ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

UMIDIGI A7 Proのスペック・対応バンドまとめ!クアッドカメラ、128GBの大容量でお値段1万台!

UMIDIGI A7 Pro

今回もワクワクさせられるUMIDIGIスマホ「UMIDIGI A7 Pro」がAliExpressで発売されました!ミドルスマホながら、クアッドカメラ、DSDV対応、トリプルスロットなどなど、多機能ながら非常にお求めやすいのでかなり人気出そう!

UMIDIGI A7 Proの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式、販売サイト
信頼度:高
製品情報
端末名 A7 Pro
発売年 2020年5月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー UMIDIGI
備考 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G ▼メモリ4GB+容量64GB版↓
WCDMA:1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
TD-SCDMA:34 / 39

▼メモリ4GB+容量128GB版↓
WCDMA:1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
TD-SCDMA:34 / 39
CDMA EVDO:BC0 / BC1
4G LTE FDD-LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28A / 28B / B66
TDD-LTE:B34 / 38 / 39 / 40 / 41
5G NR 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.0
SIMサイズ・スロット トリプルスロット
(Nano SIM×2+MicroSD)
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
DSDV対応
本体仕様
ディスプレイ 6.3インチ/液晶/画面占有率非公表
解像度 2,340×1,080(FHD+)
画面比率 19.5 : 9
画素密度 409ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:158.7mm
横幅:74.9mm
厚さ:8.5mm
重さ 212g
本体色 ブラック系/ブルー系
システム仕様
OS Android 10
CPU(SoC) MediaTek Helio P23/MT6763T
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約122,547点(Antutu V8、公式調べ)
GPUスコア約17,000点(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB
メモリ4GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応
※独立スロットあり!
カメラ
メインカメラ クアッドカメラ
①16MP(メイン、f/1.8)
②16MP(超広角、120°)
③5MP(マクロ、2cm接写)
④5MP(深度測定カメラ)
特性:HDR、ポートレート、マクロ
AI:対応
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:非対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
ビデオ撮影:1080p、720p / 30fpsまで
前面カメラ 水滴ノッチ式インカメラ
16MP(メイン、f/2.0)
ビューティーAI:対応
手ぶれ補正:非対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
ビデオ撮影:1080p、720p / 30fpsまで
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BDS、GALILEO
センサー 指紋認証(背面)、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり(本体下部)
NFC NFC非搭載
バッテリー
バッテリー容量 4,150mAh
充電 有線充電:10W(5V/2A)
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

UMIDIGI A7 Pro

スペック表に関する免責事項

UMIDIGI A7 Proの発売時期と価格

UMIDIGI A7 Proの発売時期は5月頃で価格は以下の通り!AliExpress(公式販売ストア)で発売されております!

  • メモリ4GB+容量64GB:153.83ドル(約16,400円)
  • メモリ4GB+容量128GB:184.60ドル(約19,600円)

UMIDIGI A7 Proの性能をチェック!

UMIDIGI A7 Proは発売時点でミドルレンジのモデル!普段使い重視でゲームは暇つぶしゲームくらいしか遊ばないって方にオススメな性能帯です!トレンドとなる仕様や機能をてんこ盛りにするのではなく、カメラだったり、耐久性だったり、デザインだったり、端末に対する特徴が1つ2つ盛り込まれている感じで各社の個性が強く出る見ていても面白い性能帯!

  • 普段使い:稀に動作の鈍さを感じる事がある
  • ゲーム:2Dまたは軽い3Dゲームでも動作の鈍さを感じる事がある

UMIDIGI A7 Pro(Helio P23 (MT6763T))のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

UMIDIGI A7 Proは公式にてAntutu V8の総合スコアが記載されております!

ただし公式でGPUスコアは非公表なので、搭載SoCの平均スコアを参考値として記載しております。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • 総合スコア(CPU):122,547点(公式記載)
  • ゲーム性能(GPU):17,000点(参考スコア)
▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓
実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/05更新]

UMIDIGI A7 Proの対応バンドをチェック!

UMIDIGI A7 Proは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

※UMIDIGI A7 Proは内部容量で3Gの対応バンドが異なります。128GB版では3G-CDMA EVDOのBC0 / BC1に対応していますが、64GBでは非対応なので注意して下さい。なお4Gはどちらも共通です。

UMIDIGI A7 Proのドコモ回線のバンド対応状況

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n78(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n79(5G NR Sub6/4.5GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド ドコモ

4Gで重要なバンド1・3・19に対応しているので実用に問題はありません!

