WiFi系SIMの100GBプラン終了?キャリアの規制にて”価格据え置き”で容量が50GBに半減

結構衝撃的な内容です。

高品質なS社の回線を利用する低価格なデータSIM(WiFi系SIM)が人気を博していましたが、どうやら今後は容量が半減するようです。

コロナの影響でキャリアが規制へ。100GBプランの販売を停止

今回ガルマックスでもお馴染みのブランド「Chat-WiFi SIM」さんから50GBプランが出るとお知らせいただき、その理由をお聞きしたところ以下の回答が返ってきました。

「新型コロナによる、在宅ワークやモバイルルーター普及などで回線の使用量が急に増えた影響で、S社が規制をかけ100GBの新規販売を停止にし、50GBでしか新規販売ができなくなった」

S社の回線を利用する低価格なSIMサービスはChat-WiFi SIMだけでなく、様々なブランドで提供されています。

これらのサービスは全て大本のS社から卸されたSIMを利用しているので、「S社が規制をかけ100GBの新規販売を停止」は、多くのブランドで同様のSIM販売が停止することを意味しています。

そう言えば、3月中旬頃からこれらの回線を利用するブランドでSIMの在庫切れが相次いでいましたもんね。そういうことか。

容量半減で価格は据え置きになる

S社による100GB新規販売の停止に伴い容量50GBのプランに切り替わるようです。しかしながら仕入れ値の変動により、50GBプランの利用料金は従来の100GBプラン料金相当での提供となるようです。

ちなみに連絡をくれたChat WiFi-SIMでは、50GBの料金は仕入れ値の変動により通常月額が50GB/2,980円になるようです。

既存の100GBプランユーザーはどうなる?

この点も気になったのでChat-WiFi SIMさんに聞いたところ、「既存ユーザーについては引き続き、100GB保証で利用ができる」とのことです。なお、他のブランドからはそのような話が来ていないので、「Chat-WiFi SIMは」ってことを付け加えておきます。

※追記:これは個人的な見解なのですが、100GB保証で利用できるのも執筆時点での話です。しかしながら100GBプランの新規販売停止に伴い、今後は「100GBプラン自体の終了」もありえる話だとは思うので、いつまで既存の100GBプランが利用できるかは僕も分かりません。既存ユーザーさんも今後の動向は継続して注目しておきましょう。何か既存ユーザーに関わる情報が新たに入りましたらTwitterFacebookでお伝えします。

※追記:100GBプランは新規入荷が出来ないとのこと。また、既存の300GBプランは容量が100GBに制限されたようです。(300GB SIMが100GB制限される=出回っている300GB SIMが100GB使えるSIMとして存在しますが、100GB SIMは新規入荷ができないとのことです。)

まとめ|S社の回線を利用するWiFi系SIMサービスの容量・料金水準が大きく変動することを意味する

Chat-WiFi SIMさんから伝えられた内容ですが、本記事でお伝えした部分は同様のSIMを利用する多くのブランドで影響する内容です。

新型コロナウィルスの影響で回線利用が急激に増えたのは事実だと思いますが、容量半減で料金据え置きの方針に切り替えたS社は、ユーザーの足元を見た商売をしているな、という印象を強く感じました。

個人的にはS社の回線を利用した低価格なWiFi系SIMサービス全体のテコ入れを新型コロナウィルスの影響に便乗して行ったという感じが拭えず、今後は50GB/約3,000円水準が標準になるのではないか?とも予測しています。

残念なお知らせとなりましたが、その時々で魅力的なサービスがあればガルマックスで取り上げて紹介するので、情報を見逃さないようにTwitterFacebookをフォロー頂けると幸いです。

ページトップへ