ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Ulefone Armor 7Eのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Ulefone Armor 7E

Ulefone手掛けるタフネス、ナイスルックス、トリプルカメラが魅力的なUlefone Armor 7Eをご紹介!頑丈かつ性能の高いスマホを探している方は要チェックっすよ!

Ulefone Armor 7Eの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Ulefone Armor 7E
発売年 2020年3月
発売地域 海外:SIMフリー
日本:なし
メーカー Ulefone
言語 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・ネットワーク
2G GSM:B2 / 3 / 5 / 8
CDMA 1X : BC0 / BC1
3G WCDMA : B1 / 2 / 4 / 5 / 8
CDMA EVDO:BC0 / BC1
TDSCDMA : B34 / B39
4G LTE-FDD:B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28A / 28B / 66 / 71
LTE-TDD:B34 / 38 / 39 / 40 / 41
5G 非対応
ドコモ対応状況

フル対応
プラチナバンド19対応
FOMAプラスエリア6には非対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

フル対応
プラチナバンド対応
(但し通信できるかは実機検証が必要)

SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
DSDV対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 6.3インチ/液晶/画面占有率93.9%
解像度 2,340×1,080/FHD+/画面比率19.5:9
画素密度 409ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ 165.85mm
横幅81mm
厚さ13.55mm
重さ 290g
本体色 ブラック系
システム仕様
OS Android 9.0
SoC MediaTek Helio P90/MT6779
CPU Cortex-A75×2/Cortex-A55×6/2.2GHz/8コア
GPU PowerVR GM9446
ベンチマーク AnTuTu v8(参考値):総合スコア約216,000点、GPUスコア約75,000点
Geekbench v5(参考値):シングルコア約390点、マルチコア約1480点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応/最大2TB/片方のSIMスロット共用
カメラ
メインカメラ 48MP+2MP+2MP
特性:通常+補助+補助
F値:1.7+2.2+2.2
AI:非公表
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
前面カメラ 16MP
F値:2.0
AI:非公表
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、Beidou、Galileo
センサー 指紋認証(側面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 IP69K
イヤホンジャック なし
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
その他機能 心拍センサー搭載
通知LED搭載
バッテリー
バッテリー容量 5,500mAh
充電 有線充電:15W(5V/3A)
ワイヤレス充電:10W
ポート USB Type-C
その他
価格 約41,000円
購入先/割引情報

AliExpress – Ulefone Armor 7E(4GB/128GB)

スペック表に関する免責事項

Ulefone Armor 7Eの発売時期と価格

Ulefone Armor 7Eの発売時期は3月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ4GB/容量128GB:384.27ドル(約41,000円)

Ulefone Armor 7Eの性能をチェック!

Ulefone Armor 7Eは販売時点でミドルレンジ帯の中で中間の性能ランクとなるモデル!普段使いでは困らない性能と安価な価格設定からコスパを求めるユーザーに人気の性能帯です!また、各社が力を入れている性能帯でもあるので、トレンド機能などが多く搭載される性能帯です!

  • 普段使い:不満を抱く事が少ない動作
  • ゲーム:2Dまたは軽い3Dゲームは軽快に動くゲームが多いが、重量級ゲームでは動作の鈍さを感じる事がある

Ulefone Armor 7E(Helio P90)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだUlefone Armor 7E実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Helio P90」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Helio P90(参考):総合スコアが216,000点、ゲーム性能(GPU)が75,000点
以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点で本端末の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!AnTuTuのバージョンで規準スコアが異なるので注意!
AnTuTu 8ハイエンド
ゲーミング仕様
ハイエンドミドルレンジ
最上位
ゲーミング仕様
ミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約49万点

GPU
約20万点
総合
約46万点

GPU
約17万点
総合
約28万点

GPU
約7.1万点
総合
約24万点

GPU
約6.5万点
総合
約17.5万点

GPU
約3.6万点
総合
約10万点

GPU
約2万点
総合
約8万点

GPU
約1.5万点
AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点
  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Ulefone Armor 7Eの対応バンドをチェック!

Ulefone Armor 7Eは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

Ulefone Armor 7Eのドコモ回線対応状況

Ulefone Armor 7EのLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3、地下や郊外の繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に対応。

ただし、3Gは山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアに非対応です!

