1100-150 Xiaomi 14

UMIDIGI Active T1のスペック・対応バンドまとめ!IP68/69K、MIL-STD-810G準拠のタフネスタブレットが登場!

UMIDIGIから新型のタフネスタブレット「UMIDIGI Active T1」が登場したので特徴やスペック、対応バンドをまとめたました!

UMIDIGI Active T1の特徴

UMIDIGI Active T1の特徴は以下の通り!

UMIDIGI Active T1のハイライト

  • ミドルレンジクラスのスペック
  • カラーはブラックのみ
  • IP68/69K、MIL-STD-810G準拠のタフネス仕様
  • 11インチのFHD+解像度ディスプレイ
  • クアッドスピーカー
  • 1,600万画素のアウト、インカメラ
  • 10,000mAh大容量バッテリーで充電は20Wまで対応
  • マルチファンクションボタンも搭載

UMIDIGI Active T1の詳細スペックと対応バンド早見表

詳細スペックを表示
対応バンド早見表を表示

UMIDIGI Active T1のサイズ・重量・カラー

  • 長辺:263.6mm
  • 短辺:168.2mm
  • 厚さ:11.8mm
  • 重量:756g

カラーはブラック系の1色展開です。

デザイン自体はタフネスタブレットの中でもシンプルめ。言い換えれば地味めにはなります。タフネスではおなじみといえるアクセントカラーは無し。

▼耐久性はやはり高く、MIL-STD-810G等級対応で衝撃に強く、IP69Kで防水防塵もバッチリ。野外で雨に降られても落としても壊れにくいのが安心して使えます。↓

UMIDIGI Active T1のSoCはUnisoc T616

  • SoC:Unisoc T616
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB

SoCはミドルレンジ下位なチップであるUnisoc T616を採用。普段使い向けでゲームしなければさほど不満には感じないといったものとなっています。

ガルマックス編集長
補足:このSoCは2021年にリリースされたもので、記事を公開した2023年現在だとエントリークラスと思っておこう!個人的にWEBサイト閲覧、SNS、動画視聴、電子書籍ならギリ使えるかなという印象です!

UMIDIGI Active T1(Unisoc T616)のAnTuTuスコア

AnTuTuスコアは性能の指標です。まだUMIDIGI Active T1の実機のAnTuTuスコアを収集出来ていないのでUnisoc T616の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※端末の処理性能はSoCで決まってくるので、同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体の操作感が予測出来ます。

  • 総合スコア(CPU):約285,000
  • ゲーム性能(GPU):約25,000
▼以下は2023年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます。↓
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約150万点以上
GPUスコア:約60万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約100万点〜150万点
GPUスコア:約35万点〜60万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約50万点〜100万点
GPUスコア:約15万点〜35万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約25万点〜50万点
GPUスコア:約5万点〜15万点
必要最低限
総合スコア:約25万点以下
GPUスコア:約5万点以下
サブ端末向き
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ。↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

UMIDIGI Active T1のディスプレイ

  • サイズ:11インチ
  • 解像度:2,000×1,200
  • ディスプレイ:液晶
  • 画面形状:ノッチなし
  • リフレッシュレート:非公表
  • タッチサンプリングレート:非公表

ディスプレイスペックは必要十分。11インチと大きめで、解像度も2,000×1,200とFHD動画もバッチリ見られる高さとなっています!

ガルマックス編集長
こういったタフネス系は屋外で使うことも多くなりそうなので屋外での画面の見やすさも気になるところ!このあたりはレビューなんかが出たらチェックポイントですね!

UMIDIGI Active T1のサウンド関連

  • スピーカー:クアッド
  • イヤホン接続:3.5mmジャック

スピーカーは4基搭載したクアッドタイプとなっているのGood!4つのスピーカーを搭載していますが、サウンドは2chのステレオ再生となります!スピーカーを4つ搭載しているので純粋な2基スピーカーよりも音の広がりが良さそうですね!

ガルマックス編集長
クアッドタイプのステレオスピーカーを搭載するモデルは、縦でも横でもきちんとステレオ(左がL、右がR)という感じで切り替わるモデルもあるので、このあたりはレビューなどで確認したいポイント!

UMIDIGI Active T1のカメラ

▼アウトカメラ↓

  • メインカメラ:1,600万画素

▼インカメラ↓

  • メインカメラ:1,600万画素

カメラの画素数はアウト、インどちらも1,600万画素となっています。

アウトカメラはともかくインカメラが1,600万画素なのは結構高いですね。写真写りがかならずしも良いとは限りませんが、解像感はあるかも。テレワークのWeb会議でも使っていけるかもしれません(`・ω・´)。

UMIDIGI Active T1のバッテリー・充電仕様

  • 容量:10,000mAh
  • 有線充電:20W
  • ワイヤレス充電:非公表
  • 逆充電:対応(規格非公表)

バッテリー容量は10,000mAhとタフネスモデルらしい大容量。電池持ちは公称値でWEB会議6.5時間、ナビゲーションでは7時間とのこと!なかなか良い印象です。

急速充電は最大20Wまで対応。容量が大きいゆえ充電自体の時間はかかりそうですね。

UMIDIGI Active T1のOS・機能

  • OS:Android 13

OSはベーシックなAndroidを搭載しています。

▼その他機能としてマルチファンクションキーを搭載。押すだけでスクショしたり録音したり各種アプリを起動したりといった使い方ができるようになっています。タブレットでこの独自キー搭載は結構珍しいっすね(`・ω・´)。↓

また、SIMも対応しています。対応バンドはソフトバンク向けとなっていますが、野外でもデータ通信ができるのは魅力です。

ガルマックス編集長
個人的に良いなと感じたのはFMラジオ!大体の製品は有線イヤホンのケーブルをアンテナ代わりにするんですが、UMIDIGI Active T1は不要で単体にてFMラジオを再生できるとのことです!あと、電子コンパスも搭載しているのでナビとしても活用できそうですね!

UMIDIGI Active T1の発売日・価格

UMIDIGI Active T1の価格は現時点では不明となっています。ミドル下位スペックを考えると2~3万円、いやでもタフネスでタブレットなんで3~4万円は下らないだろうか?と筆者は予想しています。

高耐久性タブレットがほしい方にとって有力な選択肢となるか期待ですね。個人的には独自キーがあるのが強みなんで発売時の価格に期待したい(たぶんセールもするはず)!

■UMIDIGI Active T1■

初出時価格→?

▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]↓

ページトップへ