Redmi Note 9S(Note 9 Pro)のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

大手中国家電メーカーのXiaomiのサブブランドRedmiから最新ミドルハイスマホ「Redmi Note 9S)」が登場!その高い性能とカメラ性能、そして素晴らしいコスパは見逃せない1台っす!

※発送がめっちゃ速いETORENでも取扱開始してました!あまり安くはないんだけど、ガルマックスもレビュー用に1台購入してみました!まだ在庫あるようです!

※Redmi Note 9 Proはインド向けモデル名ですが、グローバルモデルがRedmi Note 9Sという名称で登場しました。GEARBESTで予約スタートしています。購入先は記事の最後にまとめています!

目次をクリックすると各項目へ移動します

Redmi Note 9Sの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 ↓インド向け↓
Redmi Note 9 Pro

↓グローバル・日本版↓
Redmi Note 9S
型番/別名 -
発売年 2020年3月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Redmi
備考 日本語対応
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G WCDMA:B1 / 2 / 5 / 8

↓日本版↓
WCDMA:B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
4G LTE FDD LTE:1 / 3 / 5 / 8
TDD LTE:40 / 41(2535-2655MHz)
DLCA:40A + 40A、1C、3C、40C 、41C
ULCA:3C、40C、41C

↓日本版↓
FDD LTE:B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
TDD LTE:B38 / 40 / 41
5G NR 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
SIMサイズ・スロット Nano SIM×2+MicroSD
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
DSDV対応
本体仕様
ディスプレイ 6.67インチ/液晶/画面占有率84%
解像度 2,400×1,080/FHD+/画面比率20:9
画素密度 395ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ165.75mm
横幅76.68mm
厚さ8.8mm
重さ 209g
本体色 ブラック系/ホワイト系/ブルー系
システム仕様
OS MIUI 11
Android 10ベース
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 720G
AnTuTuベンチマーク

AnTuTu v8(参考値):総合スコア約280000点、GPUスコア約71000点

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB
メモリ6GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応/最大512GB/独立スロットあり
カメラ
メインカメラ 48MP+8MP+5MP+2MP
特性:標準+超広角+マクロ+ポートレート+ナイトモード
F値:1.79+2.2
AI:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:1 / 2.25
PXサイズ:1.6μm+1.12μm+1.12μm
前面カメラ 16MP
特性:ポートレート+ビューティー
F値:
AI:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:1μm
機能仕様・センサー
GPS GPS / Galileo / GLONASS / BeiDou/NavIC
センサー 指紋認証(側面)、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 P2i防滴
イヤホンジャック あり
NFC NFC対応有無は非公表
バッテリー
バッテリー容量 5,020mAh
充電 有線充電:18W(9V/2A)
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

Xiaomi – Redmi Note 9 Pro(インド版)
Xiaomi – Redmi Note 9S(日本版)

スペック表に関する免責事項

Redmi Note 9Sの発売時期と価格

Redmi Note 9Sの発売時期は3月17日で価格は以下の通り!購入先は記事の最後にまとめています!

↓グローバルモデル↓

  • メモリ4GB+容量64GB:249.99ドル(約2.7万円)

6/2追記:日本でも発売が決定!価格は以下の通り!

  • メモリ4GB+容量64GB:24,800円
  • メモリ6GB+容量128GB:29,800円

Redmi Note 9Sの性能をチェック!

Redmi Note 9Sは発売時点でハイエンド帯に次ぐ性能を誇るミドルレンジ最上位の性能ランクとなるモデルです!ハイエンド端末よりもグッと安くなり性能も非常に高いことから人気の性能帯です!処理性能的にはハイエンドモデルには敵いませんが、先進的な技術や高い性能のカメラなど機能的にはハイエンドに引けを取らない構成が魅力となっています!

特にRedmi Note 9Sに搭載されるSnapdragon 720GというSoCはゲーミング向け機能が充実したチップなのでゲーマーにもオススメしたいモデルです!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定次第で重量級ゲームも非常に快適に遊べる。ゲーマーにもおすすめ

Redmi Note 9 Pro(グローバル版:Note 9S)(Snapdragon 720G)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだRedmi Note 9S実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 720G」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 720G(参考):総合スコアが280,000点、ゲーム性能(GPU)が71,000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓

性能区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/05更新]

Redmi Note 9S(日本版)の対応バンドをチェック!

