ワイモバイル バナー ヘッダー

「TCL 20 5G」発表!動画ストリーミング重視のスマホ、発売日は1月頃

TCLが新スマホTCL 20 5Gを発表。NXTVISION 2.0搭載で映像エンジンがパワーアップ。まだ日本ではアナウンスされていませんが、海外では1月頃発売とのことです!

TCL 20 5Gのハイライト
・ミドルレンジ中位クラスのスペック
・NXTVISION 2.0を搭載
・超広角を含むトリプルカメラを搭載

TCLがTCL 20 5Gを発表

TCL 20 5Gの特徴は以下の通り!

Snapdragon 690を搭載。5G対応

TCL 20 5G

TCL 20 5Gは処理性能を左右するパーツにSnapdragon 690を採用。ランク的には5段階で分けるとちょうど真ん中くらい。

日本でもリリースされているTCL 10 5GがSnapdragon 765Gを搭載していたので、性能はワンランク下がったんですが、価格はアメリカ向けだと300ドル前後ってことで5G対応モデルとしては安価に設定されてるようです。(ちなみに欧州は299ユーロみたい)

5Gによる高速な通信と十分な再生能力を持つパフォーマンスを組み合わせた「動画ストリーミング重視」って印象のスマートフォンです。

動画を楽しむ為の巨大ディスプレイ

TCL 20 5G

TCL 20 5Gのディスプレイは6.67インチで非常に大型なサイズ。

映画やYouTube動画の視聴が多いならこのビッグなディスプレイは相性良さそう。やっぱり大画面って映像の迫力が全然違いますからね。僕も映画見るなら大きいスマホが良いです。

▼僕も愛用しているNetflixはHDR10ライブラリも楽しめる!Good!↓

TCL 20 5G

NXTVISION 2.0を搭載

TCLって本業はテレビなんで映像エンジンがマジで凄い。ちなみにTCL 20 5Gはバージョンアップした最新のNXTVISION 2.0を搭載してます。

▼本来は色がややくすんだ映像もNXTVISION 2.0を通せば非常に色鮮やかに表現できるようです。↓

NXTVISION 2.0

以前レビューしたTCL 10 5GもNXTVISIONを搭載していたんだけど、ほんと、映像がめちゃくちゃ鮮やかなんですよ。

今って、写真も動画もスマホで視聴することが大多数なんで、表示するディスプレイの仕様だけじゃなくて「映像を美しく表現できるエンジン」次第で目に飛び込んでくる印象がガラッと違います。

TCL 10 5Gでも「うぉおおおお!」って思っちゃうくらいディスプレイの表示が美しかったんで、NXTVISION 2.0にも期待大です!

TCL 10 5Gのレビュー。国内向け最安級5Gスマホの実力を試す

家族や友達とサウンドを共有できる

NXTVISION 2.0

TCL 20 5GはスーパーBluetoothマルチストリーミングに対応。

Bluetoothに対応したイヤホンやヘッドホンを最大4デバイスまで接続できるので、TCL 20 5Gで映画を再生しながら家族や友人と大迫力なサウンドを共有して楽しむことが出来るんだって!

また、ハイレゾにも対応!ハイレゾ対応の有線イヤホンやヘッドホンなら繊細なハイレゾ音源を再生できるのもGood!

一点、残念なポイントを挙げるならスピーカーの仕様かなぁ。TCL 20 5Gの仕様をみるとスピーカーは1と記載されていたのでステレオスピーカーじゃ無いっぽいんですよね。

もしかしたら、高品質な映像は再生できるから、サウンドはスマホのスピーカーよりも断然音質が良いヘッドホンやイヤホンでの利用を推奨しているのかも。だからこそ、スーパーBluetoothマルチストリーミングにも対応したのかも知れませんね!

超広角カメラを含むトリプルカメラを搭載!

TCL 20 5Gは通常カメラ、超広角カメラ、マクロカメラの3つを搭載!

画質については実機を触らないとなんとも言えない部分なんですが、TCL 10 5Gを実際にレビューした身としては結構仕上がり良かったんで期待します。

個人的には「超広角カメラ」が搭載されているのが嬉しい!

▼超広角カメラは通常カメラよりも広い範囲で撮影できるので、広大な風景や大きな建造物を撮影する時に役立つ。↓

TCL 20 5G

あまり利用するシーンが無さそうにも見えますが、いえいえ、これが使ってみると結構多用するんですよ。

スマホのカメラってパッと取り出してサクッと撮影するもんって思ってるんで、基本は通常カメラで撮影するんですが、カメラを向けた時に「あ、ちょっとはみ出てるから引いて撮影したい」ってシーンが結構あるんです。

こういう時に超広角マジ便利。例えばちょっと狭い場所での撮影であったり、料理を撮影する時など、「ちょっと引きたい」って時に重宝するんです。

でね、ズームとかマクロ(接写)って、実は専用カメラ無くてもなんとかなること多いんですよ。例えばズームならデジタルズームである程度対応できるし、マクロカメラが無くても写真を切り抜けばこっちもある程度対応できる。

しかしながら、超広角だけは「専用のカメラを搭載していないと撮影できない」んですよね。広い範囲を撮影するレンズが搭載されてこそ撮影できるので、個人的に超広角は無くては困る。

TCL 20 5Gなら超広角カメラも搭載しているんで、カメラ構成は個人的に魅力的でした!

まとめ:日本市場への投入に期待!

発売日は1月頃。TCL自体は日本にも参入していて、本記事で紹介したTCL 10 5Gも投入されていることから、周波数を調整して日本へもバシッと投入してほしい。

日本でTCL 10 5Gが約4万円ほどなので、3万円前後で5Gに対応したTCL 20 5Gが日本でも出たらかなり注目されると思うんだけどなぁ。

日本投入に期待しながら続報を待ちたいと思います!新たな情報が入り次第、TwitterFacebookでお伝えするのでフォロー宜しくです!

▼TCL 20 5Gの詳細なスペック・対応バンドはこちら↓

TCL 20 5Gのスペック・対応バンドまとめ

ページトップへ