5G NR対応バンド ドコモ

ドコモで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

UMIDIGI A7 Proのソフトバンク回線・ワイモバイル回線のバンド対応

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド ソフトバンク・ワイモバイル

4Gで重要なバンド1・3・8に対応しているので実用に問題はありません。

5G NR対応バンド ソフトバンク

ソフトバンクで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

UMIDIGI A7 Proのau回線のバンド対応

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band41(4G FDD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GH) ×
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n78(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド au

4Gで重要なバンド1・18・26に対応していますが、auは回線が特殊なのでバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい!

5G NR対応バンド au

auで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

UMIDIGI A7 Proの楽天モバイル回線のバンド対応

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド 楽天モバイル

4Gで重要なバンド3・18・26に対応していますが、楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド 楽天モバイル

楽天モバイルで提供される5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

UMIDIGI A7 Proの特徴をピックアップ!

本体カラーはブラック系・ブルー系の2色展開!

UMIDIGI A7 Pro

UMIDIGIらしさを感じる色合いとフラットなボディデザインですが、背面は反射で浮かぶパターン模様が入っており、とてもなめらかな印象を受けるルックスになっております!ブルーはもちろんブラックにも模様があるため、高級感とオトナっぽさを両立できててシブカッコいいっす!

Helio P23 (MT6763T)搭載!メモリは4GB、ストレージは64GB/128GB!

UMIDIGI A7 Pro

UMIDIGI A7 Proの心臓部であるSoCはミドルレンジのHelio P23 (MT6763T)を搭載!メモリ容量は4GB、ストレージは64GB/128GBとなっています。

SoC自体はミドルクラスのド真ん中な実力帯で、普段使いであれば問題なく動かすことができるスペック!マルチタスク作業やペイント、画像編集や思い3Dゲームでは読み込みに時間がかかったりカクついたりするので、ライトに使うことの多いユーザーさん向け!

また、UMIDIGI A7 Proはミドルクラスながら本体の容量は最大128GBととても大きいんです!たくさんカメラで写真を撮ったりありったけのアプリを詰め込める安心サイズなのが魅力的!

▼なおUMIDIGI A7 Proは公式でAntutuスコアを計測しており、ベンチマーク結果は122,547点となっております!なおこのベンチマークスコアは実際のアプリの数や使用状況で変わるため、あくまで気持ち程度として受け取っておきましょう!

UMIDIGI A7 Pro

6.3インチの大きめディスプレイを搭載!

UMIDIGI A7 Pro

UMIDIGI A7 Proのディスプレイは6.3インチディスプレイを搭載。解像度は2,340×1,080(FHD+)となっています。

エントリー、ミドルクラスのスマホはコストを切り詰める関係で解像度をHDクラス(1600×720あたり)に落とす機種も多いのですが、UMIDIGI A7 ProはFHD+でございます!画面の精細さはバッチリ確保しております!偉い!

またディスプレイも下部ベゼルを前モデルより狭めた水滴ノッチの大画面形状になっており、より本体に対する画面占有率が広くなっているのもポイントっす!

リアカメラは1,600万画素のカメラをメインとしたクアッド構成!

UMIDIGI A7 Pro

UMIDIGI A7 Proは1,600万画素(メインカメラ)+1,600万画素(超広角カメラ)+500万画素(マクロカメラ)+500万画素(深度測定カメラ)のクアッドカメラ構成です!

フラグシップモデルに搭載されていることの多いクアッドカメラがミドルクラスド真ん中のUMIDIGI A7 Proに搭載してくるあたり、流石UMIDIGIといえます。カメラは望遠カメラが無いのでズーム面が弱点になりそうですが、そこを除けば機能性十分な構成!

