ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

UMIDIGI S3 Proのスペック、特徴、価格まとめ

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

回線選びに失敗したくない方向け

↓回線品質良好。利用料金が安いのに大手キャリアと使い勝手が大きく変わらないのが最大の魅力です。長期レビューをチェックしてみて下さい。↓

UMIDIGI S3 Pro

UMIDIGI最新モデルのUMIDIGI S3 Proのスペックと価格、割引情報を掲載してます。

UMIDIGIは日本市場を非常に意識しているメーカーで、特に回線の対応状況は抜群。スペックなど分かりやすく纏めているのでチェックしてみて下さい。

UMIDIGI S3 Proの発売時期

UMIDIGI S3 Proの発売時期は2019年3月です。

UMIDIGI S3 Proの価格

UMIDIGI S3 Proの価格は通常価格が約400ドルです。

↓UMIDIGI S3 Proを取り扱うショップは以下の通り。↓

UMIDIGI S3 Proのスペック表

項目スペック
OSAndroid 9 Pie
SoCMediaTek
Helio P70
メモリ6GB
保存容量128GB
MicroSD最大256GB
ディスプレイ6.3型/19:9
ノッチディスプレイ
解像度2340 x 1080/FHD+/409 PPI
アウトカメラ4800万画素+1200万画素
SONY IMX586+S5K3M5
インカメラ2000万画素
SONY IMX376
バッテリー容量5150mAh
18W充電対応
カラーセラミックブラック
サイズHeight:157 mm
Width:74.65 mm
Thickness:8.5 mm
重量 216.6g
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
ネットワーク2G: GSM 2 /3 /5 /8
2G: CDMA1X BC0,BC1
3G: EVDO BC0,BC1
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
3G: TD-SCDMA 34 /39
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B
ドコモ回線 フル対応
ソフトバンク回線フル対応
ワイモバイル回線フル対応
au回線フル対応
(通信検証が必要)

UMIDIGI S3 Proの性能

UMIDIGI S3 ProはHelio P70を搭載

UMIDIGI S3 ProはMediaTekの最新SoCであるMediaTek Helio P70を搭載。メモリも大容量な6GB、容量も128GBでミドルレンジの中でも豪華な仕様となってます。

AnTuTuスコア

UMIDIGI S3 Proが搭載するHelio P70のスコア情報はリークしておりまして、AnTuTuスコアは総合スコアが約14.5万点、3D性能が約6.4万点(→約3.2万点でした。訂正してお詫び申し上げます。)となっています。Helio P60よりも若干パフォーマンスがアップ。

これくらいの性能があればWEB閲覧や動画視聴、メールやLINE、SNS、数多くのゲームを快適に利用できます。

UMIDIGI S3 Proの対応バンド

UMIDIGI S3 Proは海外製品なので技適に関してはご留意下さい。

↓対応バンドは以下の通り↓

  • GSM: B2 / 3 / 5 / 8
  • WCDMA: B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • TDD-LTE: B34 / 38 / 39 / 40 / 41
  • FDD-LTE: B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28A / 28B

ドコモ回線にフル対応しています。

ドコモ回線ですが、LTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3、地下や郊外の繋がりやすさを左右するプラチナバンド19に対応。3Gも主力のバンド1に加え山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアのバンド6/19に対応しています。

UMIDIGI S3 Proはドコモで販売している端末と遜色ないエリア・電波のつかみ具合で利用可能です。

ソフトバンク・ワイモバイル回線もフル対応

ソフトバンクとワイモバイルは同じ電波を利用しているので合わせて紹介。

LTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41に対応。3Gもバンド1と8に対応。

UMIDIGI S3 Proはソフトバンクとワイモバイルの回線にフル対応しています。

ソフトバンク回線を利用する格安SIMとワイモバイルSIMならAPN設定を済ませるだけで通信可能ですが、ソフトバンクの本家SIMは端末とSIMの紐付けが必要ですのでソフトバンクショップで端末持ち込み機種変更などが必要です。この時に技適の確認があるみたいなので、UMIDIGI S3 Proを海外で利用したいと考えている方はソフトバンクに相談しましょう。

au回線もフル対応していますが通信可否は検証が必要

au回線は通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMに対応していますが、auは少々特殊でバンドが合致していても通信できない場合があります。なので、au回線を活用したいと考えている方は実機での通信検証結果を待ったほうが良いです。

ガルマックスにもUMIDIGI S3 Proが届くので詳しくはレビューをお待ち下さい。レビュー前の現時点ではau回線が利用できるかは不明です。

UMIDIGI S3 Proの特徴

ここからはUMIDIGI S3 Proの特徴を纏めてます。

UMIDIGI S3 Proは日本語に対応している

UMIDIGI S3 Proですが言語はマルチランゲージとなっており初回起動時点から日本語で操作が可能です。

OSは現行世代のAndroid 9 Pieを採用

UMIDIGI S3 ProはAndroid 9 Pieを採用

OSは現行世代のAndroid 9 Pieを搭載。海外スマホは古いOSを採用する事も珍しくないですが、UMIDIGI S3 Proはしっかり現行世代を採用しているのでセキュリティパッチの配布も多く安心して利用可能なのも利点の1つです。

