▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

UMIDIGI A5 Proのスペック、対応バンド、価格、特徴!

UMIDIGI A5 Pro

【追記】日本AmazonのUMIDIGIストアでも取扱開始!7月20日入荷予定!価格は13,777円で円で配送料無料!↓

本記事では「UMIDIGI A5 Pro」のスペック、対応バンド、価格、特徴をまとめています!

約1.7万円という低価格ながら、トリプルカメラや高品質なボディー、そして、日本の回線に合致しまくっているので非常に人気が高くなりそうです!ガルマックスにも実機が届く予定なので後に実機レビューに切り替えます!

スペックデータベース登録済み
UMIDIGI A5 Proはグローバル版が登場!
UMIDIGI A5 Proは日本のAndroidスマホと同じ使い勝手のグローバル版が登場しています!購入時は日本語対応、Googleサービス対応のグローバル版がオススメです!

目次をクリックすると各項目へ移動します

UMIDIGI A5 Proの実機レビュー

UMIDIGI A5 Proのレビュー!高コスパエントリーモデル![読者投稿]

UMIDIGI A5 Proの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 UMIDIGI A5 Pro
型番/別名 A5 Pro
発売年 2019年5月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー UMIDIGI
言語 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・ネットワーク
2G 2/3/5/8
3G 1/2/4/5/6/8/19
4G 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28A/28B/38/40/41/66
ドコモ対応状況

フル対応
プラチナバンド19対応
FOMAプラスエリア対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

フル対応
プラチナバンド対応
(但し通信できるかは実機検証が必要)

SIMサイズ・スロット Nano SIM×2+MicroSD
ネットワーク関連備考 DSDV対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.2
本体仕様
ディスプレイ 6.3インチ/液晶(LTPS)/ノッチあり/画面占有率92.7%
解像度 2280×1080/FHD+/画面比率19:9
画素密度 400ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ156mm
横幅75.9mm
厚さ8.2mm 
重さ 203g
本体色 Space Grey、Breathing Crystal
システム仕様
OS Android 9.0/Android 8.0/独自UI
SoC MediaTek Helio P23/MT6763
CPU Cortex-A53×4、Cortex-A53×4/2.0GHz/8コア
GPU Mali-G71 MP2
ベンチマーク AnTuTu(参考値):総合スコア約67000点、GPUスコア約13000点
Geekbench4(参考):シングルコア680点、マルチコア3000点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量32GB
ストレージカード MicroSD対応/最大256GB/独立スロットあり
カメラ
メインカメラ 16MP+8MP(超広角)+5MP(深度)/3カメラ仕様
SONY IMX398+Samsung S5K2P7
F値1.8
120°超広角撮影対応
深度カメラ搭載
前面カメラ 16MP/1カメラ仕様
F値2.0
カメラ備考 最大画素数/1080P、最大FPS/30FPS
機能仕様・センサー
GPS A-GPS、GLONASS、BDS
センサー 指紋認証(背面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 FMラジオ
バッテリー
バッテリー容量 4150mAh
充電 有線充電:10W(5V/2A)
ポート Micro USB
その他
価格 158ドル
公式サイト

UMIDIGI A5 Pro

購入先/割引情報

AliExpress

日本Amazon

端末詳細記事

UMIDIGI A5 Proのレビュー!高コスパエントリーモデル![読者投稿]

UMIDIGI A5 Proのスペック、対応バンド、価格、特徴!

スペック表に関する免責事項

UMIDIGI A5 Proの発売時期と価格

UMIDIGI A5 Proの発売時期は2019年5月頃で、価格は158ドル(執筆時レートで17,000円)です。

↓日本AmazonのUMIDIGIストアでも取扱開始!7月20日入荷予定!価格は13,777円で円で配送料無料!↓

↓グローバルモデルの購入先は以下!価格は常に変動するのでリアルタイム価格は以下からご確認下さい!

