ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

UMIDIGI A5 Proのレビュー!高コスパエントリーモデル![読者投稿]

▼タイアップキャンペーン!▼

月間100GB以上使える!ガルマックス経由なら長期契約不要で月額2,990円!期間限定&数量限定!お見逃し無く!

UMIDIGI A5 Pro

「UMIDIGI A5 Pro」の実機レビューを読者様からご投稿頂きました!

投稿して下さいました「まっしー」様、貴重な実機レビューありがとうございます!

▼日本のAmazonでも正式に取扱を開始!驚愕の1.5万円スマホとして大注目を浴びている話題の端末。最新モデルなのに執筆時点では1.3万円台で購入可能となっております!↓

ガルマックスでも発注しているのですが、ひと足お先にまっしー様がご購入されたとのことで実機レビュー投稿を頂きました!気になっていた端末なので嬉しい!じっくりUMIDIGI A5 Proのレビューをチェックしたいと思います!

ガルマックスでは読者様からの投稿レビューを様々な機種で募集しているので、ご興味の有る方は是非以下も御覧ください!

【対象端末追加】読者レビュー投稿フォームとレビュー対象リスト

目次をクリックすると各項目へ移動します

UMIDIGI A5 Proの詳細なスペック表

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 UMIDIGI A5 Pro
型番/別名 A5 Pro
発売年 2019年5月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー UMIDIGI
言語 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・ネットワーク
2G 2/3/5/8
3G 1/2/4/5/6/8/19
4G 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28A/28B/38/40/41/66
ドコモ対応状況

フル対応
プラチナバンド19対応
FOMAプラスエリア対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

フル対応
プラチナバンド対応
(但し通信できるかは実機検証が必要)

SIMサイズ・スロット Nano SIM×2+MicroSD
ネットワーク関連備考 DSDV対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.2
本体仕様
ディスプレイ 6.3インチ/液晶(LTPS)/ノッチあり/画面占有率92.7%
解像度 2280×1080/FHD+/画面比率19:9
画素密度 400ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ156mm
横幅75.9mm
厚さ8.2mm 
重さ 203g
本体色 Space Grey、Breathing Crystal
システム仕様
OS Android 9.0/Android 8.0/独自UI
SoC MediaTek Helio P23/MT6763
CPU Cortex-A53×4、Cortex-A53×4/2.0GHz/8コア
GPU Mali-G71 MP2
ベンチマーク AnTuTu(参考値):総合スコア約67000点、GPUスコア約13000点
Geekbench4(参考):シングルコア680点、マルチコア3000点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量32GB
ストレージカード MicroSD対応/最大256GB/独立スロットあり
カメラ
メインカメラ 16MP+8MP(超広角)+5MP(深度)/3カメラ仕様
SONY IMX398+Samsung S5K2P7
F値1.8
120°超広角撮影対応
深度カメラ搭載
前面カメラ 16MP/1カメラ仕様
F値2.0
カメラ備考 最大画素数/1080P、最大FPS/30FPS
機能仕様・センサー
GPS A-GPS、GLONASS、BDS
センサー 指紋認証(背面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 FMラジオ
バッテリー
バッテリー容量 4150mAh
充電 有線充電:10W(5V/2A)
ポート Micro USB
その他
価格 158ドル
公式サイト

UMIDIGI A5 Pro

購入先/割引情報

AliExpress

日本Amazon

端末詳細記事

UMIDIGI A5 Proのレビュー!高コスパエントリーモデル![読者投稿]

UMIDIGI A5 Proのスペック、対応バンド、価格、特徴!

対応バンドの解説などは以下の記事で詳しく書いているので御覧ください!

UMIDIGI A5 Proのスペック、対応バンド、価格、特徴!