Redmi Note 9Sは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

6/7追記:日本版が発表されたので以下の電波バンドは日本版のものとなります。グローバル版・インド版は上記のスペックシート内でご確認下さい!

Redmi Note 9Sのドコモ回線のバンド対応状況

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n78(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n79(5G NR Sub6/4.5GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド ドコモ

4Gで重要なバンド1・3・19に対応しているので実用に問題はありません。

5G NR対応バンド ドコモ

ドコモで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

Redmi Note 9Sのソフトバンク回線・ワイモバイル回線のバンド対応

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド ソフトバンク・ワイモバイル

4Gで重要なバンド1・3・8に対応しているので実用に問題はありません。

5G NR対応バンド ソフトバンク

ソフトバンクで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

Redmi Note 9Sのau回線のバンド対応

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band41(4G FDD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GH) ×
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n78(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド au

4Gで重要なバンド1・18・26に対応していますが、auはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド au

auで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

Redmi Note 9Sの楽天モバイル回線のバンド対応

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド 楽天モバイル

4Gで重要なバンド3・18・26に対応していますが、楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド 楽天モバイル

楽天モバイルで提供される5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

Redmi Note 9Sの気になる特徴ご紹介!

見た目はシンプル!カラーは3色構成です

▼Redmi Note 9Sの見た目はとてもシンプルかつスッキリしている!という印象!色合いは絶妙でやわらかな質感を感じさせていてGood!カメラは独特な見た目をしており、Redmi Note 9Sの個性にもなっておりますね!カラーはホワイトにブラック、そしてブルーの3色となっております!↓Redmi Note 9 Pro

デカデカ広々ディスプレイ搭載!迫力もありそうなサイズ感っす

▼Redmi Note 9Sの画面サイズは6.67インチ!スマホはどんどん大画面化が進んでいっていますが、Redmi Note 9Sはその中でもとくに大きな部類です!↓

Redmi Note 9 Pro

これだけの大きさなら、ゲームは操作がしやすくなるし、動画視聴も迫力がより大きくなるぐらいの嬉しいタップリサイズ感。ノッチではなくパンチホールを搭載してくれたことで、より没入感も高いです!また、近年の高性能モデルに多いエッジタイプでなくフラット形状なので、歪みのないスッキリした見た目も魅力的です!

さらに素材は頑丈で知られるゴリラガラスを採用!これにより、衝撃やキズに対して強くなっているのも魅力でございます!

高性能な48MPクアッドカメラを搭載!

▼Redmi Note 9Sは背面の一番の特徴であるクアッドカメラが自慢のポイント!見た目はHUAWEIのMate 20シリーズにとても似ていますがその性能は段違いに高いですよ!↓

Redmi Note 9 Pro

カメラ構成は48MPのメイン、8MPの超広角、5MPのマクロカメラ、そして2MPの被写体深度測定カメラという構成!いずれも普段使いに便利なチョイスでございます!

メインカメラは4800万画素!とてもキメ細かい写真が撮れるんですよ!ご覧のように、人物の髪の毛の細かさもしっかり表現できており、その品質に期待できそう!さらにAIにも対応しており、被写体によってイイカンジな映えあるチューニングを自動で施してくれるのもナイスなポイントっす!↓

Redmi Note 9 Pro

▼以下はRedmi Note 9Sで撮影したサンプル!青空と建物が同時に写っても建物は逆光で暗くならず、さらに48MPなので木の枝の細かい部分までしっかり写せていますね!↓

Redmi Note 9 Pro

Redmi Note 9 Pro

Redmi Note 9 Pro

▼さらにナイトモードも搭載!夜景や暗所といった暗い場面でも、明るく、かつ白飛びを抑えたきれいな写真が撮影できるんです。↓

Redmi Note 9 Pro

ご覧のように、左(通常モード)では映らない部分も右(ナイトモード)なら写っていますし、照明部分の周りも白飛びせずしっかり写っているのがわかりますね!同時に色鮮やかにもなっており、スマホで撮影したとは思えない高品質な仕上がりになっているんす。これをスマホで撮影できるという技術の進化っぷりはめざましいものを感じさせてくれますね!