▼さらにAIカメラも搭載したため、撮影シーンに応じてのチューニングを施すのもナイスなポイント!お花をうつせば、インスタにそのまま突っ込めるぜ的な鮮やかカラーリングに仕立ててくれるんす。↓

UMIDIGI A7 Pro

HDR撮影に対応しており、逆光のシーンであっても黒つぶれがなく、しっかりと色合いを収められててGood!ビル群だろうが太陽が入っていようがバッチコイ。↓

UMIDIGI A7 Pro

UMIDIGI A7 Pro

▼さらに夜景をキレイに撮影できるナイトモードを搭載!UMIDIGIスマホにしてかなり期待できそうな品質です!これなら夜のムーディーなワンシーンも思い出として残せそうですね!↓

UMIDIGI A7 Pro

▼サブカメラはメインカメラと同じ1,600万画素の超広角カメラを搭載!メインカメラよりも広い画角120°で撮影できるので、広大な風景はもちろん、狭い屋内でも広く撮りたい時、被写体の欠けによるミスショット防止などなど、利便性が高いカメラなんですよ!↓

UMIDIGI A7 Pro

▼そして極めつけはこのマクロカメラ!被写体に2cmまでググっと詰め寄っての接写ができる面白いカメラでございます!画像のような芸術チックな写真も撮れますし、小さく見えにくい被写体、文字もハッキリ大きく撮れるので実用性も高いんです!↓

UMIDIGI A7 Proまた画素数が500万と、他のマクロカメラ搭載スマホ(200万)より高く、より精細さが高いのもナイスなポイントっす!

10Wの超急速充電対応。バッテリーは4,150mAh!

UMIDIGI A7 Pro

UMIDIGI A7 Proはバッテリー容量は標準よりも少し大きめな4,150mAhとなっています!

平均的な3,500mAhよりも大きなバッテリーに加えて、省電力性に優れたミドルクラスのSoCを搭載しているため電池持ちはかなり期待できそうです!

ただし充電速度は凡庸で、最大10W規格となっております。一番遅い5Wよりもワンランク上ほどの立ち位置なので速いとは言い切れませんが、電池持ちが良いのでさほど気にならないかも。寝る前の充電を心がけたいですね!

▼また低価格帯スマホの宿命であったMicro-USB端子を廃止し、裏表のないType-C端子を採用!抜き差しで裏表を気にすることはありませんし、他スマホで使っている充電器を使い回せる意味でもイイネ!↓

UMIDIGI A7 Pro

トリプルスロット搭載!大容量プラン+大容量ストレージを実現できるぞ!対応バンドも豊富!

▼流石UMIDIGI A7 Pro!トリプルスロット搭載だぜ!よく出来た賢い子ですね。というわけで、UMIDIGI A7 Proは2枚のSIMカードを挿しつつMicroSDカードも使える数少ないスマホですよ!

UMIDIGI A7 Pro

「通話用のSIMはテータ容量を極小にして最低価格に抑える」「通話不可能なデータSIMは大容量で使う」という手法を用いれば、合計月額4,000円ほどで月に数十ギガも使える、大手キャリア顔負けの低価格大容量プランをUMIDIGI A7 Proで構築できるんです!

高品質な大手キャリア回線を使える大容量データSIMの活用法を解説

▼また、デュアルSIM対応スマホの中でも対応バンドに豊富なので、ソフトバンク系回線を使っているユーザーさんでなくとも、低価格大容量のプランを構築しやすい!というメリットも!DSDV対応なので高品質通話のVoLTEも使えるのもGood!流石日本市場を意識するUMIDIGIっすね!↓

UMIDIGI A7 Pro

UMIDIGI A7 Proまとめ!1万円で買える、多機能なスーパーミドルスマホ

UMIDIGI A7 Pro

UMIDIGIスマホといえば知る人ぞ知る超お買い得な良コスパスマホ!このUMIDIGI A7 Proも流石UMIDIGIって価格設定で、なんと約16,000円ほどで一括購入可能!同じランクのSoCを搭載したキャリア発売モデルではまず見かけないぐらいの価格ですよ(ただしUMIDIGI A7 Proはおサイフケータイなど非対応なので注意)!

僕が過去にレビューした過去モデル「UMIDIGI A5 Pro」トリプルカメラ搭載で約13,000円という狂気を感じる価格設定でした。今回のUMIDIGI A7 Proは3,000円ほど高くはなっているものの、SoC性能は1段階上がり、容量は大型化し、カメラは新たにマクロカメラ搭載と、様々な面で順当な進化を感じさせてくれます!差額3,000円は霞んで見えそう。

前にUMIDIGI Power 3の塗装で品質が心配になった時期はあったんですが、コスパの良さはやはりいいものですね。メインだけでなくサブ用として買うってのもオススメです!日本でももっと名を馳せるべき!そういえる1台なのでした。

UMIDIGI A7 Proの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

ページトップへ