UMIDIGI A5 Proの発売状況

UMIDIGI A5 Proは海外モデルですがグローバルモデルが登場!グローバルモデルはGoogleサービスも対応、日本語も対応しているので日本で販売しているスマートフォンと遜色ない使い心地となります!

UMIDIGI A5 ProのAnTuTuベンチマークをチェック

AnTuTu 最新

まだUMIDIGI A5 Pro実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Helio P23」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Helio P23/2.0GHz低クロック版(参考):AnTuTu(参考値):総合スコア約67000点、GPUスコア約13000点

UMIDIGI A5 Proの性能をチェック!

UMIDIGI A5 ProはHelio P23の低クロック版を搭載。

UMIDIGI A5 ProはSoCにHelio P23、メモリ4GB、容量32GBを搭載するミドルレンジ端末。Helio P23のベンチマーク的にはミドルレンジ帯で一番下っ端クラス。

UMIDIGI A5 ProならWEB閲覧や動画視聴、LINEやメール、SNSなど一般的な使い方で不満を抱くことは少ないですが、ハイエンド端末と比較した場合、全体的に動作のキビキビ感を感じるシーンは少なくなる性能です。

また、ゲーム性能も低いので、リッチな描写のゲームは起動するけれど熱中できるほどゲームが快適に動いてくれることは少ないです。ゲームで遊ぶなら軽めの3Dゲーム、パズルやカードゲームくらいが関の山。

ちなみにHelio P23は通常版の2.5GHz駆動版(型番T付き)、少しクロックの下がった2.3GHz版(型番V付き)があるのですが、UMIDIGI A5 Proは無印のHelio P23で動作クロックは2.0GHzとなっています。Helio P23の中でも性能は一番低い部類となります!

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でUMIDIGI A5 Proが搭載するHelio P23の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!

855
(ハイエンド)
710
(ミドルレンジ最上位)
660
(ミドルレンジ上位)
630
(ミドルレンジ)
450
(エントリー)
総合:約36.2万点
3D:約15.7万点
総合:約16.5万点
3D:約4.7万点
総合:約13.5万点
3D:約2.9万点
総合:約8.6万点
3D:約1.8万点
総合:約7.1万点
3D:約1.2万点

▼実機をお持ちの方は是非AnTuTuベンチマークスコアをご投稿下さい!初回投稿の方は本記事に投稿頂いたベンチマークを掲載致します!

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

UMIDIGI A5 Proの対応バンドをチェック!

UMIDIGI A5 Proは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

UMIDIGI A5 Proの対応バンドは以下。

  • 2G:2/3/5/8
  • 3G:1/2/4/5/6/8/19
  • 4G:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28A/28B/38/40/41/66

対応バンド的にはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線、ワイモバイル回線にフル対応しています。

UMIDIGI A5 Proのドコモ回線対応状況

UMIDIGI A5 ProのLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3、地下や郊外の繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に対応。3Gも主力のバンド1に加え山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアに対応しています。

UMIDIGI A5 Proはドコモで販売する端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています。

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするドコモ回線SIMはこれ!↓

UMIDIGI A5 Proのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

UMIDIGI A5 ProのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています。

UMIDIGI A5 Proはソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています。

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でUMIDIGI A5 Proをソフトバンクのローミングサービスを利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう。

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

UMIDIGI A5 Proのau回線対応状況

UMIDIGI A5 Proは通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドにフル対応しています。しかしながらau回線はSIMフリースマートフォンと相性が悪くバンドに対応していても利用できない場合も多々あるので、実際にUMIDIGI A5 Proでau VoLTE SIMが利用できる確証を得てから検討して下さい。

auでは相互通信テストをクリアしていないとVoLTEが利用できない場合が多いので確認してみましょう

UMIDIGI A5 Proの特徴をチェック

ここからはUMIDIGI A5 Proの特徴をチェックしています。

OSはAndroid 9 Pieを搭載

▼UMIDIGI A5 Proは執筆時点の2019年5月時点で最新世代となるAndroid 9 Pieを搭載。Android OSの最新機能もバッチリ利用できる仕様です。↓

