ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

90度のコネクタが省スペースで良い。REMAX RAYEN USB-Cケーブルのレビュー!

ガルマックスのコラボプレゼント企画開催中!

開催中のガルマックス抽選会はガルマックス抽選会の一覧からご確認下さい!

REMAX RAYEN USB-Cデータケーブル

どうも、ガルマックスの猶木(なおき)です。

USBケーブルの多くはストレートタイプで、PC横のUSBポートに挿し込むと超邪魔。特に僕の場合はマウスを置いている右側にUSBポートが並んでいるので、ストレートタイプはコネクターが邪魔で仕方がない。

という訳でガルマックスでお馴染みのREMAXさんに相談したところ「ええのありまっせ~!送るから使ってみて!」と送ってもらいました。相変わらずREMAXの正規代理店であるミスターカード株式会社さんはノリが良い。

多分、僕と同じ様に”ノリと勢い”で仕上がっている方々なのでしょう。彼ら一同は僕と同じ匂いがします。ヤバイ。

という訳で、早速送ってもらった「REMAX RAYEN USB-Cデータケーブル」を使ってみます。

REMAX製品はドン・キホーテでも購入できるよ。もちろんネットでも購入オッケー。

REMAX製品はドン・キホーテでも取り扱っているので、実際にパッケージを見ながら購入できます。一応、在庫の兼ね合いで売り切れている場合も考えられるので立ち寄る前に在庫があるか電話で確認しときましょう。

価格は執筆時点で1,382円。カラーは僕の持っているブラックの他にシルバーとホワイトが選べるのでお好みのカラーでどうぞ。

REMAX RAYEN USB-Cデータケーブルのレビュー!

それでは実際に開封して利用してみましょう。

パッケージは日本語表記あり

▼REMAXは海外メーカー製なのでパッケージ自体は日本語も記載があったのですが、日本語でより分かりやすく特徴などが書かれたシールが貼ってます。↓

REMAX RAYEN USB-Cデータケーブルは日本語で分かりやすく特徴などが書かれています

これは正規代理店を通す強みでしょう。しっかり日本市場向けに調整されてます。

安心のQCパス製品

たかがケーブルですが、REMAXでは1本1本クオリティーチェックされており品質の高さや信頼性が高い事も特徴なのです。

▼REMAX RAYEN USB-CデータケーブルもバッチリQCチェックの合格証が入ってました。↓

REMAX RAYEN USB-CデータケーブルはQCクリア製品で安心感と信頼性が高い

ケーブルは丸タイプでTPE素材を利用した高耐久がウリ

▼ケーブル長は1mのモデルです。ケーブル自体は丸型なので取り回しやすい形状。↓

REMAX RAYEN USB-Cデータケーブルは丸型のケーブル。

▼REMAX製品のケーブルで気に入っているのがこれ。TPEを利用した高耐久な素材を利用していることです。

REMAX RAYEN USB-Cデータケーブルは高耐久なケーブルであることが魅力の1つ

これまでREMAX製のケーブルを利用してきましたが、耐久性はガチ。超おデブな僕が座っているデスクチェアにREMAX製ケーブルは何度も踏まれているのに断線したことがありません。(皆さんは適切に大切に使ってあげて下さい。)

90度のL型端子はPCに挿し込んでも邪魔にならない

▼これがL型の端子先端。↓

REMAX RAYEN USB-Cデータケーブルの先端は見慣れない形状です。

▼通常、PCの横にストレート型のUSBケーブルを挿し込むとこんな感じ。マウスパッドに干渉することもあって使いにくいんですよね~。↓

通常のストレートケーブルは挿し込むとケーブルの向き的に邪魔

▼このケーブルをREMAX RAYEN USB-Cデータケーブルに変えるとこんなにスッキリ!めっちゃスマート。見た目もGoodですね!

REMAX RAYEN USB-CデータケーブルはL型なので挿し込んでもPC周りが超すっきり

L型端子は向きに関係なく差し込める

USBケーブルって挿し込む向きがあるじゃ無いですか。挿し込めなくて、ひっくり返して挿し込んでも挿さらず、もう一度ひっくり返したら挿さる。一番最初の向きであってるじゃねーか!!!って経験された方も多いかと思います。

▼REMAX RAYEN USB-Cデータケーブルは、どっちの向きでも挿さる様になっているので、裏表だけでなくPCの左右のどちらに挿し込んでも任意の方向にケーブルを這わせることが出来ちゃいます。↓

REMAX RAYEN USB-Cデータケーブルは端子の向きに関係なく挿し込めます。

L型端子を使って気がついた注意点

端子が並んでいる場所に挿すと、隣の端子が利用できなくなる場合がある

▼端子がこんな感じに並んでいる場合のPCは差し込み位置に注意が必要↓

REMAX RAYEN USB-Cデータケーブルは並んでいる端子の間に挿し込む場合は注意が必要

▼L型ケーブルは挿し込む向きにより上側または下側にケーブルは伸びます。ケーブルを這わせる方向に端子があると差し込みにくい場合があるので注意しましょう。↓

REMAX RAYEN USB-Cデータケーブルは挿し込む位置により並んでいる端子の利用が出来ない又は差し込みにくくなる場合があるので注意

ケーブルが抜きにくい

L型ケーブルは非常に省スペースでケーブルを差し込めるのですが、ストレートタイプの様にケーブルを引っ張って外す事が出来ません。コネクター部分はもう少し大きかったら抜き差しが楽になるので改善して頂きたいポイントです。

▼コネクター部分が小さいので、取り外すときはPCを浮かしてコネクターをつまんで取り外しました。↓

REMAX RAYEN USB-Cデータケーブルはコネクタ部分を引っ張ってケーブルをぬくので、抜きにくい

頻繁にケーブルを抜き差しするような利用方法ではストレートタイプのほうが使い勝手が良いイメージです。まぁ、僕はPCに挿しっぱなしなので省スペースで接続出来る利点のほうが勝ってます。

あと、見方を変えるとケーブルが外れにくいという事です。ストレートタイプはケーブルを引っ掛けてしまうとスッポーンと抜けてしまいますが、L型コネクターはケーブルが引っかかってしまっても抜けにくいので、大切なデータを転送するときなんかは安心感が高いです。

超急速充電技術を採用している充電器では本来の充電スピードを得られない

REMAX RAYEN USB-Cデータケーブルは2.1Aに対応しているケーブルなので、最近流行りの超急速充電技術を用いている2.1A以上に対応した充電器では本来の充電スピードを得られません。

もちろん、2.1Aは急速充電の部類なので充電用途で利用する時は充電器の出力側が2.1A以内に収まっている事を確認しましょう。

省スペースで接続出来る事が魅力的なら是非どうぞ

USB Type-Cに対応しているのでAndroidユーザーさんは便利に利用できるケーブルですね。もちろんデータ転送も対応しています。

省スペースでPC周りがスッキリしますし、見た目的にもスマートでGoodです。日常的にPCにスマホを接続している方は是非検討してみて下さいね。

REMAXの公式サイトでは実用的でありながらユーモアたっぷりの魅力的な製品が多数リリースされています。僕もお気に入りのメーカーなので是非公式サイトもチェックしてみて下さいね!

▼本記事のジャンル以外の製品も数多く実機レビューを書いています。宜しければどうぞ!↓

写真撮影機材:Galaxy S9+

ページトップへ