Android 9 Pieはこれまでの操作感から一部変更が加わりアプリ履歴の表示方法がスワイプアップのジェスチャー的操作に変わってます。この様なOSの変化も楽しめるのも嬉しいですね。

DSDVが利用できる

UMIDIGI S3 ProはDSDVに対応

DSDVは2回線同時待ち受け機能で4G+4Gで待受が可能です。

これにより2つの電話番号を1台のUMIDIGI S3 Proで発着信したり、通話SIMとデータSIMを分けて管理することが可能となっています。

NFCを搭載しているけどおサイフケータイは非対応

UMIDIGI S3 ProはNFCを搭載

UMIDIGI S3 ProはNFCを搭載しているので海外のキャッシュレスサービスを利用可能ですが、日本で普及しているFeliCaは非搭載なので「おサイフケータイ」は利用できません。

セラミックボディーを採用

UMIDIGI S3 Proはセラミックボディーを採用している。

UMIDIGI S3 Proは高品質なセラミック製バックプレートを採用しており、航空機などに採用されるアルミ合金のフレームを組み合わせる事で美しくありながらも非常に屈強なボディーに仕上がっています。

形状は4角が湾曲した丸みを帯びた形状で持ちやすく手当たりが良いデザインを採用しています。

6.3型のFHD+ディスプレイを搭載

UMIDIGI S3 Proは6.3型FHDディスプレイを搭載

UMIDIGI S3 Proのディスプレイはノッチ(切りかけ)のあるディスプレイを搭載。画面サイズは6.3型ですが縦長ディスプレイなので従来の5.5インチよりも横幅はスリムです。また、画面解像度もFHD+を採用しているので画面の粗さが気にならない画素密度となってます。

ソニー製の4800万画素カメラを搭載

UMIDIGI S3 Proは4800万画素と1200万画素光学2倍ズームのデュアルカメラを搭載。

UMIDIGI S3 Proのカメラはデュアルカメラ。メインカメラはソニー製で4800万画素を誇るIMX586を採用。もう片方のカメラは1200万画素の光学2倍望遠レンズとなっており、美しいズーム写真が撮影可能な構成となっています。

また、2つのカメラを使って美しい背景ボケのある写真も撮影可能です。

▼特にUMIDIGI S3 Proで長けているのがソニー最先端の1/2.0インチIMX586を搭載することによる優れた低照度撮影能力。昼は当然として光量の少ない夜間でも非常にクリアで鮮明な写真が撮影できるとしています。

UMIDIGI S3 Proのメインカメラは暗所でもノイズの少ない写真が撮影可能です。

▼いくつかサンプル写真があったので掲載しときます。↓

インカメラもソニー製の2000万画素IMX376を搭載

UMIDIGI S3 Proはインカメラも2000万画素カメラを搭載しています。

インカメラも高解像度カメラを搭載しており、AIにより簡単に自然な美しさを引き出して自撮りが楽しめます。

5150mAhの大容量バッテリーを搭載

UMIDIGI S3 Proは5150mAhバッテリーを搭載。

UMIDIGI S3 Proは大容量バッテリーを搭載しており、モバイルバッテリーにも匹敵する5150mAhもの容量を搭載。一般的なスマートフォンのバッテリー容量が3000mAh前後なので、いかにUMIDIGI S3 Proが容量の大きなバッテリーを搭載しているか伝わるはずです。

バッテリー容量が増えると実際にガンガン利用できる時間が飛躍的に伸びるので、スマートフォンを沢山利用するって方は嬉しいポイント。

また、バッテリー容量が増えると充電時間も長くなるのですが、UMIDIGI S3 Proは18Wの超急速充電に対応してるので充電時間も短縮されています。

UMIDIGI S3 Proまとめ

UMIDIGI S3 Pro

UMIDIGI S3 Proは仕様的に(auは検証が必要だけれど)日本の大手キャリアのバンドにフル対応している超貴重な海外スマホです。

全体的な性能も最新のHelio P70を搭載することでグッと底上げされており、一般的な用途では十分以上の性能をもっているのも嬉しいポイントです。同等性能だと日本では6万円~7万円位するので価格的にも魅力的。

そして、流行りの超高画素カメラを搭載することで高精細な写真を簡単に撮影できるのも、写真撮影が好きな方は魅力的なポイントでしょう。

かなり優等生な端末なので日本での正式リリースを期待したいところです。海外モデルであれば既に発売済みなので購入可能です。

UMIDIGI S3 Proの割引クーポン・セール・価格まとめ

この項目ではUMIDIGI S3 Proをお得に手に入れる為の情報を纏めています。

割引クーポンの発行状況とセールの開催状況

現在、UMIDIGI S3 Proの割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、次の項目で紹介している最安値ショップでゲットして下さい!

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

UMIDIGI S3 Proのリアルタイム価格をチェック

UMIDIGI S3 Proを取り扱っているショップは以下の通りです。突発的なセールが開催されている場合があるので、リアルタイム価格は以下からご確認下さい。↓

ページトップへ