UMIDIGI A5 ProはAndroid 9を採用

日本語とGoogleサービスに対応している

UMIDIGI A5 Proはグローバル展開する端末で日本語対応&Googleサービスもバッチリ対応。日本で販売している端末と遜色ない使い心地なので初めての海外スマホでも違和感なく利用できるモデルです。

おサイフケータイには対応していない

UMIDIGI A5 Proはおサイフケータイに対応していないので、既にFeliCa搭載端末でおサイフケータイ機能をフル活用している方はUMIDIGI A5 Proに乗り換えるとライフスタイルまで変わることになるので注意。

最近流行りのQRコード決済(PayPay、LINEペイ、楽天ペイなど)は利用可能です。

Nano SIM×2+MicroSDのトリプルトレイを採用!

▼UMIDIGI A5 ProのSIMトレイはNanoSIM×2+MicroSD×1が全て挿入できるトリプルスロット仕様!

UMIDIGI A5 Proはトリプルスロットを採用。

UMIDIGI A5 Proは保存容量が32GBと少ないので、MicroSDカードで容量拡張する方が多そうですが、MicroSDを利用してもNanoSIMは2枚挿入できるので2回線同時待ち受け機能もバッチリ利用できます!Good!

ちなみにレビューを行った「UMIDIGI S3 Pro」ではMicroSDを内部ストレージとして設定できたので、UMIDIGI A5 Proが届いたら内部ストレージ化できるか確認してみますね!

DSDVに対応しているので低価格で大容量データが利用できるスマホを構築出来る

UMIDIGI A5 Proは4G+4Gに対応するDSDVに対応しているので、2つの電話番号を1台のUMIDIGI A5 Proで発着信したり、音声通話SIMとデータSIMを分けて管理することで、大手キャリアや格安SIMでは実現出来ないような超低価格で超大容量データを利用できるスマホを構築することが可能です。

特にUMIDIGI A5 Proはドコモ回線、ソフトバンク回線、ワイモバイル回線、通信できればau回線にフル対応している全キャリアの回線に対応しているので組み合わせも自由自在であることが魅力です!

また、DSDVを利用する場合はNano SIMを2枚挿入するのですが、SIMトレイはトリプルスロット仕様なのでDSDV利用時でもMicroSDで容量の拡張が可能!これは嬉しいポイントですね!

【本端末でも実現可能!】DSDVやDSDS機能を利用して激安で高品質な大容量データ通信が可能な構築方法を以下の記事で詳しく解説しているのでチェックしてみて下さいね!↓

6.3型の大画面ディスプレイを搭載

UMIDIGI A5 Proのディスプレイは大型の6.3型。ノッチディスプレイを採用する事で筐体サイズに対し非常に大きなディスプレイを搭載しています。また、解像度は2280×1080のFHD+を採用している部分も注目。低価格スマホは解像度が低いHD+を採用している事が多いのですが、UMIDIGI A5 Proなら画面の粗さが気にならない画素密度です。↓

UMIDIGI A5 Proは6.3型FHD+ディスプレイを搭載

2.5D湾曲ガラスを採用した高品質なバック仕上げ

▼UMIDIGI A5 Proは安価な製品ですが背面パネルは高級端末で採用される事が多い2.5D湾曲ガラス仕様。背面とディスプレイは美しい2.5Dガラスでサイドフレームに金属フレームを採用することで質感がグッと向上しています。↓

UMIDIGI A5 Proの背面はガラス仕様。

メインカメラはトリプルカメラを採用

▼UMIDIGI A5 Proのカメラはトリプルカメラ仕様。メインカメラは定評あるSONY IMX398を採用しています。↓

UMIDIGI A5 Proはトリプルカメラを搭載。

薄暗い場所でもノイズの少ない写真が撮影出来る仕様

▼F値1.8という光を多く取り込めるレンズを採用。SONY IMX398センサーと組み合わせることで薄暗い場所でもノイズの少ない写真を撮影できるとしています。それにしても被写体の「どんまい」ってどこで撮影してきたんだよ(笑)

