1100-150 Xiaomi 14

11型タブレット「OUKITEL OT8」のファーストインプレッション!

OULITELの最新タブレット「OUKITEL OT8」をメーカーさんに提供頂きました!製品が届いたのでファーストインプレッションをお届けします!

OUKITEL OT8のファーストインプレッション

▼筐体の質感、AnTuTu、ゲーム、カメラなどを収録しているのでチェックしてみて下さい!(チャンネル登録もして頂けると嬉しいです!)↓

気になる技適は…取得済み!やったね!(まあメーカー告知通りではありますけれどw)

付属品は充実していて、保護フィルム、保護ケース、スタイラスペン、18W急速充電が入っているので、本体を購入するとアクセサリーは一通り揃いますね!スタイラスペンは反対側がボールペンになってる珍しいタイプ…!

搭載するSoCはゲームには向いていなくて、原神だと画質「中」で平均15FPSほど。なので、ゲーム以外の用途でタブレットを探している方向けですね!

ディスプレイは11型で解像度も1,920×1,200!やや視野角が気になりましたが思っていたよりも表示がキレイ!このサイズと解像度なら雑誌サイズの電子書籍を読まれている方にも向いてますね!

Widevineは告知通りL1対応でしたが、残念ながらNetflixはL3だったので、動画視聴機としてタブレットを探しているなら、Netflix以外を使っている方向けです!

クアッドスピーカーの音量は十分!但し、スピーカーは横持ち時に左がL、右がRに固定化されていて、縦持ちでは上がL、下がRと音の位置がおかしくなってしまうので、横持ちで使うことが多い!(動画は横持ちで見る!)という人に合っているかと思います!

SIM対応&GPSを搭載しているのでナビ用途でも活用できますが、残念ながら電子コンパスには非対応だたので進行方向に合わせてマップは回りません。なので、スマホとは若干使い勝手が異なりますが、問題ないよ!って方はナビとしても十分使えるかと思います!

OUKITEL OT8のレビューはガルマックスで最もタブレットに精通するtatsu氏が担当します!レビュー公開時はX(旧Twitter)FacebookThreadsでお伝えするのでフォロー宜しくお願いします!

■OUKITEL OT8■

初出時価格→299ドル

▼公式ストア↓

▼OUKITEL OT8の詳細スペックや対応バンドの解説は以下の記事で行っていますのでチェックしてみて下さい!↓

OUKITEL OT8のスペック・対応バンドまとめ!Unisoc T606搭載の金太郎飴タブレットがOUKITELから登場!

ページトップへ