UMIDIGI A5 Pro購入の決め手

遅くてバッテリが持たないスマートフォンの代わりを探していました。用途はメール、ブラウザ、SNS、カメラ、音楽、電子書籍リーダー等です。

ちょっと大きめの画面で最新OSが搭載された安価な製品を探していました。各種レビューサイトやショッピングサイト等をチェックし、ガルマックスの記事に書かれていたドコモ系SIMへの対応状況(非都心部なので重要)とセール情報が決めてになりました。

購入後に感じた良いところ・イマイチなところ

良かった

  • お小遣いに優しい価格で、 価格以上の外観!
  • ゲーム以外は困らない性能!
  • SDカード+SIM2枚だからできるSIM選びの多様性!
  • 付属品の充実(基本的に追加購入不要)!
  • ACアダプタが日本仕様!紙マニュアルにも日本語あり!

イマイチ

  • USB Micro-B。Type-Cなら高速転送、短時間充電、差し込み向き無し・・・。
  • ベンチマークソフトAnTuTuは残念なほどカクカクします。
  • ケースが必要なカメラの出っ張り。
  • 付属ケースは少し滑りやすく、安っぽく感じます。

UMIDIGI A5 Proの購入先・購入金額・配送期間

  • 購入端末:UMIDIGI A5 Pro/メモリ4GB/容量32GB

AliExpressで行われた「UMIDIGI A5 PRO」発売直前のプレセールで購入しました。ショップクーポンを利用して$89.37です。配送期間は注文後47日で到着しました。

購入先は「AliExpressのUMIDIGI公式ページ」です

編集部コメント

うおおおお!プレセール価格で手に入ったなんて羨ましい!日本でもAmazonで約1.3万円で注文可能なので、欲しい方は安い時に注文しておきましょう!ガルマックスも1.3万円組です!

UMIDIGI A5 Proの付属品レビュー

UMIDIGI A5 Proの付属品評価は5段階中
[★★★★☆]星4つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

価格の割に付属品は充実。日本市場を意識している同梱内容が魅力

UMIDIGI A5 Pro

UMIDIGI A5 Pro

開封順に、外箱、Thanksカード、本体(フィルム貼り付け、ケース装着)、SIMピン、説明書(英語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・フランス語・日本語)、USB micro-Bケーブル、充電器(日本のプラグ仕様)。

充電器のプラグが日本の形状なのは想定外でした。 説明書の日本語も嬉しいですね。 保護フィルムの耐久性は現時点で不明。 ケースの入手性を考えると専用ケース付属は嬉しいです。スイッチや穴の位置もピッタリでストラップホールもあります。ただし質感は安っぽく、製品の外観を隠す黒色なのがイマイチです。ケースは買い替えを考えたいです。

イヤホンは付属していても良かったと思います。でも音に期待できないイヤフォンは不要なのでこれでもOKです。 感動するポイントは無かったけど、十分な構成です。

編集部コメント

価格を考えると非常に充実した内容!保護系装備がとりあえず揃うのは嬉しいポイントですね!また、日本市場を意識しているだけあり、日本のコンセントに挿すことの出来る充電器や取説の日本語対応もGood!初めての海外スマホでも非常に敷居の低いモデルだと感じました!

UMIDIGI A5 Proの外観・デザインレビュー

UMIDIGI A5 Proの外観評価は5段階中
[★★★★★]星5つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

価格を考えると外観は非常に美しく感じられる

価格が安いからなのか、価格に対して外観はかなり素晴らしく見えます。

ぱっと見、10万円クラスのiPhoneやAndroidに比べ見劣りしない気がします。。 でも純正ケースを付けると見劣りする外観になります。 ケースの必要な方は、別途購入を検討すべきと思います。