UMIDIGI A5 Proは暗所撮影に強いカメラ仕様。

120°超広角撮影で広大な風景も写真に収まる

▼UMIDIGI A5 Proのサブカメラは「機能拡張型」となっており、120°の超ワイドアングルで撮影出来る広角レンズを搭載。通常カメラでは窮屈になりがちな広大な風景、大きな建築物の撮影、集合写真など広い範囲を撮影する時に重宝しますよ!↓

UMIDIGI A5 Proは超広角撮影対応。

あと、僕も超広角撮影出来るスマホ使ってますが、日常的にも「もう少し引いて撮影したい」ってシーンが結構有るので超便利ですよ!ズーム出来るスマホは多いですけど「引き」が出来るスマホって少ないので、UMIDIGI A5 Proを手に入れたら是非試してみてくださいね!

深度カメラ搭載で自然な背景ボケ撮影が楽しめる

▼UMIDIGI A5 Proは5MPの深度カメラを搭載。これにより被写体と背景をしっかり分離することが出来るので、背景をボカして被写体を際立たせるようなボケ味撮影が楽しめるとのこと!実機での仕上がりに期待ですね!

UMIDIGI A5 Proは深度カメラ搭載でボケ味撮影に対応

UMIDIGI A5 Proで撮影したとされるサンプル写真

▼以下は公式サイトで公開されていたサンプル写真!↓

但し、カメラはスペックだけでなくソフトウェアの仕上がりも非常に大切。実際の写りは実機レビューで掲載しますので、写真撮影を沢山する!って方は実機レビューをお待ち下さい!

1600万画素の高画素な自撮りカメラを採用

▼UMIDIGI A5 Proの自撮りカメラは1600万画素の高画素タイプ。F値2.0の明るいレンズを搭載しております!↓

UMIDIGI A5 Proはインカメラに高画素な1600万画素カメラを搭載

4150mAhの大容量バッテリーを搭載

UMIDIGI A5 Proのバッテリー容量は4150mAh。一般的なスマホが3000mAh前後の搭載量なので大容量な部類ですね!バッテリー容量が増えるとガンガン利用できる時間がダイレクトに伸びるのでバッテリー持ちも期待大!↓

UMIDIGI A5 Proは4150mAhの大容量バッテリーを搭載

ちなみにUMIDIGI A5 Proは大容量バッテリーを搭載していますが、充電は5V2A(10W)で一般的な急速充電。大容量バッテリーを充電するにはやや物足りない仕様で充電時間が長引きそうなので寝る前に忘れずに充電しよう!あと、ワイヤレス充電には対応していません!

付属品も充実している

▼UMIDIGI A5 Proの付属品は以下の通り!保護ケースは保護フィルム(貼付け済み)など保護系装備も含まれているのでお買い得感も高い!↓

UMIDIGI A5 Proは付属品も充実

UMIDIGI A5 Proまとめ

UMIDIGI A5 Proは低価格ながら「カメラ」「外観」「対応バンド」に力を入れている端末ですね。絶対的な処理性能は高くないですが、ゲームは暇つぶし程度でほとんど遊ばないって方は案外快適に動いてくれる性能です。

徹底的に端末代金を抑えながら「メイン端末」として利用できるスマートフォンを探している方は要チェック端末ですよ!

UMIDIGI A5 Proの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではUMIDIGI A5 Proをお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

AliExpressで5月20日~5月22日限定でUMIDIGI A5 Proの初売りセールを開催します!通常販売価格が158.83ドルですが、期間限定でグッと安くなるのでお見逃し無く!

↓AliExpressで発売開始!驚異の95.37ドルで購入可能です!↓

UMIDIGI A5 Proの購入先情報

UMIDIGI A5 Proは以下で取り扱っています。

↓日本AmazonのUMIDIGIストアでも取扱開始!7月20日入荷予定!価格は13,777円で円で配送料無料!↓

ページトップへ