▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

モナWi-Fiの単体SIMを活用して音声通話+データ容量100GBを月額3,680円で実現


Ymobileバナー

モナWi-Fiを活用して月額3,900円で音声通話ができて容量100GBが使えるスマホを構築!

追記:音声通話SIMで月額700円から利用できる0 SIMを組み合わせると、本記事で紹介していた月額3,900円よりも安い月額3,680円で音声通話+データ100GBが利用できることをTwitterで発見!情報を発信してくれた方、ありがとうございます!という訳でタイトルなど最安値更新に伴い変更しております!

▼追記;月間100GBじゃ足りない?なら裏モナSIMがオススメ!月間300GB使えて・・・なんと、タイアップ価格で月額3,780円!↓

裏モナSIM爆誕!ソフバン回線を300GB使えて3,780円!詳細と活用法をチェック![タイアップ]

通信回線とスマートフォンのプロフェッショナルと言えばガルマックスの猶木です。

最近、スマートフォンはあらゆるシーンでデータ容量を利用するので「ギガが足りない」という言葉まで出来ました。

という訳で、ガルマックスがお届けする「激安で快適に大容量データを利用できるスマートフォン構築する方法」を紹介しちゃいます!

※月額3,680円で音声通話+データ100GBを構築するには、モナWi-Fi×ガルマックスのタイアップキャンペーンで「モナWi-Fi SIMプラン100GB」の月額割引特典(解約するまで継続)を適用した時。

こんな人にオススメの記事です

  • 子供が利用するデータ容量が家族シェア大容量プランじゃ足りない
  • 単身契約なので大容量プランは高すぎて手が出ない
  • 学割の年齢を超えているのでお得に大容量プランを利用できない

タイアップキャンペーン中!

なんと、本記事で紹介しているモナWi-Fiとガルマックスが初のタイアップキャンペーンを開始!月額3,500円のSIMプランが2,980円などなど、複数のキャンペーンを開催中です!是非、お得にモナWi-Fiを使ってみて下さい!数量限定なのでご検討はお早めに!キャンペーン詳細は本記事の最後に記載しています!

目次をクリックすると各項目へ移動します

音声通話+データ容量100GBを月額3,680円で構築する方法

まず、月額3,680円で音声通話+データ容量100GBの構築は最小構成となります。なので音声通話は電話かけ放題などオプションは含まれていません。後述しますが、音声通話側の構成は自由自在です。

簡単に構築方法をまとめると、音声通話SIMを単体契約、100GBのデータ通信SIMを単体契約、それらをDSDSやDSDV機能(2回線同時待ち受け機能)を利用できるスマートフォンで組み合わせるんです。

データSIMは回線品質の高いモナWi-Fiの単体SIMを利用する

モナWi-Fi
モナWi-FiのSIMは標準SIM、MicroSIM、NanoSIMの大きさにカット出来るマルチサイズSIMなので、SIMサイズは気にしなくてOK。

まず、肝心のデータ容量100GBを構築するためのSIM選びです。

格安SIMの欠点は、お昼の時間帯など沢山の人が利用する時間帯でデータ通信速度が低下してしまうこと、また、格安SIMといえどデータ容量20GBですら業界最安値水準が3,980円で高価なので除外。

大手キャリアと同じ”利用する時間帯で通信速度が大きく左右されない”回線で格安SIMより安くて5倍以上の容量が利用できるSIMなんて無いでしょ。そう思っているアナタ!有るんです。

それが、モナWi-Fiの単体SIM。ソフトバンクの生回線を利用しており、僕も長期的に使っていますが通信速度や安定性は大手キャリアのソフトバンクと変わりません。どの時間帯でも超快適。

モナWi-Fiはガルマックス経由の申し込みだと月間100GBのデータ容量が2,980円で利用できます。(この特典ありきで実現できる構築方法)なので、データ回線はモナWi-Fiで確定。

音声通話SIMは好みの格安SIMでOK

モナWi-Fiと組み合わせる音声通話SIMは任意のスマホでOK

音声通話で月額700円から利用できる0 SIMを組み合わせることで音声通話+データ100GBが月額3,680円で利用できることが分かったので共有!0 SIMはデータ500MBまで無料なのですが、500MBを超えるとデータ通信料が発生するの必ずデータSIM側をモナWi-Fiに設定しましょう!0 SIM公式サイトは以下からどうぞ!