▼サブカメラは8MPの超広角カメラを備えており、メインカメラの画角(黄色い枠)では写りきらない部分まで立ち位置変えずにグッと広い範囲を撮影できる!↓

Redmi Note 9 Pro

Redmi Note 9 Pro

こんな具合で、風景撮影も狭い場所での撮影もお手の物!ダイナミックな撮影はもちろんのこと、日常使いでも大変便利なんです!

サンプル写真のほしかったマクロとポートレートカメラ。性能がとっても期待できる!

メインカメラと超広角カメラのサンプル写真しか無かったのはちょっと残念。なんでかって、Redmi Note 9Sはマクロカメラを独自搭載し、かつ5MPという高い画素数を持っているから!これまでのマクロカメラ搭載スマホはいずれも画素数が2MPだったため、今回のRedmi Note 9Sの5MPのマクロカメラは初なんですよね。これまでよりもマクロにチカラを入れている印象なので、その品質も非常に期待したいもんです!

被写体を強調し、背景をボカすポートレート用の被写体深度カメラも搭載しているので、AI認識よりも精度も良さそう!ここもサンプルほしかったなー。これは「ぜひ実機を買って素晴らしさをご覧あれ」というXiaomiの高度なマーケティング戦略なのだろうか。これは買うしか無い。まさにおサイフキラーである(´・ω・`)

ガルマックス編集長 NAOKI
上位モデルのMaxとマクロカメラやポートレートカメラの仕様は変わらんので、そっちで掲載されているマクロやポートレートのサンプル写真を参考にして良いかも!柳生くんがお伝えしている通りMax無しモデルの本機の公式ページではサンプルがなかったのであくまで参考程度に!

インカメの品質もGood。セルフィー好きユーザーさんに嬉しい機能性も完備

▼インカメラはパンチホール式で小さい見た目!ですが品質は侮れません。AI顔認識を行うことで自動で補正を掛けてくれるのはもちろん、ポートレートにも対応!自撮りを多く撮りたい!ユーザーさんの満足度も満たしてくれる機能性でございます。

Redmi Note 9 Pro

そしてナイトモードにまで対応!背面カメラでナイトモード対応スマホは見かけますが、インカメラでもナイトモード搭載スマホは結構珍しい。暗所での自撮りもお手の物!使用シーンが増えるっていいよね!↓

Redmi Note 9 Pro

超大容量なバッテリーがスゴい

▼Redmi Note 9Sは良くも悪くも普通なルックス。でも秘められしバッテリー容量はなんと5,020mAhとエゲつない大きさ!スタミナ特化なマッチョなスマホ並みってヤバい。↓

Redmi Note 9 Pro

電池もちも凄まじい!スタンバイ状態では連続20時間半ももち、音楽再生は210時間、通話も29時間、ゲームプレイも14時間とすさまじいスタミナっぷり!こんなん、使い潰す前にこっちが潰れそうってレベルだぜ。

また18Wの急速充電も対応!バッテリーは大容量であるほど充電速度も遅くなるデメリットがあるんですが、しっかりそこも払拭!たくさん使うヘビーユーザーさんにも嬉しいポイントっす!もう少し欲を言わせてもらえば27Wぐらいは欲しかったって印象ですが、Redmi Note 9Sなら充電速度よりも電池もち自体にリソースを置いているスタンスのようですね!

なお、18Wの急速充電を行うには対応する充電器が必要!ですがご心配なく。Redmi Note 9Sに付属されており、どなたでもすぐに急速充電からの素晴らしいバッテリー持ちを体験できる嬉しいポイントっす。

嬉しいハッピーセット。指紋認証もイヤホンジャックもトリプルスロットも完備だ!

▼Redmi Note 9Sは今時珍しい側面タイプの指紋センサーを採用しました!この側面タイプは、手に持った時に自然な指の位置でロック解除ができるスグレモノ!背面型と並んで高い使い勝手が魅力っす。↓

Redmi Note 9 Pro

指紋センサーはもはやスマホになくてはならない便利機能。パスワード入力もパターンも打たずに、センサーを触るだけでロック解除ですぐ使える!とっても便利ですよ!使ったことない人にもぜひともオススメっす。

Redmi Note 9Sはステレオでなくモノラルスピーカーなんですが、そこを補うようにイヤホンジャックを続投してくれたのは嬉しい!お気に入りのイヤホンを変換ケーブルなしですぐに使えるんでゲーマーさんにもエンタメ好きユーザーさんにも喜ばれるポイントでございます!拘る人ってスピーカーをほとんど使わないんで、そこらへんはXiaomiなりに割り切っている印象!