▼ディスプレイはノッチ付きの大画面ディスプレイを採用!:文 編集部↓

UMIDIGI A5 Pro

▼背面は光沢のある仕上げ。背面にはトリプルカメラや指紋認証センサーを搭載。:文 編集部↓

UMIDIGI A5 Pro

▼上部はスッキリしたデザイン。:文 編集部↓

UMIDIGI A5 Pro

▼下部は充電端子とスピーカー、そして3.5mmイヤホンジャックを備えます。:文 編集部↓

▼左側面はSIMスロット。SIMピンで取り出すタイプ。:文 編集部↓

UMIDIGI A5 Pro

▼右側面にはボリュームボタンと電源ボタンの一般的な並びでAIボタンなどは備わっていません。:文 編集部↓

UMIDIGI A5 Pro

▼SIMトレイはトリプルスロット!2回線同時待ち受け機能を利用しながらMicroSDで容量拡張出来るのは嬉しいポイントでしょう!:文 編集部↓

UMIDIGI A5 Pro

編集部コメント

低価格なスマートフォンの中では非常に外観のクオリティーが高いようでご満足頂いているみたいですね!純正ケースはかなりチャッチイ作りみたいなので、お気に入りのケースを購入するまでの繋ぎ的な利用が良いかも!さっきAmazonで調べていたら、UMIDIGI A5 Proのケースが色々売っていたので、これからUMIDIGI A5 Proを購入する方はチェックしてみましょう!

UMIDIGI A5 Proのパフォーマンスレビュー

UMIDIGI A5 Proのパフォーマンス評価は5段階中
[★★★★☆]星4つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

一般的な使い方で動作の鈍さを感じることは無かった

WEB観覧、YouTube視聴、メール確認など一般的な使い方では動作の鈍さを感じません。AnTuTuのカクカク感を見ると、高負荷な3Dゲームをインストールする気がしません。

編集部コメント

AnTuTu走らせると3D描写の動きでゲーム性能を察しちゃいますよね(笑)分かります(笑)性能的には2019年7月現在だと1番下っ端クラスとなるのでゲームは厳しい性能となりますが、ライトな使い方だとある程度許容できそうですね!毎日スマホでSNS見たり、動画見たり、WEBページ見たりすることが中心の方は満足度が高そうです!

UMIDIGI A5 Proの実機AnTuTuスコア

▼まっしーさんのUMIDIGI A5 Proは総合スコアが82086点、3D(GPU)スコアが16900点でした!↓

UMIDIGI A5 Proの機能や仕様レビュー

UMIDIGI A5 Proの機能評価は5段階中
[★★★★☆]星☆つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

ホーム画面とプリインストールアプリ

UMIDIGI A5 Pro

エントリーモデルとしては十分、と言うか満足できます。

特にNano SIM×2+MicroSDのトリプルトレイで、MicroSDカード利用しつつDSDVに対応が素晴らしいです。SIM選び方や使い分けなどが利用バリエーションが豊富で利用方法はしばらく悩みそうです。

ソフトウェアは余分な物が無く好感が持てます。 仕様としては防水機能があれば更に良かったと思います。

編集部コメント

DSDSなどの2回線同時待ち受け機能を利用しながらも、MicroSDで容量拡張が出来るトリプルスロットの採用はUMIDIGI A5 Proの大きな魅力の1つだと感じます!対応バンドも広いので、「モナWi-Fiの単体SIMを活用して音声通話+データ容量100GBを月額3,680円で実現」も出来ますね!

日本語&Googleサービスに対応している

起動初期に日本語を選択すると、日本で販売されている端末と遜色ありません。また未翻訳が気になった事もありません。

UMIDIGI A5 Proのカメラレビュー

UMIDIGI A5 Proのカメラ評価は5段階中
[★★★★☆]星4つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

カメラはアプリがシンプルでやや物足りなさを感じる

カメラアプリがシンプルで、カメラ性能を生かす設定や機能が不足していると思います。アウトカメラの120°広角はパーティーなど室内撮影でも重宝しそうな感じです。アウトカメラの一方はもっと望遠側でも楽しいと想像します。

アウト側の通常とワイド、イン側の切り替えは簡単ですが、深度カメラの活用方法は分からない状況です。 アウトの広角カメラは樽型収差が多いので用途に向き不向きがあると思います。アウトのメインカメラは自然な感じで使いやすいです。

編集部コメント

まず、この価格でトリプルカメラは嬉しいポイント!様々な画角で撮影出来るのは面白いですよね!深度カメラは一般的に背景をボカして被写体を際立たせる撮影モードで利用するので、背景ボケモードでお試し下さい!