ーーーーーー↓初回公開時の情報です。↓ーーーーーー

まず、最小構成となる音声通話+データ100GBで3,900円で利用する音声通話SIMは、IIJmioの音声通話SIMを利用します。

IIJmioはデータ容量なしの「ケータイプラン」のSIMが月額920円で契約可能。これに2,980円のモナWi-Fiの100GBデータSIMを組み合わせることで月額3,900円となります。

もちろん、音声通話で「電話かけ放題」が必要な方も多いでしょう。例えばIIJmioなら3分かけ放題が月額600円、10分以内かけ放題が月額830円なども選択可能となってます。

こんな感じで音声通話は自身のライフスタイルに合わせて選べるのも利点です。もちろん、本記事で紹介しているIIJmio以外の格安SIMを選んでもOK。

ーーーーーー↑初回公開時の情報です。↑ーーーーーー

DSDSまたはDSDVに対応するSIMフリースマートフォンを用意する

モナWi-Fiで大容量データが利用できるスマホを構築するにはDSDS又はDSDVに対応する端末が必要

今回の音声通話+データ容量100GBを最安月額3,680円で構築する方法は、音声通話SIMとデータSIMの2枚を利用します。これら2枚のSIMを1台のスマートフォンで利用する場合はDSDSやDSDVなど「2回線同時待ち受け機能」を搭載するスマートフォンが必要です。

とっても大事な項目なので、間違えないように機種を選びましょう!

通信回線が利用するキャリアに対応しているモデルを選ぶのが大前提

まず、モバイル回線は格安SIMやモナWi-Fiを含め「ドコモ回線」「au回線」「ソフトバンク回線(ワイモバイル回線)」のいずれかを利用しています。モナWi-Fiは「ソフトバンク回線」ってことです。

スマートフォンは電波のやり取りで利用するデバイスですが、様々な回線が同じ電波を利用していたら混線してしまいます。FMラジオでラジオ局の周波数が異なるように、モバイル回線もそれぞれが利用している周波数が異なります。

スマートフォンは受信できる電波の種類が機種により異なります。例えば、「ドコモ回線とソフトバンク回線」の2回線に対応していたり、「ドコモ回線とau回線とソフトバンク回線」の3回線に対応していたりって具合です。

モナWi-Fiはソフトバンク回線を利用するので、これから選択するスマートフォンは「ソフトバンク回線」に対応している事が必須。そうじゃないと、SIM挿しても通信出来なかったり、電波の掴みが悪くなるからです。

続いて音声通話側です。こちらも同様に利用する回線に対応するスマートフォンを選ぶ必要があります。

なので、SIMフリースマートフォンを購入する時の対応する回線をまとめると以下の通りです。

  • 音声通話にドコモ回線+モナWi-FiデータSIM:ドコモ回線とソフトバンク回線に対応する機種
  • 音声通話にau回線+モナWi-FiデータSIM:au回線とソフトバンク回線に対応する機種
  • 音声通話にソフトバンク回線+モナWi-FiデータSIM:ソフトバンク回線に対応する機種

なお、ワイモバイル回線はソフトバンク回線と同じ電波を利用しているので、音声通話のソフトバンク回線の項目と同じです。

音声通話にau回線を利用する方はDSDVに対応する機種を選ぶ

音声通話にau回線を利用して、データSIMにモナWi-Fiを利用する場合は、2回線同時待ち受け機能の「DSDV(デュアル・シム・デュアル・ボルテ)」に対応している必要があります。

難しい話は置いといて、au回線を音声通話で利用する場合は必ずDSDVに対応しているスマートフォンを選びましょう。間違えてDSDS機種を選ぶとだとデータ通信の速度が遅くなるので注意。

