマホのインカメラはシングル式なので、デュアル式って結構珍しいんですよね。構成は高画素なメインに加えて深度測定用カメラを搭載しております!↓

OPPO Reno4 Z 5G

▼深度測定カメラは被写体との距離を測定するカメラで、メインカメラと合わせて使えば自撮りでも一眼レフのような背景ボケの写真にできるんです。より引き立つ自撮り撮影も楽しめますね!↓

OPPO Reno4 Z 5G

▼さらにインカメラでもナイトモードに対応しており、暗めなシーンであっても明るく撮影できるので、夜間や夜景バックの自撮りでもバッチリなクオリティに期待できます。↓

OPPO Reno4 Z 5G

▼またAIによるビューティーモードにも対応しているのはもちろん、不自然にならないように絶妙なバランスでビューティー加工してくれるそうです!加工しすぎて「すり減った輪郭でバランスが崩れた魂のない顔」なんてことにならないのも魅力!↓

OPPO Reno4 Z 5G

バッテリー容量は4,000mAh、急速充電も対応!

▼OPPO Reno4 Z 5Gのバッテリー容量は4,000mAhと一般水準より大きめのサイズを確保!急速充電は18Wに対応しており、高いバッテリー容量ながら充電の速さにも期待できるスペックとなっております!↓

OPPO Reno4 Z 5G

ミドルハイクラスにしてはやや控えめという印象もあるものの、普段使いに関してはそこまで気にはならなさそう!重量級ゲームや長時間の動画撮影などヘヴィな使い方に電池もちがついてくるかは気になるところですね。

側面式指紋センサーを搭載!

▼OPPO Reno4 Z 5Gの画面から見て右側に指紋センサーを搭載!手に持った時に自然に指が当たる部分に配置されており使い心地は良さそう!↓

OPPO Reno4 Z 5G

また最近多く見かけられる画面内蔵式とは異なり物理タイプとなっているため、ポケットから出す際に手探りですぐ認証できてロック解除、ということがやりやすいのもポイント!ここも普段使う上で便利だなと高評価です!

ただし片側に配置されているという特性上、左利きや左手で持つことが多いなど、持ち方によって使いやすさが変わる点に注意です!

まとめ:5G対応で120Hz対応が魅力的なモデル!

このOPPO Reno4 Z 5Gの価格は高性能なミドルハイモデルなりの価格帯!定価は4.7万円ほどとなっております!なかなかいい価格帯。これを「クオリティに自信のある価格」ととるか「ミドルハイモデルでは微妙に高い」ととるかは皆さん次第ですぞ。

特筆すべき魅力といえばシンプルながら美しい見た目にリフレッシュレートの高さ、そして変わったカメラ構成が挙げられます。

ミドルハイモデルで120Hzと高いリフレッシュレートに対応しているのは中々なく、そういう意味ではOPPO Reno4 Z 5Gは高い満足度を感じられるモデルといえるでしょう!この高リフレッシュレートはマジにヤミツキになれる部分で一度使ったらなかなか外せなくなるレベル。

カメラの品質もとても気になる!超広角以外のサブカメラであるモノクロとレトロカメラを搭載したことで、どれだけの写真の出来栄えになっているかが気になるんですよね。このサブカメラがあることで何が違うのかが非常に興味深いところです!

OPPO Reno4 Z 5Gの発売時期と価格・購入先

OPPO Reno4 Z 5Gの発売時期は9月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ8GB/容量128GB:NT$12,990(約47,500円)

購入先については取り扱いショップが判明したら追記します、アップデートをお待ち下さい!

ページトップへ