1100-150 Xiaomi 14

やっぱり楽天モバイルは試してから。エリアマップはアテにならない

久しぶりに楽天モバイルのエリアマップを確認したら…生活圏が「データ高速無制限エリア」に入ってる!というわけで数年前に解約した楽天モバイルを再契約してみました…!結果はタイトルの通り!

楽天エリアマップではバッチリ入ってる

僕が住んでいるエリアはサービス開始当初に楽天モバイル回線が入らないエリアでした。しかもauの電波も入らないという僻地。

最初に契約した楽天モバイル回線は案の定、まったく使い物にならなかったんですが、しばらく東京に住むことになり都市部では使えたことから保持。で、数年前に今の家に戻ってきたので電波入るかな?と試してみたらやっぱり電波が入らず一旦解約。

▼あれから数年経ち、数週間前に楽天モバイルのエリアマップをなんとなく確認してみると・・・データ高速無制限エリアに入ってる!

実際は全く電波が入らなかった

という訳で、喜び勇んで楽天モバイルを再契約!その時に嬉しくてツイートしたら、「騙されるな…」やら「大丈夫か…」的な不安MAXなコメントを頂きました…。

いや、エリアマップでめちゃくちゃエリアに入ってるし!たぶん大丈夫っしょ!

▼再契約から数日後に楽天モバイルのカードが到着。楽天でも扱っているAQUOS Sense8にSIMを挿してドキドキしながらピクトアンテナを見ると・・・数年前と変わってねぇ…。↓

やられたぁぁあああああ!ぶっ飛ばすぞ楽天モバイルのボケナスがぁぁあああああ!

症状としてはピクトアンテナマークは上の写真の通りで、スマホのネットワーク設定の通話と通信の項目では「Rakuten(一時的に利用できません)」と表示され、通話もデータ通信も不可。まあ圏外のような状況です。

ちょっと電波が悪いとか、通信が途切れるとか、そういうレベルではなく、ずっと圏外!たぶん、一番最悪なパターンだと思う…!このクソがっ!

ちなみにツイートで言ってた「固定回線を使うアレ」とはRakuten Casaのこと。どうしても電波が入らない場合、「楽天モバイルご利用者様用電波改善・調査依頼」から電波改善依頼をすることでRakuten Casaの貸出希望を出せるようです。

なので、万が一、電波が昔のように入らなかったら、なんか固定回線を使うアレがあったな・・・的な感じで考えていたんですがちょっと誤算。

▼Rakuten Casaを利用するには指定インターネット回線であることが必須らしい…。で、僕の自宅で使ってるのはケーブルテレビ系列のもので、以下に含まれていませんでした。あー、終わった。全部楽天が悪いわ。

楽天モバイルはやっぱりお試しで使ってみてから

とりあえず、楽天モバイルご利用者様用電波改善・調査依頼とやらで電波が入らない旨を伝えたところ、1~2週間ほどで調査を終えてメールで連絡が来るらしいので、今は待ち状態。でも、まわりの話を聞くと短期間で解決は出来無さそうなので、定期的に電波が入らない旨を伝えて改善するかを見ていこうかなと。

とりあえずですね、楽天モバイルのエリアマップを過信しちゃダメ、絶対。

エリアにガッツリ入っていても僕のように圏外ってパターンもあるので、やっぱり楽天モバイルは「お試し契約」して実際に生活圏で不自由なく使えることを確認してから本格的にMNPするのが良いです。

ちなみにTwitterで話していたユーザーさんは、楽天エリアにバッチリ入っているようで、毎月100GBほど使っているらしく、思いっきり楽天モバイルの恩恵を受けているようでした…めちゃくちゃ羨ましい!

ちゃんと電波が入って実用で問題なければ使いたいって人も多いかと思うんで、気になる方はパパっと申し込んで自身の生活圏で使えるか試してみましょう。ダメなら継続契約する意味も無いので、楽天のボケナスが!っとTwitterでツッコんで解約すれば宜し。ちゃんと使えたら本格的にMNPを検討すれば宜し!

それではまた定期的にレポしまっす!

▼初めてMNPで楽天モバイルを申し込む方は13,000ポイント貰えるキャンペーン中!↓
楽天モバイルの申し込みが初めての方限定!MNPで貰える特典が13,000ポイントに!3GBは実質1年無料!
ページトップへ