家電量販店で機種を選ぶ時にスタッフさんに「au回線とソフトバンク回線にフル対応していて、DSDVに対応している機種はどれですか?」と聞けばOK。

音声通話にドコモ回線を利用する方はDSDSまたはDSDVに対応する機種を選ぶ

音声通話にドコモ回線を利用して、データSIMにモナWi-Fiを利用する場合は、2回線同時待ち受け機能の「DSDS(デュアル・シム・デュアル・スタンバイ)」または「DSDV(デュアル・シム・デュアル・ボルテ)」に対応している必要があります。

DSDSは音声通話にVoLTEが利用できなくなりますが、その代りに選択出来る機種が増えます。DSDVは音声通話でもVoLTEが利用できます。どちらを選んでも問題ありませんが、どうせなら新しい機能のDSDV対応機種がオススメ。

家電量販店で機種を選ぶ時にスタッフさんに「ドコモ回線とソフトバンク回線にフル対応していて、DSDSかDSDVに対応している機種はどれですか?」と聞けばOK。

音声通話にソフトバンク回線(ワイモバイル回線)を利用する方はDSDSまたはDSDVに対応する機種を選ぶ

音声通話にソフトバンク回線(ワイモバイル回線)を利用して、データSIMにモナWi-Fiを利用する場合は、2回線同時待ち受け機能の「DSDS(デュアル・シム・デュアル・スタンバイ)」または「DSDV(デュアル・シム・デュアル・ボルテ)」に対応している必要があります。

DSDSは音声通話にVoLTEが利用できなくなりますが、その代りに選択出来る機種が増えます。DSDVは音声通話でもVoLTEが利用できます。どちらを選んでも問題ありませんが、どうせなら新しい機能のDSDV対応機種がオススメ。

家電量販店で機種を選ぶ時にスタッフさんに「ソフトバンク回線(ワイモバイル回線)にフル対応していて、DSDSかDSDVに対応している機種はどれですか?」と聞けばOK。

スマートフォンで適切な設定を行う

任意の音声通話SIM、モナWi-Fiの100GBデータSIM、そして、利用する電波に合致したSIMフリースマートフォンが揃えば準備OK。

あとは、しっかり設定することで夢の低価格&大容量が実現できます。

▼まずは音声通話SIMをSIM 1に挿入、続いてモナWi-FiのデータSIMをSIM 2に挿入します。↓

▼続いて、各SIMで通信するためのAPN設定を行いましょう。↓

音声通話SIMは選ぶSIMで設定するAPN設定内容が異なりますが、SIM 2に挿入するモナWi-FiのAPN設定は以下の通りです。ソフトバンクの生回線を利用しているのでAPNもソフトバンクのAPNとなってます。

  • APN:plus.4g
  • User:plus
  • Pass:4g

SMSは必ず音声通話側のSIMを選択する

DSDSやDSDVを設定する際に、どちらのSIMで通話・SMS・データ通信を行うか設定できます。音声通話は音声通話SIM、データSIMはモナWi-Fiを選択するのですが、SMS(ショートメッセージサービス)は音声通話SIMに必ず設定しましょう。

▼こんな感じで通話、SMS、データ通信を選択出来ますが、SMSは音声通話に設定。↓

理由ですが、モナWi-FiはSMSの受信に対応しているのですが、送信は非対応となってます。また、モナWi-FiはSMSの送信は非対応としていますが、送信しようと思えば送信できてしまい、その際に賠償金として5,000円が発生します。これがモナWi-Fiを利用する場合の最大の注意点です。

音声通話SIMは基本的にSMSの送受信がプランに組み込まれているので、SMSは音声通話SIMで利用しましょう。

ちょっと手間がかかるけど、モナWi-Fiの単体SIMを活用すると低価格で大容量が実現できるのでお試し下さい

モナWi-Fi

本記事で紹介した方法の利点は大容量を低価格で利用できる事だけではなく、これだけの容量を大手キャリアのソフトバンク回線品質で利用できる点です。

格安SIMは前述通り沢山の人が利用する時間帯で通信速度が著しく低下するデメリットがあるので、時間帯を気にせずガンガンスマートフォンを利用している方は大きな懸念対象となってました。

今回の方法は大手キャリア品質で100GBもの大容量を低価格で利用できるので、通信速度の低下を気にせず”これまでと変わらない使い心地”で活用出来るのが最大のメリットです。

家族シェアしているけど、子供が利用するデータ容量が契約しているシェアパックだと足りないだとか、単身契約でも低価格で大容量を利用したいだとか、とにかく、沢山のデータ容量を低価格で使いたいって方は是非、検討してみて下さい。

モナWi-Fi×ガルマックスのタイアップキャンペーンで激安!

