Realme Q2 5Gのスペックまとめ!120Hz、5G、MicroSD対応で2万円台のミドルハイ機

 

▼もうレビュー出してるよ↓

【おすすめ】iPhone 12のレビュー! 【チェック】iPhone 12 Proのレビュー!

今回は「Realme Q2 5G」をご紹介。高リフレッシュレート対応、5G対応、イヤホンジャックもMicroSDスロットも搭載。それでいて驚異的すぎるコスパがウリで、非常に魅力的な1台ですぞ!スペックと特徴をチェックしてみましょう!

兄弟機のRealme Q2 Pro 5Gについては以下の記事をどうぞ!

Realme Q2 Pro 5Gのスペックまとめ!65W充電、有機EL画面、5G対応のミドルハイモデル

Realme Q2 5Gのスペック(仕様表)

Realme Q2 5Gは2020年10月に発売されたRealmeのAndroidスマートフォンです。

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Q2
発売年 2020年10月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Realme
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G CDMA2000:BC0
W-CDMA:1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
4G LTE FDD LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8
TD-LTE:34 / 38 / 39 / 40 / 41
5G NR Sub6:n1(NSA) / n41 / n77(NSA) / n78 / n79
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
SIMサイズ・スロット トリプルスロット(Nano SIM×2+MicroSD)
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
本体仕様
ディスプレイ 6.5インチ/液晶/画面占有率90.7%
リフレッシュレート120Hz対応
タッチサンプリングレート180Hz
解像度 2,400×1,080(FHD+)
画面比率 20 : 9
画素密度 405ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:162.2mm
横幅:75.1mm
厚さ:9.1mm
重さ 194g
本体色 シルバー系/ブルー系
システム仕様
OS Realme UI
Android 10ベース
CPU(SoC) MediaTek Dimensity 800U
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約340,000点
GPUスコア約90,000点
(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量128GB
メモリ6GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応(対応GB非公表)
独立スロット
カメラ
メインカメラ トリプルカメラ
①48MP(メイン、f/1.8)
②8MP(超広角、119°、f/2.3)
③2MP(マクロ、焦点距離4cm、f/2.4)
AI:非公表
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
前面カメラ パンチホール式インカメラ
画素数:16MP(メイン、f/2.1)
ビューティーAI:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BDS、GALILEO
センサー 指紋認証(側面)、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり(本体下部)
NFC 非公表
バッテリー
バッテリー容量 5,000mAh
充電 有線充電:30W(5V/6A)
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:非公表
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

Realme Q2

スペック表に関する免責事項

SoCはMediaTek Dimensity 800Uを搭載。ハイエンドに次ぐ高性能SoC!

Realme Q2 5Gは発売時点でミドルハイに位置づけられる性能帯となります!新型MediaTek製SoCのDimensity 800Uは、AnTuTuスコアが約340,000点。普段使いはもちろん、大抵のゲームもストレスなく動かせるスペックですよ!

メモリ(RAM)は4GBと6GBの2種類で、保存容量(ROM)は128GBとなります。ミドルハイに恥じない容量の高さはもちろん、MicroSDによるストレージ拡張にも対応!容量面ではまず不満は感じないでしょう!

Realme Q2 5G(MediaTek Dimensity 800U)のAnTuTuスコア

まだRealme Q2 5G実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「MediaTek Dimensity 800U」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。MediaTek Dimensity 800Uの参考スコアは以下の通り。

  • 総合スコア(CPU):340,000点
  • ゲーム性能(GPU):90,000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓

性能区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

カラーは2色!デカいロゴが個性的な見た目

▼Realme Q2 5Gの外観は美しい色合いと光沢具合、そしてデカデカと入ったRealmeロゴが目を引く超個性的外観。カラーはブルーとシルバーの2色となっております!↓

120Hz高速表示に対応!ヌルヌルでサクサクなめらかな表示を味わえる

▼Realme Q2 5Gのディスプレイの大きさは6.5インチ、解像度は2,400×1,080(FHD+)、形状は左上配置パンチホールタイプとなっております。↓

このディスプレイは表示のなめらかさが従来の2倍の120Hzリフレッシュレートに対応し、さらに180Hzのタッチサンプリングレートにも対応!スクロールはよりなめらかで目に優しく、そしてきびきびとした正確なタッチ操作を見込める良好スペックに仕上がってます。

マクロ付きのトリプルカメラで様々なシーンに対応

▼Realme Q2 5Gのカメラはメインが4,800万画素と高く、サブカメラには800万画素の超広角、そして200万画素のマクロカメラで構成されたトリプルカメラを採用!↓

メインカメラは画素数が高いことでディテール細かな作例に期待できるのはもちろん「広範囲な風景(一歩引きたい場面)で撮影する場合は超広角カメラ」「植物に虫さんといった小さな被写体を撮影するならマクロカメラ」といった具合で各状況に対応できる実用的構成になっております!

30W急速充電対応・大容量バッテリー搭載!