そしてトリプルスロット式のSIMトレイを採用!SIMカードを2枚挿しつつ、同時にMicroSDカードも使える超便利な機能でございます!これにより、デュアルSIMを用いた大容量プランを組みつつ、大容量にストレージ拡張も同時に行えるようになりました!フラグシップスマホですらも見かけられない、Redmi Note 9Sならではの良さっす。

▼2枚のSIMを活用した超大容量スマホも構築出来るぜ!↓

デュアルSIMを活用!音声SIMとデータSIMを分けた最強スマホの構築方法

筆者イチオシ!使い勝手最高なMIUI搭載!

▼Redmi Note 9Sは通常のAndroidOSではなく、独自OSの「MIUI」を搭載!Xiaomiの独自のチューニングを施したカスタマイズ機能が豊富な魅力がございます。さらに最新のAndroid 10をベースにしているのもGood!↓

Xiaomi

Redmi Note 9Sまとめ!こんな性能で2万円台って美味しすぎる

Redmi Note 9 Pro

さすがXiaomi!と言わんばかりの品質と性能の高さが自慢なRedmi Note 9S!大画面にクアッドカメラ、ミドルハイSoCにトリプルスロットSIMなど、最上級のフラグシップモデルに引けをとらない構成が素晴らしい!

気になる価格なんですが、メモリ4GB+容量64GBが12,999ルピー(約18,200円)、メモリ6GB+容量128GBが15,999ルピー(約22,400円)となっております!安すぎる!

Redmi Note 9Sの搭載SoCは平均ベンチマークスコア(ド○ゴンボールでいえば戦闘力の数値)的に、Snapdragon 835と845の中間ぐらい。つまり1~2年前のフラグシップモデルと同等のパワーを持っているチップ。いうなればGoogle Pixel 3やGalaxy Note 9とか日本発売の8万超えのハイエンドモデルと同じ性能なんす。

それが今やたったの2万で手に入る上、カメラ性能は大きく向上。デュアルSIMも使えるし、ディスプレイもデカいし最新OSだし、Redmi Note 9Sは特にバッテリーもデカい。まさにイイことづくめ。

分離プランが導入されたことでキャリア値引きも薄くなった今の日本ではかなり好まれる高コスパなモデル。それがRedmi Note 9S!なぜ日本発売のアナウンスが無いんでしょう(´・ω・`)絶対売れると思うのに!そんな財布の紐が千切れそうな魅力的な1台なのでした。

6/2追記:日本版発売されました!

▼上位モデル「Redmi Note 9 Pro Max(グローバル版:Note 9 Pro)」もスペック詳細を公開しました!必ずチェック!↓

Redmi Note 9 Pro Max(グロ版 9 Pro)のスペック・対応バンドまとめ!遂にグローバルモデル登場!

▼Redmi Note 9Sが気になるならライバル機種のRealme 6もチェックしておこう!↓

Realme 6のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Redmi Note 9Sの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

■日本版(対応バンドが優秀)■

日本のAmazonで販売されています。メモリ4GB/容量64GBモデルが24,800円!

ビックカメラ.comではメモリ6GB/容量128GBモデルが29,800円!

 

■メモリ4GB+容量64GB■

▼割引セールで7,480円!対象オプション加入で1,100円引き、MNP乗り換えで5,500円引き!↓

 

▼端末代金24,816円!18,000ポイント還元で実質最安!↓

 

■メモリ6GB+容量128GB■

▼割引セールで12,980円!対象オプション加入で1,100円引き、MNP乗り換えで5,500円引き!↓

 

LINEモバイルでは25,080円!

■メモリ4GB+容量64GB■

過去最安値→179.00ドル

▼[Banggood]セール価格で209.00ドル!↓

 

▼[GEARBEST]割引クーポン適用で209.99ドル!↓

 

▼[Geekbuying]セール価格で219.99ドル!↓

 

■メモリ6GB+容量128GB■

過去最安値→199.00ドル

▼[Banggood]割引クーポン適用で219.00ドル!↓

 

▼[Geekbuying]割引クーポン適用で249.99ドル!↓

 

▼[GEARBEST]割引クーポン適用で269.00ドル!↓

実機レビューも公開しました!

Redmi Note 9Sのレビュー!これで2万円台。素晴らしいコスパ

ページトップへ