モナWi-Fiとガルマックスはコラボキャンペーンを開催中!

なんと、モナWi-Fiとガルマックスが初のタイアップキャンペーンを開催!複数のタイアップキャンペーンを用意しているのでお見逃し無く!

どうせ、キャンペーン適用期間が短いんでしょ?→ご安心下さい

格安SIMなどで”神キャンペーン”と言われている「月額割引系」のキャンペーン。この類のキャンペーンは「キャンペーンでの利用料金が適用される期間」が設けられている事がほどんどですよね。

あとから値上がりしちゃったら旨味も半減。そこんとこ、ガルマックスは良く分かってます!

今回のモナWi-Fi×ガルマックスのタイアップキャンペーンは、なんと、解約するまでキャンペーン料金がず~っと適用となる「ウルトラ神キャンペーン!」なのです!

ガルマックスの読者さんなら、どれだけ”ヤバイ”キャンペーンか分かるはず(笑)

数量が限定なのでご検討はお早めに!

モナWi-Fiとガルマックスのタイアップキャンペーンですが、なんせ”ヤバイキャンペーン”なので発行出来るSIM数が限定数となっています。

限定数はガルマックス枠で500セット限りです!

僕、以前格安SIMのキャンペーンを紹介した時にアクセス過多でキャンペーンそのものをふっ飛ばした経験もあるので、今回は通信回線では少数の500セット限りと上限を設けさせて頂きました(´・ω・`)

なので、モナWi-Fiを激安で手に入れたい方はお早めにご検討頂きお申込み下さい!なお、限定数が無くなり次第、早期終了致します!

[キャンペーン①]モナWi-FiのSIM単体100GBプランが2,980円!

通常価格月額3,900円のモナWi-FiのSIM単体100GBプランが、モナWi-Fi×ガルマックスのタイアップキャンペーン経由の申し込みで解約までずっと月額2,980円!

↓申込み時のプラン選択時に「100GB SIMプラン」を選択して割引クーポン入力すると適用となります!こちらの申込みは初回事務手数料が5,000円必要です。※2台目からは同時申し込み且つ同じプランに限り事務手数料無料!↓

[キャンペーン②]モナWi-FiのSIM単体100GBお試しプランが月額3,380円+事務手数料3,000円オフ!

続いては新生活応援のコラボキャンペーン!プランはキャンペーン①と変わりませんが、初回事務手数料が3,000円オフとなり試しやすくなってます!月額も3,500円→3,380円の割引価格でお試し頂けます!

↓申込み時のプラン選択時に「100GB SIMプラン」を選択して割引クーポン入力すると適用となります!こちらの申込みは初回事務手数料が2,000円必要です。※お1人様1セット限り!↓

[キャンペーン③]モナWi-Fiルータ付き100GBプランが月額3,680円+事務手数料3,000円オフ!

最後はモナWi-Fiのルータ付きプラン!月間100GBのデータ容量で通常月額5,480円ですが、タイアップキャンペーンで月額が解約するまで3,680円!さらに事務手数料が3,000円オフ!

↓申込み時のプラン選択時に「超大容量プラン」を選択して割引クーポン入力すると適用となります!こちらの申込みは初回事務手数料が2,000円必要です。※お1人様1セット限り!↓

月間100GBじゃ足りない方は裏モナSIMがオススメ!300GB使えて3,780円!

裏モナSIM爆誕!ソフバン回線を300GB使えて3,780円!詳細と活用法をチェック![タイアップ]

モナWi-Fiの活用法もチェック!

↓モナWi-Fiのこんな記事も書いてます!↓

ページトップへ