▼Realme Q2 5Gのバッテリー容量は5,000mAhを搭載!従来よりも大容量なバッテリーを備えており、さらに30Wの急速充電も対応したことで、電池もちの良さ、充電速度の速さどちらも期待できる魅力スペックに仕上がってます。65分で充電完了という速さがステキ!↓

出先で多くスマホを使うユーザーさんから、ちょっとした時間にこまめに充電したいユーザーさんにもヘビーユーザーさんにも満足できるナイスな仕上がり!スマホの命である電源部分を増強しているのは魅力的ですぞ!

電源キー一体型の指紋センサーを搭載!

▼指紋を読み込ませるだけで、パスワード入力が不要になる便利な指紋センサーは電源キーとの一体式になっております!手に取った際に自然な指の位置で認証できるタイプで使い勝手良好ですが、本体右側配置なので左手で取り出す際はちょっと苦労するかも?↓

Realme Q2 5Gの対応バンド

Realme Q2 5Gは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

5G NRについては電波バンドが対応していたとしてもキャリア側・端末側で対応の周波数帯が違う事もあり、キャリアモデル以外が実際に通信できるかは分かりません。
5Gバンドが単独で通信できないNSAの場合は4G側のバンドの組み合わせも重要になってきます。以下の表はあくまでスペック上の対応バンドとなります。

docomo回線の電波バンド対応状況

Realme Q2 5Gはドコモ回線の4Gで重要なバンドのうちバンド1・3に対応していますが、地下や郊外の繋がりやすさを左右するバンド19に対応していないので電波強度が弱くなる場合があります。

▼ガルマックスがオススメするドコモ回線の格安SIMはこれ!↓

またRealme Q2 5Gはドコモで提供されている5G NRのうちSub6のn78・n79に対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要 ×
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n78(5G NR Sub6/3.6~3.7GHz)重要
n79(5G NR Sub6/4.5~4.6GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.4~27.8GHz) ×

Softbank・ワイモバイル回線の電波バンド対応状況

Realme Q2 5Gはソフトバンク回線の4Gで重要なバンド1・3・8に対応しているので実用に問題はありません。

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

またRealme Q2 5Gはソフトバンクで提供されている5G NRのうちSub6のn77のみ対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n77(5G NR Sub6/3.9~4.0GHz)重要 ○(NSA)
n257(5G NR ミリ波/29.1~29.5GHz) ×

au回線の電波バンド対応状況

Realme Q2 5Gはau回線の4Gで重要なバンドのうちバンド1のみ対応していますが、全国区をカバーするバンド18(26)に非対応なので多くのエリアで電波の強度が弱くなる場合があります。またauはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

▼ガルマックスがオススメするau回線の格安SIMはこれ!↓

またRealme Q2 5Gはauで提供されている5G NRのうちSub6のn77・n78に対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要 ×
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包 重要 ×
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GH) ×
n77(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz・4.0~4.1GHz)重要 ○(NSA)
n78(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.8~28.2GHz) ×

楽天モバイル回線の電波バンド対応状況

Realme Q2 5Gは楽天モバイル回線の4Gで重要なバンドのうちバンド3のみ対応していますが、楽天モバイルのパートナー回線(au回線)であるバンド18に対応していないので多くのエリアで電波の強度が弱くなる場合があります。また楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

▼300万人まで月額料金が1年間無料!まだ申し込んでない人は↓

またRealme Q2 5Gは楽天モバイルが提供する5G NRのうちSub6のn77のみ対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要 ×
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包 重要 ×
n77(5G NR Sub6/3.8~ 3.9GHz)重要 ○(NSA)
n257(5G NR ミリ波/27.0~27.4GHz) ×

まとめ:ミドルハイの5G対応モデルながら驚異的コスパ

このRealme Q2 5G、おさらいすると「120Hzヌルサク画面」「ミドルハイ、AnTuTu30万点の高い性能」「超広角とマクロのトリプルカメラ」「5Gバンド対応」「急速充電対応大容量バッテリー」と、全体的にスキのない良好なスペック!

また側面式指紋センサーにイヤホンジャック、MicroSD対応で使い勝手も確保済。まさにミドルハイモデルに恥じぬ素晴らしい機能性です。高いスペックのモデルほどハブられることのある部分も残してくれているのはとても嬉しい。

しかもこれだけの魅力をモリモリ詰め込みながら定価は上位のメモリ6GB版でも2.2万円という驚異的な安さ。ミドルハイってだけでも優秀なコスパなのに、120Hz表示と5G対応で2万円は素晴らしすぎる。さすがすぎるぜRealme。

一応、望遠カメラがなかったり4Gの対応バンドがソフバン以外微妙というネックこそありますが、これだけの安さであれば買う価値は大いにあるでしょう!また5Gバンドは大手3社に対応しているので、5Gエリアが実用的範囲になれば天下になりそうすね!

Realme Q2 5Gの発売時期と価格・購入先

Realme Q2 5Gの発売時期は10月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ4GB/容量128GB:1,299元(約20,500円)
  • メモリ6GB/容量128GB:1,399元(約22,000円)

購入先については取り扱いショップが判明したら追記します、アップデートをお待ち下さい!

ページトップへ