Ulefone Armor 7Eはドコモで販売する端末よりも圏外率が高くなったり、エリアが狭くなる可能性があります!

Ulefone Armor 7Eのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Ulefone Armor 7EのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

Ulefone Armor 7Eはソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でUlefone Armor 7Eをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

Ulefone Armor 7Eのau回線対応状況

Ulefone Armor 7Eは通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドにフル対応しています!しかしながらau回線はSIMフリースマートフォンと相性が悪くバンドに対応していても利用できない場合も多々あるので、実際にUlefone Armor 7Eでau VoLTE SIMが利用できる確証を得てから検討して下さい。

auでは相互通信テストをクリアしていないとVoLTEが利用できない場合が多いので確認してみましょう!

Ulefone Armor 7Eの特徴をピックアップ!

メタルチックなボディはとてもタフな印象ながらシンプルな造形

▼Ulefone Armor 7Eはタフネススマホと呼ばれる超耐久性が高いシリーズ!タフネススマホと聞けばゲーミングスマホばりにゴツゴツしているんじゃないかなとお思いの方も多いでしょうが、Ulefone Armor 7Eは超高耐久にしてはとっても落ち着いた背面デザインなんです!↓

Ulefone Armor 7E

背面はフラットかつシンプルながら、側面はバンパー等の耐衝撃に設計されておりちょっとだけゴツゴツとした外観!個性的だけど無骨な感じがたまらんです。ちなみにカラーはブラックの1色のみとなっております!

ディスプレイは6.3インチとちょい大画面サイズ!水滴ノッチ形状で、上下のベゼルを極力省いたベゼルレスデザインとなっております!このサイズなら動画を見るときもゲームをするときも丁度いい手頃なサイズ感でGoodなPoint!ただし本体重量は300g弱と超重量級なので、両手操作が基本となりそうなんでそこ注意!

最強耐久性!IP69Kの特殊規格を取得済み!

▼Ulefone Armor 7Eは本体に耐衝撃のフレーム、バンパー、そしてパネルを幾重にも重ねることで凄まじい耐久力を誇るのが一番の自慢ポイント!↓

Ulefone Armor 7E

▼一般的なスマホの防水・防塵ランクではIP68が最高等級なんですが、Ulefone Armor 7Eはそれを上回る特殊なIP69Kの規格を取得済み!防水防塵、耐衝撃性能は最高ながら、さらにアツアツな熱湯を食らおうともヘッチャラなんですって!日常使いではもちろん、過酷な環境下でも安心して使えそうっすね!↓

Ulefone Armor 7E

▼もちろん防水性能も最高!1.5メートルの深さに30分沈めても余裕のよっちゃん。↓

Ulefone Armor 7E

スマホを使う方のほとんどってデザインと耐衝撃性を確保するためにケースを購入して取り付けるんですが、Ulefone Armor 7Eのようなガッチガチなマッチョスマホならその手間も不要といえますね!スマホをそのままの見た目で使いたい、いわゆる裸族ユーザーさんにも嬉しいポイントかも!

▼充電端子ももちろん防水加工なので水浸しでも大丈夫(感電するんで充電時は乾かしましょう)!さらにキャップレス式なので面倒な開閉の手間もなしでどこまでも嬉しい設計ですよ!↓

Ulefone Armor 7E

見た目もタフで無骨でカッコいいトリプルカメラ搭載!

▼Ulefone Armor 7Eはタフネススマホながらも数少ないトリプルカメラを背面に搭載しております!画素数もメインカメラが48MPと高いのも魅力的!それでいてシンプル+無骨な見た目はとてもカッコいいです!↓

Ulefone Armor 7Eサブカメラは2MPで2つ搭載されておりおそらくメインの補助用。たとえばモノクロカメラであれば、メインカメラと組み合わせることでより色彩、コントラストが強化された「深みのある写真」に期待できますね!あるいはポートレート撮影のための補助カメラでしょうか?実機での仕上がりに期待したいですね!実際カメラがどういった役割なのか興味深い。

48MPと高画素なので、解像度もとっても大きくなるんです。なので巨大なポスターに出力に向いているし、撮影写真の一部を切り出してもキレイさを保てるっていうメリットもあるんですよ!

指紋センサーは側面に搭載!顔認証は高速で使い勝手ヨシ!