UMIDIGI A5 Proの実機カメラで撮影した写真

※縮小加工のみで画質調整は行っていません。

▼UMIDIGI A5 Proで撮影頂いた写真。ディテールや色合いなど許容範囲であるかご確認下さい!:文 編集部↓

UMIDIGI A5 Pro UMIDIGI A5 Pro UMIDIGI A5 Pro UMIDIGI A5 Pro UMIDIGI A5 Pro

UMIDIGI A5 Proのディスプレイ関連レビュー

UMIDIGI A5 Proのディスプレイ評価は5段階中
[★★★★★]星5つです!
(※星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

画面の粗さは気にならずエントリーモデルとしては十分な仕様

ディスプレイの荒さは気になりません。エントリーモデルとしては大画面なのも魅力です。設定項目は特別な項目はありませんが必要十分です。

編集部コメント

エントリーモデルですが画面占有率を高めるノッチ、6.3型の大画面などエントリーモデルとしては魅力的な仕様。特に、安価なスマートフォンではHD+の解像度を採用する事が多く画面の粗さが気になるのですが、UMIDIGI A5 ProはFHD+のパネルを採用する事で画面の粗さを気にすること無く利用できるのが長所かと思います!

UMIDIGI A5 Proのサウンド関連レビュー

UMIDIGI A5 Proのサウンド評価は5段階中
[★★★☆☆]星3つです!
(※星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

スピーカー音質は悪くない

音質は悪くないと思います。スピーカーの音圧もある程度あります。イヤホンはインピーダンスが高めだと音圧不足になります。拘りのモニター品質ヘッドフォンには向かないと思います。

編集部コメント

仕様的には及第点といったところみたいですね。このクラスは音が慣ればOK的な感じもあるので音質にこだわりある方が選ぶ端末ではありませんが、普段使いなら特段問題なさそうな印象を受けました!

UMIDIGI A5 Proのバッテリーレビュー

UMIDIGI A5 Proのバッテリー評価は5段階中
[★★★★☆]星4つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

大容量バッテリー搭載だが超急速充電非対応が痛い。でも、安さで妥協出来る

4150mAの大容量なので、そこそこ持ちます。ワイヤレス充電やUSB Type-Cの超急速充電が無いのが欠点ですが、価格が安いので妥協できると思います。

編集部コメント

公式を確認したところ充電は10Wなので一般的に言う急速充電なのですが、最近は超急速充電が主流となっているので少々見劣りする部分。また、MicroUSBも古臭さを感じるところですが・・・価格の安さで全部吹き飛ぶ(笑)おっしゃる通り、僕も、この価格なら妥協できるなぁ。

UMIDIGI A5 Proの総合評価

UMIDIGI A5 Proの総合評価は10段階中
[★★★★★★★★☆☆]星8です!

3Dゲームしない人がエントリーモデルを探すなら最適な一台です。

特に非都心部で利用するならドコモ系SIMでも繋がりやすいUMIDIGI A5 Proはベストチョイスとなります。またビジネス等での2回線待ち受けは強い武器になります。 3Dゲームをするなら、予算を増やして異なる機種を買いましょう。

編集部コメント

まっしー様、貴重な実機のレビューありがとうございました!ゲーム以外なら大きな不満なく動いてくれる性能、撮影が楽しくなるトリプルカメラ、同時待ち受け機能、FHD+を採用するディスプレイ・・・こんな端末が日本でも1.3万円台で購入できるのは結構衝撃。僕も早く実機が触りたい!サブ端末を探している方、軽い使い方が中心の方、スマホに多くを求めない連絡手段ツールとして安価な端末を探している方、是非、検討してみて下さいね!

まっしー様、またの投稿をお待ちしております!ありがとうございました!

UMIDIGI A5 Proが購入できるショップ一覧

UMIDIGI A5 Proの関連記事

UMIDIGI A5 Proのスペック、対応バンド、価格、特徴!

ページトップへ