▼Ulefone Armor 7Eの側面に指紋センサーが独自搭載!これにより、触るだけでロック解除が出来るとっても便利なセンサーでございます。面倒なパスワードもパターンの入力もはしょって使えるぞ!側面搭載なので、手持ち時に指を当てやすい配置なのもGood!↓

Ulefone Armor 7E

グローブ装着などで指紋センサーが使えない、なんてケースでも安心な顔認証も使えますよ!さらに、インカメラを用いた顔認証はとっても素早く、なんと0.2秒というわずかな時間で即座にロック解除してくれるんですって!利便性はとても良さそうです!

大容量バッテリー、急速充電、ワイヤレス充電完備!

▼Ulefone Armor 7Eのバッテリー容量はなんと5,500mAh!性能の高いフラグシップモデルも凌駕するぐらいの大きさなんです!その圧倒的な容量により、連続通話時間は1日超えの20時間、待機時間では550時間と、驚異の22日も持つというスタミナスマホばりの電池もちなんです。↓

Ulefone Armor 7E

大容量バッテリーだと充電速度も比例して時間がかかるんですが、Ulefone Armor 7Eはその弱点も克服しているんです!充電は15Wの急速充電に対応し、通常充電よりも早く充電出来る!大容量バッテリーと相性抜群な嬉しい機能も詰め込んでおります!

▼さらにこのUlefone Armor 7E、なんとワイヤレス充電にも対応しているんです!W数は10Wと有線よりも下がりますが、とっても使い勝手の良い優秀な機能なんです。↓

Ulefone Armor 7E

パソコンで作業する時、執筆する時といったシーンでは、横にポンと充電器を置いておき、Ulefone Armor 7Eを置くだけととっても楽ちん!さらに車載ホルダーもワイヤレス充電対応のものがあれば、車に載ってホルダーにUlefone Armor 7Eを乗せるだけで自動充電!ちょっとした移動シーンでも充電できてとっても便利なんす!

健康チェックもお手の物!心拍センサー搭載!

▼カメラユニットの右下には、なんと心拍センサーを搭載!カメラの1種ではなく、マジもんのセンサーなんです!↓

Ulefone Armor 7E

この心拍センサー部分に指を当てることで心拍数計測が出来、そこから健康管理に役立てることができるんです!

「タフネススマホなのに心拍センサーなんて何に使うんだろう」って思いますよね。Ulefone Armor 7Eは過酷な環境下でも耐えうるスマホで、それこそキャンプ、登山といったシーンでの使用で想定しているんです。長時間野外で野宿する場合に、自身の心拍数は健康管理のカギになるので、Ulefone Armor 7Eはそういったシーンで使ってくださいね、って事なんす!もちろんアウトドアシーンで使わなくても、日常的な健康管理として役立てるのもGoodですよ!

Ulefone Armor 7Eまとめ!高い堅牢性でどこでも安心な相棒

Ulefone Armor 7E

今回のUlefone Armor 7Eは超頑丈!それでいてカメラ性能にも期待でき、バッテリー持ちはとっても素晴らしい1台でございます!さらにSoCもミドル~ミドルハイあたりの性能なので、普段使いはもちろんゲームもなんなく遊べるスペックでございます(重量級ゲームなら設定を軽量にすれば快適)!

一般的にタフネススマホって性能やカメラを切り詰めているものが多いんですが、Ulefone Armor 7Eは性能と機能性、堅牢さにおいてすべてうまく両立出来ている、トータルバランスに優れる優等生!

価格は日本円で約41,000円ほどと、ミドルスマホにして相応、頑丈な安心感を考えると手頃な価格といえますね!

見た目の良さにホレて買うってのもありかもしれない!そんな罪な1台なのでした。

ちなみに同社タフネスモデルのUlefone Armor X7とはとても名前が似ていて紛らわしいので購入時は間違えないように注意っす!

Ulefone Armor 7Eの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではUlefone Armor 7Eをお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookでお伝えするのでフォローを宜しくお願いいたします!

Ulefone Armor 7Eの購入先情報

Ulefone Armor 7Eは以下で取り扱っています!

Ulefone Armor 7Eの公式サイト

Ulefone Armor 7Eの公式サイトは以下です!

ページトップへ